« 千葉県の飯岡刑部岬を散歩 | トップページ | 江の島&鎌倉 大仏・葛原ヶ岡ハイキングコースを散歩 »

2011年1月 4日 (火)

陣馬山から景信山を歩く  自然の芸術作品「シモバシラ」

撮影:2011/1/3 写真はクリックしてご覧ください

P10803311 陣馬山から富士山を!

P10803461 白沢峠と景信山間! シモバシラ

コース

天王台駅4:39=(JR常磐線)=>5:13日暮里駅5:26=(京浜東北線)=>5:34神田駅5:32=(中央線)=>6:48高尾駅7:00=(西東京バス)=>7:25陣馬高原下バス停7:25―(0:20)―>林道南郷線の登山道入口7:45―(0:45)―>和田峠分岐8:30―(0:15)―>8:45陣馬山山頂(標高855㍍)8:55―(0:05)―>栃谷道標(栃谷方向に下ってしまう)9:00―(0:05)―>関東ふれあいの道合流9:05―(0:20)―>陣馬山キャンプ場分岐・奈良子峠9:25―(0:10)―>明王峠9:35―(0:05)―>陣馬高原下バス停分岐・底沢峠9:40―(0:05)―>相模湖駅分岐・展望の良いベンチ9:45―(0:35)―>白沢峠10:20―(0:10)―>送電線下10:30―(0:35)―>11:05景信山山頂(標高727㍍)11:15―(0:15)―>小仏バス停・北高尾山稜方向分岐11:30―(0:10)―>尾根から離れる11:40―(0:10)―>小仏分岐・道路出合11:50―(0:10)―>12:00小仏バス停12:40―(0:20)―>13:00高尾駅13:01=(JR中央線)=>14:00神田駅⇒上野駅⇒天王台駅

神田駅、ホームに誰もいない、真っ暗、寒い、電車に乗ると、ここは暖かい、寒い朝には、いつも思うのですが常磐線に比べ中央線は暖かい、早朝は高尾まで各駅停車である、それでも7時前には着いてしまう、7時発陣馬高原下行きがある、高尾駅着は7時10分前、トイレに寄って充分間に合う、既に5、6人の登山者が並んでおり、次の電車で来られた人も加わってほぼ満席になる。

陣馬高原下バス停から登山口まで舗装道路を歩くのが辛い、でも昔は、和田峠まで舗装道路を歩いたことを思うと楽にはなっている、その代り、登山口に入ると、沢を横切ると厳しい杉林の急登となる、途中に丸太のベンチで朝食、「お先に!」と快適に通過する女性、アット言う間に!杉林の登りはベンチから再び急登、杉林が切れ、和田峠に登る道が見えると、ちょっと緩やかになる、再び杉林の登り、手前の坂よりは傾斜は緩い。

再びスギ林を抜けると、右に折れ、とても気分の良いトラバース道、直ぐに和田峠からの登山道と合流し、直登になる、ジグザグになると、上空が大きく広がって青空、富士山が良く見えるという期待が高まる。

陣馬山山頂を巻くようにして、高尾山側に出て、「お!」と歓声、富士山が目に飛び込んでくる。

P10803221 雄大、山頂に雲が付き、残念だが見事です

太平洋、江の島、仏果山、大山、丹沢連峰、道士山塊、南アルプス、大菩薩、奥秩父、奥多摩、、、そして日光連山、那須連山、、、

P10803231  遠望の筑波山

筑波山、、東京スカイツリー、関東平野と360度のパノラマである。この展望もアット言う間に霞んでしまう。

富士山を眺めながら景信山に向かったが、かなり急坂、栃谷尾根に入ってしまった、栃谷の道標で気づきキョロキョロ、有りました抜け道、水平の気持ちの良い登山道がある、5,6分で関東ふれあいの道に出る、この道が景信山へのルートです。明王峠1.5㌔・景信山5.3㌔地点、静かな尾根道、大きな上下もない、二人並んで歩いても邪魔にはなりません。

ほとんどのピークには巻き道があり、巻いてしまう、富士山の姿も雲の中に隠れる、陣馬高原キャンプ場分岐、栃谷鉱泉3.2㌔地点を通過、そして奈良子峠。

P10803341 ひっそりと建っている茶店 明王峠

明王峠、丹沢連峰は雄大だが、期待した富士山はスッポリ雲の中である、続いて陣馬高原下バス停分岐、底沢峠に着く、相模湖駅分岐と続き、数㍍先に展望が開けベンチがある、ここで朝食。

P10803401 立派な大岳

この後、堂所山を登る、勿論巻き道のあるけど、標高:731㍍で結構この辺りでは高いピークだが雑木林の囲まれ展望は無い。ピークから下って行くと大きな荷物を背負った女性、登るか迷っているので正直なところを話すと、ささっと巻き道に入る、正解です。

続いて白沢峠、次のピークで父親と息子が巻き道を登って来るが、ピークを越える、送電線の下を通過、下って急坂を登り返した所で小仏から登って来た女性が「シモバシラ」を見付け教えてくれる。

P10803451 12月中旬から1月中旬に良く見られるもので、自然の作り出す奇妙な様子は、愛好家の自慢のコレクションになっている。

この先の城山(標高670㍍)の脇道に多く見られ、愛好家が押し寄せているらしい。

シモバシラが多かった道はピークを越えるので、皆さん巻いてゆく、探すと見つかるが後で小仏バス停で出遭ったご婦人が城山で写したような、自慢の一枚は有りませんでした。

その後二度ほどピークを越え、ようやく景信山(標高727㍍)に飛び出る。

P10803501 筑波山も遠望だがよく見えます、近い内に筑波山に今年初登山しないと。

一杯50円のなめこ汁は美味しい、景信山に登ったら絶対のお勧め、冷たくなったお弁当と合わせると何とも言えない絶品、、、です。

景信山から高尾山、小仏バス停から小仏峠は歩いたことがあるが、今日は初めて真っ直ぐ小仏バス停に降りる道を下る、お手洗いの前を急降下、大勢の人々が登って来る、想像以上に急で、陣馬高原下から陣馬山に登るより大変だ!

下るにつれ、露岩、ジグザグな急坂、でも人気のコース、景信山に着けば憩いの広場が有るから。

ゴウゴウと車の音、中央高速を眼下に下ると、小仏分岐の道路に飛び出る、景信山登山口。ここから小仏バス停まで意外と距離がある、12:00着、12時台は一本と一番少ない時間帯、次は12:40です、ここから高尾駅まで徒歩一時間ほど、ご婦人が一人待っており、何時の間にかシモバシラの話題、、、でアット言う間に12:40、ほぼ満員のバス、高尾まで220円かなり前から変わらない。

高尾に着くと一分後特別快速が発車、各駅停車と大違い?(朝だって各駅停車でも一時間10分だったが?)、一時間で神田駅に着く!

わたしの天気予報

« 千葉県の飯岡刑部岬を散歩 | トップページ | 江の島&鎌倉 大仏・葛原ヶ岡ハイキングコースを散歩 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/38320993

この記事へのトラックバック一覧です: 陣馬山から景信山を歩く  自然の芸術作品「シモバシラ」:

« 千葉県の飯岡刑部岬を散歩 | トップページ | 江の島&鎌倉 大仏・葛原ヶ岡ハイキングコースを散歩 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ