« 虫倉山 バツグンの展望台 2011/5/3 開山祭 | トップページ | 東六甲縦走路から最高峰を経て白石谷を下る モチツツジ »

2011年5月 8日 (日)

根本山・十二山・熊鷹山 アカヤシオツツジ見頃です!

撮影:2011/5/8 写真はクリックしてご覧ください

P11005181 見頃です!

コース

つくば市7:00=(国道294・50号)⇒桐生・広沢町5=(国道122号)⇒広沢町1(広沢町1東の次)=(県道66)⇒梅田南小=(県道66)⇒梅田大橋=(県道337)⇒石鴨=(県道337)⇒6:20不死熊橋手前の駐車場6:20―(0:05)―>不死熊橋6:25―(0:35)―>明確な登山道7:00―(0:25)―>根本山2.5㌔地点7:25―(0:05)―>沢出合7:30―(0:15)―>二体の祠7:45―(0:05)―>石碑7:50―(0:00)―>石段7:50―(0:10)―>根本山1.5㌔地点8:00―(0:15)―>沢を離れる8:15―(0:00)―>8:15根本山神社8:20―(0:15)―>大きな祠8:35―(0:10)―>ピーク8:45―(0:20)―>三滝分岐9:05―(0:05)―>根本沢・中尾根コース合流9:10―(0:10)―>9:20根本山山頂(標高1199㍍)9:35―(0:10)―>一二山根本山神社9:45―(0:10)―>祠9:55―(0:00)―>十二山山頂9:55―(0:25)―>10:20熊鷹山山頂10:25―(0:05)―>祠・丸岩岳分岐10:30―(0:15)―>林道出合10:45―(0:50)―>不死熊橋(標高1169㍍)11:35―(0:05)―>11:40不死熊橋手前の駐車場

アカヤシオツツジの季節だ!石裂山は標高:877㍍で、4/24に見頃だった。さて標高:1199㍍の根本山か、標高:1525㍍の夕日岳か、、と迷うが、行かねば始まらない、根本山は2008/4/28が最後で3年ぶり、同じコースを歩くことに!

おりひめバスを利用して丸岩岳・野峰を縦走とも計画してみたが、野外活動センター入口バス停の近くに駐車スペースは有り、始発の6:58に乗り、終点の梅田ふるさとセンター前バス停から不死熊橋登山口を歩くことになる、、、あまりにも非効率である。

P11004761

不死熊橋の滝

不死熊橋登山口、一台の車が停まっているだけ!アカヤシオツツジの花期は過ぎたのか?ゲートを越え、根本沢に沿って、中尾根・根本沢コースの分岐の不死熊橋へ、橋を渡ると再びゲート、このゲートの手前が根本沢コース取付き点がある、腕試しのような綱場をよじ登る、直ぐに水平な登山道に変わる。しばらく荒れた道だが、直ぐ渡渉点、ここからしばらく岩場と沢底歩きが続くが、足場を見付けなんとかクリアーして行く。

P11004771

綺麗な渓谷美

右に石垣が現れ、上に道が?と探してみたが無い、結局沢底に戻る。

P11004841

沢底の岩を次々と飛び越えて進む

ようやく、沢出合に着き、登山道が安定する。今度は左の斜面を急登、ミツバツツジが美しい、斜面は若葉の木々で埋まる、道も斜面をトラバース、落葉が積もりフカフカ、前回通過も使えなかった橋、今日はすっかり壊れている、沢に降り、再び左の斜面を登る、沢に戻る、、今度は右の斜面に取付く、中腹のようなところに根本山2.5㌔の道標、足元に咲く花はスミレのみ、沢に降りると今度は美しい滝が見えてくる。

P11004961

美しい小滝

名もない滝、ここは滝の左をよじ上る、ひっそりと二体の石祠、続いて「石段供養塔」、また沢を横切って細い道に取付き、上に向かうと石段が現れる、道端に石灯篭が立っている、大木の杉が並び神社境内の雰囲気になる。

P11005031 石灯篭

Y字路「黒坂石分岐」瀧堂跡、ここから黒坂石に下ると渡良瀬川の沢入駅に下れる、丸太に腰を降ろし休憩、ここは右に入る、V字谷とまでは言えないが深い谷、鉄製の10㍍ほどの梯子を登り、岩場を上に上にと登り詰める、大きな石塔、この先10㍍辺りに右に登る道があり、大木の根の階段、鎖場を登ると、アカヤシオツツジに囲まれた根本山神社奥ノ院の横に出る、神社は巨岩の上に建てられ立派なものである。

P11005141根本山神社はアカヤシオツツジに囲まれる

ここから長い鎖場が続く、傾斜が大きく難儀、途中の岩場から鑑賞するアカヤシオツツジは素晴らしい。

登り切った所に大きな石祠が祀られている。

P11005241 岩場を飾るアカヤシオツツジ

振向くと男体山、女峰山が見え、雪化粧の日光白根山が見え、さらに左には皇海山が並んでいる。アカヤシオツツジに囲まれたピーク(峰ノ平、一服根本)から一度急降下し、再び登り返す。

P11005371 日光白根山を遠望する

尾根道から日光連山、日光白根山が良く見える、三滝分岐から右に折れトラバース、中尾根コースに合流し、ここは四ッ辻で直進は根本山を巻いて熊鷹山へ、根本山へ急登する、ピークに立てば根本山の主稜線、左の斜面にアカヤシオツツジが綺麗に咲いている。

緩やかな尾根道になり、難なく根本山山頂に到着、山頂から北に10㍍ほど進むとアカヤシオツツジが咲き誇る。

P11005481 アカヤシオツツジに囲まれる

贅沢なアカヤシオツツジの花見でお弁当を開く、、根本山から下って一二山根本山神社、十二山に向かって二本の登山道、ここは左の尾根道を行く、ピークを越え、緩やかに下ると、右の道が合流し、宝生山分岐を過ぎ、石祠を見て登れば十二山山頂に着く。

P11005591 十二山山頂

十二山から、熊鷹山まで大きな上り下りがなく、快適な道が続きます。美しい登山道ですがまだ新芽が出たばかり、シロヤシオツツジが咲きだすのは少し先の様です。

P11005641 十二山からのどかな登山道

熊鷹山山頂には展望矢倉が建ち、上に上がれば360度のパノラマです!

P11005671 熊鷹山直下のアカヤシオツツジ

熊鷹山は、まだ蕾のミツバツツジに囲まれ、花期には綺麗だろう、まず急斜面を下る、ここにも石祠が祀られる、どんどん下ると、ミツバツツジが満開!

P11005731 アカヤシオツツジの次の主役

丸岩岳分岐(文字が消えている)を右に下る、やがて杉林になって石鴨林道に飛び出る。

P11005751 林道のリンドウ

林道は右折、ちょっと登る感じだが、次のカーブを過ぎると下り一方である、のんびりした林道歩き、この林道を許可車両が登って来る、何時岩が落ちても不思議のない林道であるけれど!駐車場に着くと2台が20台ほどに膨れ上がっており、マイクロバス(大宮№)も一台止まっている、アカヤシオツツジが呼び込んだ桐生市人気の山です。

わたしの天気予報

« 虫倉山 バツグンの展望台 2011/5/3 開山祭 | トップページ | 東六甲縦走路から最高峰を経て白石谷を下る モチツツジ »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

アカヤシオツツジを有り難うございます。
私は、昨日河口湖周辺を素晴らしい富士山を見ながら歩いてきました。
友人が一昨日、両神山にアカヤシオツツジを見に登ったのですが早かったと言っていました。
●今年は少しツツジの咲きだしが遅いようです!
根本山も一週間ほど遅い感じですネ
でもこれからは暖かくなり、自然の花は例年に追いつくかと思います。

お元気ですか。
時々お邪魔していますが更新がないので少し気になっています。
お忙しいのでしょうか。
今年は5月下旬に梅雨に入り、なかなか山には行けないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/39897996

この記事へのトラックバック一覧です: 根本山・十二山・熊鷹山 アカヤシオツツジ見頃です!:

« 虫倉山 バツグンの展望台 2011/5/3 開山祭 | トップページ | 東六甲縦走路から最高峰を経て白石谷を下る モチツツジ »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ