« 丹沢の大山 蓑毛―ヤビツ峠―大山―蓑毛越―高取山―弘法山―秦野駅 | トップページ | 陣馬山から景信山を歩く  自然の芸術作品「シモバシラ」 »

2011年1月 1日 (土)

千葉県の飯岡刑部岬を散歩

撮影:2010/12/31 写真はクリックしてご覧ください

P10802241 飯岡漁港

コース

牛久駅5:35=(JR常磐線)=>5:52我孫子駅6:07=(JR成田線)=>6:54成田駅7:17=(JR総武本線)=>7:30佐倉駅7:33=(JR総武本線)=>8:48旭駅9:00―(0:20)―>網戸交差点9:20―(0:05)―>飯岡バイパス入口9:25―(1:05)―>古城坂下10:30―(0:05)―>灯台入口バス停10:35―(0:30)―>11:05飯岡展望台「刑部岬展望館(休館)」11:35―(0:05)―>遊歩道入口11:40―(0:05)―>海津見(うだつみ)神社「大山阿夫利神社の小さい祠」11:45―(0:05)―>11:50屏風ヶ浦海岸12:00―(0:25)―>灯台入口バス停12:25―(0:20)―>12:45診療所下バス停13:06=(千葉交通)=>13:35銚子駅13:37=(JR総武本線)=>15:12佐原駅15:18=(快速:エアポート成田)=>15:32成田駅15:45=(JR成田線)=>16:25我孫子駅16:27=(JR常磐線)=>16:48牛久駅

こんなに近くに住んでいながら、成田まで電車で行くのは初めて、成田空港経由かと思ったら、成田線からは寄り道なんですね!

成田駅で乗換えるとき、佐原と佐倉、銚子行きか千葉行きか?旭駅には千葉行きで佐倉、成東経由です、何度か特急待ちや単線擦れ違いで数分止まります。

旭駅に着き、刑部岬への道を訪ねる、JR東日本「おいでよ房総花いっぱい!」2011年1月から3月の10頁に「飯岡刑部岬」が紹介、このガイドブックで旭駅に来て道を聞く人は皆無なのか観光案内ではない、駅の反対側を走るバイパスを行くように勧める、、、変です?バスの時刻表も調べ親切に教えてくれた、忙しいのに変な旅人である印象を与えたが、刑部岬に訪問する人が多くなればその思いも変わるだろう。

改札口から真っ直ぐ進み、信号で左折、バス通りを網戸交差点まで行き、右に折れ、飯岡バイパスに交差したら左折で二車線通りが終わるまでひたすら歩く、灯台入口バス停で飯岡灯台の道標があるから、、、」と的確に教えるには誰か同じように歩かねばならない、JR東日本の発行するガイドブックを持って旅する人は多いと聞くが、現地のJR駅員の観光案内は観光地の窓口との自覚が必要、少しずつ客が増えるだろう、今日、歩いて見てここはマイカーで回るべきところだが、人口減、高齢化の進む今日、明日を見た研究が大事です。

旭駅前のバス時刻表(千葉交通)、土日時刻を確認すると、次の双葉町行き(銚子駅経由)は9:50、12:40とある、この時間に合わせてくれば良い、千葉交通は0479-22-8486。

不安はあるが、駅員さんが親切に教えて頂いたように、まず最初の信号へ、そして左折し、通行量の多い道をひたすら歩く、途中犬にも咆えられる、20分ほどで網戸交差点、ここで右折、ここまでは教えてもらった通り。

しかし次の飯岡バイパス入口の交差点は想定外、人の姿を探すとイチゴ販売店に入る人、店に入り、刑部岬の行き方を聞くと「二車線道路を真っ直ぐ進み、二車線が終わったら、右に向かう。。。」、明快な回答です、刑部岬への道を、良く聞かれるのかも知れない 9:25 。

ところが見えている刑部岬の展望台だが、その二車線飯岡バイパスを延々と歩くことになる、ラーメン屋の看板、一か所として二軒以上のラーメン屋が並んで建ってはいない、その全部の店が倒産!

P10802051 国道126 飯岡バイパス沿いに建っている

道の両側はキャベツの栽培がほとんど、中にはイチゴが真っ赤に実を付けているビニールハウスも有る。

P10802081 キャベツ、イチゴ、、、の栽培

そんな中、二車線道路が間もなく終わるころになって、焼き立てのパン屋、お腹もすき、つぶれたラーメン屋ばかり見かけホッとした気分で店内に入って見る、美味そうなパンが多種多様に並んでいる、一品買うが焼き立てというか、この時間少し冷えている、でも温かいコーヒ無料サービスであり、美味しく店内で頂く。

P10802091 美味しいパン、無料サービスのコヒーは嬉しい ご馳走様でした!

焼き立てパンを出ると、刑部岬はだんだん大きくなり、灯台もクッキリ見えてくる。

二車線道路が終わると、三叉路、右に曲がると屏風ヶ浦、銚子方面に向かって行くと信号のある三叉路、灯台入口バス停がある、銚子方面(双葉町)行きは休日13:05,15:17,16:40,18:40(千葉交通)とある、右の坂道を登る、振向くとのどかな風景が広がる。

P10802141

のどかな風景を見ながら灯台を目指す

のどかな風景は一瞬にして九十九里浜の太平洋の光景に変わる、上空は晴れているが、ここ数日続く好天気は、富士山や筑波山までこの青空を広げない、振向くと銚子の犬吠埼、房総半島の大原、勝浦辺りが見えているのだろうか? 

P10802211 飯岡刑部展望台から、飯岡漁港

中央に建つ展望塔「飯岡刑部(ぎょうぶ)岬展望館」は年末年始はお休み、営業中は展望台まで登れるようです、日本の朝日百選、日本の夕日百選、日本夜景遺産、日本の夜景百選、関東の富士見百選に選ばれている。

※あしたのジョーと飯岡:展望台脇にジョーと力石の像が置かれている、ちばてつやは飯岡に住み暮らしたことがあったそうです。

すぐ横で営業中のレストランに入る、店内には夕日に赤く染まる美しい富士山の写真が展示されている。

刑部岬まで降りられないかお聞きする、手前の遊歩道入口を下るのが良さそうです。灯台入口バス停方向に引返し、遊歩道入口に入る、階段が置かれ、最近、歩いた跡は無い、左に神社が現れ覗いてみる、海津見神社(わだつみじんじゃ)で綺麗に清掃、二日前に登った丹沢の大山山頂の大山阿夫利神社が祀られている、この偶然に驚きお参りする。

神社から漁港へ、左へ左へと進めば飯岡漁港に着く、堤防に上がれば、屏風ヶ浦が飛び込んでくる、太平洋の荒波と対比し、凄い光景で思わず立ち止まる。

P10802441

屏風ヶ浦 

ただ驚く絶壁!地質学的にも貴重な地層だそうです。写真で紹介されるその多くは銚子側からだそうです。

P10802401 漁船が入港

飯岡漁港に漁船が戻ってくる、明日はここも元旦である。

国道126(灯台入口)に出てバスの時刻にはまだまだ時間が有り、銚子へ向かう、長い登りで峠を越すと豊岡小学校、その前のお店で双葉町行き?を聞くと、銚子駅を経て双葉町まで行くバスとのこと、次の診療所下バス停12:45に着き、ここをバスが13:08通過するのを待つ。

定刻にバスはやって来る、のんびり銚子駅まで、約25分、銚子駅に着き改札口に入ると、1分後13:37の電車がやって来る。

わたしの天気予報

« 丹沢の大山 蓑毛―ヤビツ峠―大山―蓑毛越―高取山―弘法山―秦野駅 | トップページ | 陣馬山から景信山を歩く  自然の芸術作品「シモバシラ」 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/38298388

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県の飯岡刑部岬を散歩:

« 丹沢の大山 蓑毛―ヤビツ峠―大山―蓑毛越―高取山―弘法山―秦野駅 | トップページ | 陣馬山から景信山を歩く  自然の芸術作品「シモバシラ」 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ