« 裏巻機の紅葉狩り 見頃は直ぐだ! 雲洞庵に立ち寄り | トップページ | 国宝松本城  史跡松本城太鼓門 市役所からLIVEカメラ! »

2010年10月24日 (日)

清津峡登山道の紅葉狩り「清津峡温泉から八木沢縦走」

撮影:2010/10/.23 写真はクリックしてご覧ください

P10700551 鹿飛橋 清津峡の核心部

日本三大渓谷:清津峡、黒部渓谷大杉谷渓谷で、大杉谷渓谷は大台ヶ原から入ろうと予定したが、侵入禁止、何時かリベンジをと思っている。今日は清津峡へ紅葉狩りに出かけました。

コース

つくば市22:00=(国道294.50)=>桐生ic24:00=(北関東・関越自動車道)=>湯沢ic=(国道353)=>清津峡温泉(清津峡小出温泉)5:30―(0:30)―>稜線に出る6:00―(0:20)―>十二大明神6:20―(0:30)―>温泉(湯倉平)のぞき)6:50―(0:25)―>7:15満寿山7:30―(0:20)―>黒岩のぞき・水場7:50―(0:15)―>日向ノ肩8:05―(0:20)―>小さい窪地8:25―(0:20)―>90度曲がり8:45―(0:05)―>大木の松(キタゴヨウマツ)8:50―(0:20)―>足尾沢橋9:10―(0:30)―>9:40―(0:20)―>ガレ場の沢10:00―(0:25)―>高石沢10:25―(0:15)―>ピーク地点10:40―(0:20)―>90度曲がって急降下11:00―(0:05)―>鹿飛橋11:05―(0:05)―>11:10迂回路11:25―(0:10)―>栄太朗峠分岐(湯沢トレキングコース)11:35―(0:10)―>フィットチッド広場11:45―(0:10)―>猿飛岩11:55―(0:25)―>大峰ノ水場12:20―(0:05)―>杉林12:25―(0:10)―>民家見える12:35―(0:10)―>登山ポスト・駐車場12:45―(0:10)―>車道・民家12:50―(0:08)―>12:58八木沢バス停12:58=(南越後観光バス)=>13:16湯沢駅13:40=(南越後観光バス)=>14:03清津峡入口バス停14:03―(0:12)―>14:15清津峡温泉(清津峡小出温泉)=(三国峠紅葉狩りドライブ)=>沼田ic=(関越・北関東自動車道)=>桐生ic=(国道50,294)=>つくば市

関越トンネル2:00、急に減速、入口30㍍手前でストップ、トンネル内で事故発生、満月で、満天の星は見えずライトを消し仮眠、2:40動き出す、湯沢icを下りる頃には平常!

国道17に出て、長岡方向、津南の標識が出るまで走る、十二峠トンネルを抜けると満天の星、清津峡温泉の駐車場にて、仮眠、風と川の音、、

5:00 まだ真っ暗、星もまだ見える、5:30 歩ける明るさ、星はゼロ、清津峡トンネル入り口の手前右の登山道に入る、環境庁新潟・清津峡登山道の案内地図板の右の細い道を登る。綺麗に刈払がされ快適、ブナ林が続き、まもなく尾根状になり左右谷に囲まれる、右から大きな沢の音、杉林を見て、真新しい綱を利用し登る、道は急坂だがとても綺麗に保たれ、邪魔な大木は切られ快適。

振向くと、田んぼも見え、周囲の山々も見えてくる、この辺り紅葉は一週間ほど早い、でも急に冷えると一気に紅葉が進むから、来週の週末では間に合わないかも知れない。

急坂には階段が掘られ滑らず上に、6:00 稜線に飛び出る、ここは右折、足元に無数のイワウチワが広がる。深い渓谷を左に見て尾根を登る、続いて左折、道は平坦になる、乾いて冷えた空気が気持ち良い。

P10608841 右に谷を見下ろし、登り続ける

左右に渓谷を見る、谷を挟んだ左の峰が輝きだす、大木のブナ坂を登る、美林のブナが続き、6:15 小さな石の祠:十二大明神の小さな広場に着く。

P10608881 十二大明神 十二様:炭焼き、またぎなどの信仰の深い山の神様

周囲は刈入れられ、急登後の休憩には良く、展望も素晴らしい。再び急登、美林のブナを楽しみながらどんどん登る。

P10608921 美林のブナに朝日が差し込む

左の谷には、堰堤も見え、その上の傾斜には崩れ防止が痛々しい、6:25 日が差し込む、美林の坂が延々と続くが、美しい樹林であり楽しい登りです、木の根の階段が続くが時々軽く土を掘った階段があり、有りがたい。

遠望であるが、右の奥に高い山が見える、方向としては苗場山かな?6:35 平坦になりホットする、今まで沢の音ばかりだったが、急に小鳥の声が聞こえる、杉林が現れる、植林だろか?

そして、小さなピークを越える、尾根歩きになる、灌木に囲まれ展望は良くないが、時々谷を覗く「のぞき」がある、清津峡歩道 足もと注意 「環境庁新潟県」の道標がある所は特に凄い 6:45 。

P10608981 恐々 のぞく

ルンルン気分で、なにげなく歩いた尾根道の灌木の先は、清津峡のV字の谷である、でも道はしっかり、しかも刈払いされ、しばらく尾根道をのんびり、青空が眩しい!

P10608951 秋の空、真っ青!

引き続きルンルン気分で歩けます。一人道、独り占めの稜線は秋本番の青空、良い天気です!

P10608991 奥は谷川連峰だろうか?

太陽に向かて進む、やがて少し下る、今度は温泉のぞき、清津峡温泉が遥か眼下に見える、6:50 そして再び登りになる、美しい樹林、ブナが続く、新緑も綺麗だろう、でも紅葉時期、今日が一番かも知れない、展望も素晴らしい!

細い木々に囲まれるようになって、一本の松(キタゴヨウマツ)6:55 紅葉が一段と進み綺麗です、前方に高い山を見て下る、大きく下るかと思える箇所、でも直ぐに水平、道に苔、小さい上下を繰り返し、トラバースの道に入る、小鳥の声、沢の音も無く静寂、小動物も見えず熊の気配もない、寂しい道が続きます、ただ、太陽の光が差し込み明るい。

P10609101 トラバース 曲がった木々が深い雪国を思う

このトラバース道、長い長い、展望無い、しかし、美林の紅葉に包まれ飽き無く楽しめる、良く手入れされ、管理の環境庁に改めて感謝、道は歩かないと消えてゆく、誰かが歩けば続いて誰かが歩く、美しい所は公開しつつ、保護して行きたいですね。

7:10 ようやくトラバースは終わって、再びブナ林の登り、フカフカの落葉を踏んで登る、左に三兄弟の巨木ブナ、右にも一本、満寿山(標高956㍍)山頂 7:15 に着く、のぞきになった所に腰を降ろし朝食、苗場山から続く峰々が続く。

P10609211  満寿山から苗場山方向を望む

7:30 満寿山から下る、登って来た道とはちょっと雰囲気に違った黒っぽい木々に変わる、良くここも刈込され、何時どんな人々が手入れをしてくれるのだろうか?

P10609301 美林のブナ

清津峡温泉からまだ、誰にも出合わない、このコースを独り占め、ブナの美しさには驚く、白神山地は世界遺産、ここは無名の地に等しい、ブナ林を通過し、密林に変わる、小さな鞍部に水場の道標7:40、山道から右に下る沢を示している、この沢を巻くように緩やかな道が続く、右の山が紅葉真っ盛り、ピークを越え、紅葉狩りをしながら下ると、黒岩のぞき・水場の鞍部 7:50 満寿山と日向ノ肩の鞍部。

P10609421

山奥の紅葉狩り

水場の鞍部から再び急登、紅葉にスッポリ囲まれ、トラバースに変わり、右に沢が見える、左に渓谷をのぞく場所で壊れた丸太の柵がある、道は引き続き安定、再び急登するが短く難なくピークに飛び出る、ここが日向ノ肩(標高980㍍) 8:05 標高は満寿山よりちょっと高い、ここからが清津峡登山道の核心部、慎重に下ることになる。

P10609511 日向ノ肩に置かれる道案内

ここから、足尾沢橋への道は大変、でも太い綱、要所に梯子が置かれている、必要なのは綱への信頼(綱の元を良く見るとがっしり結ばれ安全)、デジカメをリックに入れ、軍手を付け、急降下、最初の綱まで20㍍ほど下る、麻の綱が要所に二本、しっかり体の位置、足の置き場を決め下る、時々木の枝も活用、90度近い斜面はちょっと手強い、綱はしっかり取り付けられ安心、綱に100%頼るなと言ってもここは頼るしかない。

P10609531 三本目の綱

三本目の綱を下り、周囲の凄い景色に驚き感動し、デジカメを出す、頼りの綱を記念撮影、立派な綱です。まだまだ綱場は続きます、梯子が土に埋まった所もある、でも周囲には低木だが木々があり頼りになる。 

P10609581 日向ノ肩からちょっと下った踊り場、向こうの山は?

連続する綱場がまず終わる、8:20 素晴らしい展望、ここに来た人のみ得られる光景、しばらく綱から解放されるが 8:25 再び綱と梯子。

P10609621 最初の綱場にくらべ危険は少ない無い

綱場は薄暗い小さな窪地に降りて終わる、しばらく樹林を下り、右に向かってトラバースの荒れた道に変わる、斜面の道は狭く歩き難い。

P10609711

左に山、岸壁が凄いスラブ!

8:40 90度左折し尾根を下るようになる、ここで一休み、さらに下ると大木の松(キタゴヨウマツ)

P10609721 大木の松(キタゴヨウマツ)

ここからスッポと切れ落ち、綱と梯子が現れる、梯子は古いものですがどっしりした鉄製、この後5,6個同じような梯子(但し置かれた場所によってサイズは違う)を下る、周囲は美林ですがここまで下ると紅葉はまだまだ、巨岩を回り込み、さらに下ると、足尾沢橋が見えてくる、立派な橋、柱状節理の絶壁に囲まれる、驚きの光景。足尾沢は直角に清津川に流れ込む、清津川の支流では最大級の沢です。

P10609841 足尾沢橋 清津川の支流の中で最大の足尾沢を渡る

橋の上に立ち、これから清津川の上流に向かう、ちょっと不思議な気分です、今朝清津峡温泉を出てから、熊らしい動物にも、人にも出遭いません、登山道は信じられないほど良く整備され、古くなった梯子や木の階段はありましたが、とても素敵なコースです、周囲を見回し、モミジ類も多く、紅葉見頃時期にこの橋に立ったら最高ですね。

標高の高い、満寿山周辺から日向ノ肩間の紅葉は最高でした、足尾沢橋は今日のコースでは一番標高が低く、紅葉の見頃は二週間ほど後でしょうか?

P10609861

足尾沢橋から谷をのぞく

足尾沢の上流に向かうと滝が有るとのこと、千本の滝が続くらしい、興味は有りますが、橋を渡り登山道を登る、9:10 清津峡の上流へと向かう、登山道はほぼ水平、時々上下もある、足もとにはダイモンジソウがひっそり咲き可愛いが対岸の岸壁は凄い!

P10609931 清津峡の核心部

日陰の涸れ沢がある辺りは荒れている、9:40  中間点に着く、ここは明るく、ほっとする地点です、時々足元に可憐なツルリンドウが咲き、清津峡の凄さを和らげる、このツルリンドウは濃い色、愛用のデジカメ君良く感度反応し原色をキャッチ、デジカメ君の名前は「Limix DMC-FZ28」で一歳、店に並ぶのは後継者ですよ!僕の苦手は「春先の鮮明なブルーのスミレを写すこと」で、まだ一度も成功していません、これが実力でしょうか?

P10700021

ツルリンドウ

鼻から明るい登山道を少し下る、シダの多い岩場を通過、9:50 見上げる峰は紅葉、周囲はまだまだ、清津峡の見下ろす展望所を通過、この辺りの木々を見るとカエデ類が多く、紅葉真っ盛り、おそらく来週辺りは綺麗だろう、今日は標高:900から1000㍍辺りが見頃です。

P10700161 V字が続く

目の前に荒れた沢、10:00 沢に入り.20㍍ほど沢底の岩を登る、横切りちょっと登れば再び水平道、振向くと周囲の山々は綺麗な紅葉に包まれる。

清津峡の核心部へ移って感じ、美景が続き、美林のブナも続く、シャクナゲの群生を見る、刈入れた跡が、倒れた巨木にも歩きやすい措置。

沢の音が聞こえ、高石沢に着く。

P10700311

高石沢

清津峡に流れ込む、高石沢 10:25 渡渉点で水量は少なく問題なく横切って、薄暗い樹林から抜け、清津川から大きく離れ美しいブナ林の中を数回くねくね登る。

P10700371_2

山道にこんな、面白い細工が、ほんのりしますよね!

清津川に沿って短いトラバース道になる、そして水平道に戻り、渓谷美を楽しめるようになる。

P10700451

鹿飛橋が近い水平道

11:00 水平道は、急降下、滑り易い所です、ゴウゴウと沢の音が聞こえ、清津峡で一番川幅が狭いという鹿飛橋に着く。

P10700521 鹿飛橋

V字の谷、激流が流れる、渡ると広場になって、トレッキングコースの終点とある、ここまで八木沢から入ってくる人は多い。

鹿飛橋から離れ数分先で大きな岩場、ここを横切ると、清津峡を眺めるポイントがある。

P10700661清津峡鹿飛橋に流れ込む

この先で、迂回路になる、ツライ登りだが登山道は歩き易い、10分程登って大きく下る、トレッキンングコースで一番キツイ所です、 この迂回路は幅5,6㍍の崩れ地の為のもの。

この迂回路を過ぎると八木沢まで大きな上下は無く、道も林道のように広い。

八木沢まで4.0㌔、栄太郎分岐に出る、左は大峰経由で湯沢駅に一番近いコース、湯沢高原スキー場のロープウェイに乗れるらしい、橋を渡ってここは清津川に沿ったトレッキンングコースを行く、道は緩やかに登り、右下に池が見え水鳥が遊び波紋が広がる。

P10700761

フィトンチッド広場 大峰の原水までブナ林が続く

フィトンチッド広場11:4 大峰の原水まで美しい自然ブナ林が続く。この広場過ぎた所で今日初めて人に出遭う、鹿飛橋まで行かれるそうです。

P10700821 清津川に沿ったトレッキンングコースから美景が続く、コバルトブルーの輝き

この後、のんびりと、ご夫婦、やはり鹿飛橋は目標とのこと、「この先、鹿飛橋の手前の迂回路以外、ほとおど水平ですよ!」と伝え、清津峡からと言うとびっくり、確かに驚きますよね!

P10700851 静かな流れ清津川

右に美しい清津川が続き、時々川岸に接近、広い川原で、のんびり昼食の男性、声を掛けられないほど、自然に溶け込んでいる、また、ご夫婦に出遭う、明るいブナ林、、川は幅が狭くなって、猿飛岩、渓谷が美しいところ、猿飛岩は対岸の巨岩だろうか?12:05 。

なかなか、地図上の水場に着かない、そんな思いのするころ、やや登りになって、大峰の原水に着く、12:20 美味しい水です。

P10700891 大峰の原水

ここを過ぎると清津川から離れ、薄暗い杉林、12:25 遠くに民家が見える、やや登り、ピークを過ぎると再び杉林、杉林を抜かるとグランンド手前に着き、登山ポストがある、12:40 清津峡温泉側にはポストは無かったが? 

グランンド沿いに進むと、駐車場があり、途中で出遭った人達の車が7台停まっている、真っ直ぐ進み、橋を渡ると、直ぐに道路にでるが、バス通りは国道17号線でここではない、バスは12:58発、後8分、ところが民家から坂になる、12:58国道に出る、八木沢バス停は5㍍湯沢より、振り向くと大型バスがやってくる、ギリギリセーフ、次のバスは14:23、16:08と続く、苗場プリンスホテル発平標登山口経由のこのバスは10人程の乗客で以外に多い。

越後湯沢駅に13:16着、さっそく六日町の友人へ無事歩けたことをお伝えする、真っ青な秋晴れ、駅前からは湯沢温泉ロープウェイが良く見える。

湯沢発清津峡入口経由飯山線森宮野原駅行は13:40と連絡は良い、但し一日四往復(湯沢発は9:30,13:40,15:00,16:40)7,8人の乗客を乗せ出発、十二峠トンネルを抜け、14:03清津峡入口に着く、清津峡温泉の駐車場まで徒歩20分、清津川を渡り直ぐの所で二人のご婦人、聞くと15:07発のバスで湯沢に向かうという、湯沢まで送ることを約束し、車を取に清津峡温泉へ。

朝車を停めた、清津峡温泉の駐車場は混み、手前(5分ほど)にある川原の駐車場から歩く人が多く、一日中停めておいた事がちょっと気になりました、済みません!朝は一台停まっていただけ。

直ぐ引返し、お二人を乗せ、湯沢へ、「三国峠を越え紅葉狩りします」と言うと「貴方に任すよ、、」、このまま三人んで三国峠越え、三国トンネルの新潟側も群馬側も紅葉真っ盛りで、彼女らも感激、猿ヶ京辺りになると紅葉はまだまだ先の様でした。

お二人にはちょっと不便だが沼田駅で降りてもらう、奥日光経由をと思ったが、日光・尾瀬からの道路は凄い混み、結局沼田icに戻り高速に乗る、赤城サービスエリアで仮眠し帰宅。

自宅に引返し、沼田駅の時刻表を見て!沼田駅発渋川方面18:53、20:24、21:27と少なく、お二人さん、旅好きと言えども、この後御苦労したのではないかな?

八木沢から鹿飛橋

八木沢―(40分)―>大峰ノ原水―(30分)―>猿飛岩―(30分)―>フイトンチッド広場―(50分)―>鹿飛沢橋

越後湯沢駅からバス、苗場プリンスホテル方面行き、始発は6:05、最終は18:45で元橋(平標山登山口)も通り、帰りは始発7:18、最終は19:53、一時間に一本程度運行、私達登山者が使う分には多いですネ、同じ道を歩くのがいやなら、帰りは栄太郎分岐で、湯沢高原アルプの里へ向かい越後湯沢駅へ。

栄太郎分岐―(1:30)―>栄太郎峠―(1:00)―>大峰(標高1170㍍)―(0:30)―>湯沢温泉ロープウェイ山頂駅―(0:07)―>越後湯沢駅

この湯沢温泉ロープウェイ「営業時間:8:40-17:00に注意」は越後湯沢駅から良く見えます。

HP:わたしの天気予報

« 裏巻機の紅葉狩り 見頃は直ぐだ! 雲洞庵に立ち寄り | トップページ | 国宝松本城  史跡松本城太鼓門 市役所からLIVEカメラ! »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

今週は、何処に紅葉狩りにいくのか楽しみにしていました。
日本三大渓谷・清津峡の紅葉狩り、素晴らしいですね。
毎回丁寧に書かれているので、地図を見ながらの楽しみです。

★八木沢から鹿飛橋までは地図は見つかりますが、清津峡から鹿飛橋間は有りましたか?
黒部渓谷は入りましたから、後は三重の大杉谷、途中まで復帰したようで、入れる日も近いようです、今一番行ってみたい所です、綺麗なものは本当に綺麗です、なんでここまで道が出来たのか、魅力だから、こだわって見に行く人がいるからですネ!

昨日から寒いですね、今日28日は妙高や雨飾山周辺は真っ白だったよういです、今年は三段紅葉は見ておらず、今週辺り期待、でも台風14号が接近、そう、日曜日は台風一過の影響は南アルプスや大菩薩辺りでしょうか?
私は高速バスで日帰松本です、きっと、途中で美しい雪化粧の富士山が見えれそうです、心配はバスの始発の新宿まで31日朝、JRが動くかです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裏巻機の紅葉狩り 見頃は直ぐだ! 雲洞庵に立ち寄り | トップページ | 国宝松本城  史跡松本城太鼓門 市役所からLIVEカメラ! »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ