« 筑波山 東日本大震災の影響は無い! | トップページ | カタクリは見頃 ブルーのキクザキイチゲ 筑波山にて 【東日本大震災の余震が続きます】 »

2011年4月11日 (月)

カタクリの吾国山から難台山を越え愛宕山へ 東日本大震災直後

撮影:2011/4/10 

P10908111 明日は綺麗に開花しそう!  8:40 日差しが差し込む吾国山

コース

牛久駅6:01=(JR常磐線)=>6:43友部駅6:48=(水戸線)=>7:05福原駅7:10―(0:30)―>鳥居7:40―(0:15)―>吾国山登山口7:55―(0:10)―>林道出合8:05―(0:35)―>三十丁目8:30―(0:05)―>8:35カタクリ園8:48―(0:02)―>吾国山山頂8:50―(0:20)―>道祖神峠9:10―(0:30)―>すずらん群生地分岐9:40―(0:15)―>難台山山頂9:55―(0:20)―>鼻の下10:15―(0:15)―>大福山10:30―(0:00)―>見晴台10:30―(0:05)―>団子山10:35―(0:10)―>団子石峠10:45―(0:30)―>すすきヶ原11:15―(0:15)―>乗越峠11:35―(0:10)―>愛宕神社鳥居11:45―(0:25)―>愛宕山登山口12:10―(0:10)―>12:20岩間駅12:20

この日も歩いたよ⇒2010/4/29

東日本大震災、水戸線が運行開始、さっそくときわ路フリー切符をポケットに入れ、福原駅へ、地震で被害を受けたJR東日本の駅もしっかり修復し安全になっている、高浜駅の被害が大きかったようです、水戸線は各駅大変だったらしいが、ホームは修理され安全でした。

岩間駅から福原駅は二回歩いているが、福原駅からは初めて、綺麗なトイレをお借りし、道路に出るとご夫婦、彼らは吾国山のカタクリ園が目的の様です。

岩瀬駅方向に進み、踏切を渡って、折り返し、二つ目の道を右折(一個目を右折してしまった)する、後は要所要所に吾国山への案内がでてくる、ただ高速道路の所でちょっと眉が、真下を右折すれば良い。

民家の間に入り、直ぐに大きな鳥居を潜り、農道&登山道の快適な道になる。

P10907951 鳥居から吾国山

鳥居から、ほぼ平坦な道が続き、吾国山の案内、ここを左折して田んぼ道に入ると吾国山登山口。

沢を渡り、杉林を登り、まもなく林道に出合う、この道に大きなひび割れ、地震の影響だろう、落葉の積もったとても気分の良い登山道が続きます、ツツジの新芽も春を待ち、花を咲かせる準備中。

P10908031 新芽を伸ばすツツジ

足元にカタクリの花がポツポツ現れる、傾斜がキツクなって、左は谷、新緑がとても綺麗な所です、頑張るとカタクリ群生地。

P10908071 良く手入れされ、年々花の数が増している

見頃には早すぎ、来週の土日は見頃だろう、千葉からやって来たご夫婦、笑顔で楽しんでいる、エンレイソウもこれから。

P10908121 日が差し込み、今日のお昼頃には大きく羽ばたきそう

カタクリ群生地からちょっと登れば吾国山山頂、石垣で祀られた神社、360度のパノラマ、予報は快晴だったが、雲が多く筑波山や富士山までは見えないが、加波山が立派に見える。

P10908131 加波山から雨引山に続く稜線

吾国山から美しい雑木林を下る急坂で、杉林と桜並木になると広い斜面を下って行く、道祖神峠に車を置き登って来る人達は決まって「カタクリは咲いていますか?」と聞いてくる「今年は花が多く、皆さんが着く頃には日が良く当たり大きく開きますよ!」。

林道に出合って、ここを横切って登山道に入り、吾国山登山口に降り立ち、売りに出された洗心館の前に着く、広場を横切って道祖神峠へとスギ林を下ると、東屋風の鳥居のような建物を潜ると、笠間とつくばを結ぶ道路に出る。

道祖神峠は吾国山、難台山等の登山口にしては駐車場スペース狭く、何時もギリギリに車が停まっている、難台山への登山道に入ると、長沢分岐、難台山へは急坂を登って、やっと登ったと思ったら急降下、再び登って下ってと続く。P10908211 ツバキ

すずらん群生地分岐の道標を見て、下る、鞍部から難台山に向かって登る、ここは美しい雑木林です、広い道が続き、難なく難台山山頂に到着、展望は期待しない方が良いが、展望を探すと筑波山が雄大に見えていた。

P10908331 難台山から稜線漫歩 短いけど!

しばらく美しい稜線歩きが続くが残念短い、屏風岩周辺は大木のツバキ、とても印象的でした。

道祖神峠から難台山に比べると急登、急坂は無いが、大福山、団子山と越えてゆく、展望は無いが、大福山からちょっと先に進むと素晴らしい展望台がある。

P10908451 大福山直下の展望台

団子山を越え、少し下った左に伐採地があり、笠間方向の展望がある、どんどん下ると団子岩、そして団子石峠に降り立つ、立派な磨き石のベンチが置かれている。

P10908511 団子石峠

南山展望台まで30分、登り返しになる、一旦登ると今度は急降下、これから吾国山のカタクリを見に福原駅まで縦走の20に程の団体さんに出合う、カタクリの様子を話すと笑顔で、この急登を登って行く、南山展望台に着くと、孫を連れたおじいさんらが昼食中、笠間駅から歩いて来たとのこと、、ここも急降下、続いてすすきヶ原を通過、林道を斜めに横切って、見晴台の標識で、見晴台に立寄る、ここは展望が良く休憩には良い、桜はもうすぐ見頃になる。

乗越峠から車道を行かず、杉林に入り、愛宕神社の大駐車場へ、ここの桜も見頃はすぐ、天狗ノ広場に寄って見た、ちょっと広く子供の遊び場には面白い。

P10908621 愛宕神社の桜は満開近し

愛宕山登山口からはのんびり笠間駅まで歩いて10分、上野行きに乗れば、一眠りで牛久駅に着く。

HP:わたしの天気予報

« 筑波山 東日本大震災の影響は無い! | トップページ | カタクリは見頃 ブルーのキクザキイチゲ 筑波山にて 【東日本大震災の余震が続きます】 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

じゅう野の花の郷、なかなか綺麗なとこの様ですね!
この掲示板、時間が無く、完成には少し時間を下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/39567070

この記事へのトラックバック一覧です: カタクリの吾国山から難台山を越え愛宕山へ 東日本大震災直後:

» 片栗(かたくり)を見に大分県九重町まで行ってきました。 [筑紫の国から福岡シトリンの花つくし日記]
昨日は、片栗(かたくり)を見に大分県九重町の「くじゅう野の花の郷」まで行ってきました。沢山のカタクリが満開で見応えがありましたよ。nbsp; nbsp;いつもなら、ここのカタクリは春分の日に満開の時期ですが、今年は2〜3週間は遅いようです。   ... [続きを読む]

« 筑波山 東日本大震災の影響は無い! | トップページ | カタクリは見頃 ブルーのキクザキイチゲ 筑波山にて 【東日本大震災の余震が続きます】 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ