« 日立アルプス縦走 風神山―高鈴山―神峰山―羽黒山 | トップページ | おさんぽ 東京 今人気は東京スカイツリーだろう »

2010年12月26日 (日)

筑波山 筑波山口―筑波山神社―つつじヶ丘―女体山―男体山―筑波山神社 帰路はつくば道を下る

撮影:2010/12/25 

P10709651 弁慶茶屋跡から

コース

筑波山口駐車場7:05―(0:20)―>月水石(がつすいせき)神社入口7:25―(0:05)―>R139出合駐車場7:30―(0:00)―>月水石神社上の入口7:30―(0:10)―>筑波第一小学校7:40―(0:00)―>車道出合7:40―(0:10)―>筑波山神社7:50―(0:00)―>登山口鳥居7:50―(0:10)―>白雲橋・迎場コース分岐(酒迎場分岐)8:00―(0:20)―>沢出合8:20―(0:20)―>つつじヶ丘駅8:40―(0:40)―>弁慶茶屋跡9:20―()―>10:00女体山山頂(標高877㍍)10:05―(0:10)―>御幸ヶ原10:15―(0:15)―>男体山山頂(標高871㍍)10:30―(0:10)―>10:40自然研究路の展望台10:50―(0:10)―>筑波山頂駅11:00―(1:00)―>筑波山神社12:00―(0:05)―>つくば道入口12:05―(0:15)―>鳥居12:20―(0:05)―>筑波山口バスターミナル道標12:25―(0:10)―>筑波山神社分岐12:35―(0:10)―>12:45筑波山口駐車場

筑波山を登る場合、日出前に登山口に着き登るケースが多いが、今日は遅れて家を出た、それでも筑波山口の駐車場には一番乗り、今年一の寒波で寒いが散歩の人は早い、筑波山神社の道標を追い進むと朝焼けに染まる筑波山が見事です。

P10709361 毎日お世話になっている関東鉄道

バスの車庫を見て、民家の間を登る、かなりキツイ坂が続きます、振り向くと富士山が見えている、沢の水が流れだし年中ジメジメする箇所を通過すると、月水石神社入口、ちょっと薄暗い所だ、筑波山梅林経由のバス通りに接近、R139の出合、ここには二台分のスペースの駐車場がある、右折すると月水石神社の上の入口、ここを左折すると再び急坂、わらぶき屋根の民家があり、さらに登れば筑波第一小学校、石段から美しい富士山が望め、卒業生の思い出の一枚であろう。

P10709441 筑波第一小学校から

小学校を過ぎるとつつじヶ丘へのバス通りに飛び出る、道路を横切って階段を登れば参道に出る、ここも横切って、急登する。

P10709461 大木の下を登る

大木の木々を見て登ると、筑波山山頂見えてくる、ケーブルカーへの道は直登だが、右折し、駐車場を見て進めば筑波山神社境内に入る。

P10709471 筑波山神社 良く見ると筑波神社とあるが!ガイドブックは筑波山神社と記されている

筑波山神社の境内へ、うさぎ年を迎える準備が整っているようです、静かな境内を通り抜け、つつじヶ丘方向へ、石段を下って、橋を渡って木材屋の脇を急登すると、鳥居が現れ、鳥居の間から筑波山山頂が見える。

石段の道を登ると薄暗い杉林、まもなく迎場と白雲橋コースの分岐、つつじヶ丘まで1.8㌔の迎場コースに入る、古道の雰囲気は心を静め、静寂が続きます、一つ目の東屋、そして沢を横切る、ヒサカキが多くなり、少し下って、スギ林にモミも混ざる、ゆっくり登ると二つ目の東屋、ここから長い長い階段の登りになる、つつじヶ丘0.3㌔地点を過ぎるとつつじヶ丘駅は直ぐです。

つつじヶ丘の駐車場はガラガラ、おたつ石コースを登りだす、左に見事な富士山が姿を現す、右には霞ヶ浦。

P10709621 霞ヶ浦 うさぎ年の日の出もこの方向から昇ります。

ご夫婦に追いつく、奥さんは筑波山は初めてだとのこと、つつじヶ丘から登る場合取付きの坂がキツイ所ですが、振り向くと霞ヶ浦、宝篋山が見えるので一歩一歩振り向きながら登れば良い、東屋のある高原を過ぎ、ちょっと登れば松の下を通過、アオキの林を通過すればブナの綺麗な林に変わる。

少し下って、急登し弁慶茶屋跡に飛び出る、お孫さんの娘さんと同行の男性に出遭う、彼女は陸上+空手をやっているという、山登りもスイスイ!

富士山がとても綺麗です、そして女体山山頂も見える、弁慶七戻り、続いて寄り道の高天原に登って見るが木々が伸び富士山は良く見えない、岩場を登ると母の胎内くぐり、続いてちょっと色気のある陰陽石、国割り石で幾つもの線で区分けされている、ピークに立つと出船入船が浮かんでいる。

ここからしばらくブナ林が続き綺麗な登山道です、裏面大黒、北斗岩と見て、ロープウェイの下に出ると、奥まった所に屏風岩(侵入禁止になっているが立ち寄っても良いだろう)、その先で大仏岩で一番デッカイ岩である。

大仏岩の後は、女体山を目指し急坂の岩場を登る、振り向くと霞ヶ浦、宝篋山、つつじヶ丘が良く見える。

ピークに登り、神社の裏を回って女体山山頂へ、360度の大パノラマは見事です。

P10709771 加波山方面

那須連峰、高原山、日光連峰が見えるが、今日は雪雲が山々を隠している、富士山は弁慶茶屋で見た姿に雲がかかり美しい姿は望めない。

御幸ヶ原に降り、男体山へ、ここも人気で大勢の登山者に出遭う、下山は自然研究路に入り、展望台で昼食、再び御幸ヶ原に戻り、ケーブルカーに沿って下る、家族連れが目立ちます、筑波山神社の境内は、朝とは違い観光客も多くなって賑やかです、掃き清めた庭の砂は荒れている。

神社の境内から離れ振り向くと、鳥居の横に筑波山が高々と見えている。

P10709861 鳥居から山頂を望む

参道、バス通りを続けて横切ると、つくば道入口の大きな道標がある。

P10709891 つくば道

続いて、筑波山郵便局と続く。

P10709911 郵便局

つくば道をどんどん下る、登山道とは異なり、なかなか風流ですよ!

P10709941この家は民家?

出遭った地元のおばさんに聞くと、冬は暖かく、夏は涼しいという、今日は道端にスイセンが咲きだしていた。

どんどん下り、大きな鳥居、今日は工事中、さらに下ると、筑波山口へ右に曲がる道が有る、右に大きく筑波山が見えてくれば、筑波山口は近い。

つくば道は筑波山口とは逆に、筑波庁舎や北条大池方向に続きます、神郡(かみこおり)の街並みをお楽しみください、北条の池はお花見で人気が高い所です。

HP:わたしの天気予報

« 日立アルプス縦走 風神山―高鈴山―神峰山―羽黒山 | トップページ | おさんぽ 東京 今人気は東京スカイツリーだろう »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/38221706

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山 筑波山口―筑波山神社―つつじヶ丘―女体山―男体山―筑波山神社 帰路はつくば道を下る:

« 日立アルプス縦走 風神山―高鈴山―神峰山―羽黒山 | トップページ | おさんぽ 東京 今人気は東京スカイツリーだろう »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ