« 関西の人気もの 武奈ヶ岳 | トップページ | 比良山系を歩き、豪快な滝を下る リトル比良(岩阿砂利山) »

2011年6月18日 (土)

真夏でも冷気が漂う弘法大師ゆかりの高野三山

撮影:2011/6/5 写真はクリックしてご覧ください

P11008211
最後のピーク:転軸山へ、

コース

京橋駅7:15=(京阪電車)=>淀屋橋駅=(大阪市営地下鉄御堂筋線)=>7:40なんば駅7:45=(南海高野線)=>8:40橋本駅9:08=(南海高野線)=>9:50極楽橋駅9:55=(南海ケーブル)=>10:00高野山駅10:10=(南海りんかんバス)=>奥ノ院バス停10:20―(0:10)―>奥ノ院10:30―(0:05)―>奥ノ院の裏門10:35―(0:05)―>魔尼山分岐10:40―(0:05)―>魔尼山登山口10:45―(0:15)―>魔尼峠11:00―(0:15)―>魔尼山(標高1004㍍)11:15―(0:20)―>黒河峠11:35―(0:10)―>楊柳山(標高1009㍍)11:45―(0:20)―>子継地蔵12:05―(0:25)―>転軸山登山口12:30―(0:15)―>転軸山(標高915㍍)12:45―(0:10)―>転軸山と森林公園分岐12:55―(0:05)―>転軸山登山口13:00―(0:05)―>高野山森林公園13:05―(0:20)―>高野町役場13:25―(観光)―>13:40金剛峯寺前バス停14:11=(南海りんかんバス)=>14:20高野山駅14:40=(南海ケーブル)=>14:50極楽橋駅14:50=(南海高野線:なんば行急行)=>16:40なんば駅

高野山1Dayチケットを京阪京橋駅でポケットに入れ、なんば駅へ、南海電車ホームで駅員に聞くと、8:00発が高野山駅行き特急、これはポケットのチケット+特急料金が必要になる、7:45発の橋本駅行きに乗る、気になる登山姿の女性が河内長野駅で降りてゆく、左の車窓に高い山々が見え、金剛山・大和葛城山だ、右には岩湧山・三石山だ、彼女は金剛山に行かれたのだろうか?

8:40橋本駅に着く、後からの特急が先行し、8:45頃9:08橋本駅発の電車が入線、なんばからの電車を一台待つ、乗り移る乗客は登山姿であっと言う間に満席、極楽橋まで約一時間であり、一本早い電車で橋本駅に着いた私達は正解。

九度山駅で5,6人の登山者が降りる、高野山町石道を歩かれる人達だろう。

登山電車の車窓は素晴らしい、標高:92㍍の橋本駅から767㍍の極楽橋まで一気に登る、極楽橋駅からは南海ケーブルが傾斜を一気に登る、乗客全員が南海りんかんバスへ、満席、隣の人に聞くと大阪あるけ会の皆さんで高野三山を歩くとのこと!

彼女らは奥ノ院入口バス停で降り大杉の参道を歩くらしい、天気予報は午後から雨というので少しでも早めに登山口に着きたいので、終点の奥ノ院前バス停まで行く、バス停の先で左折し、真っ直ぐ奥ノ院へ向かう。

P11007991
奥ノ院参道

奥ノ院参道には戦国諸大名の墓が並んでいる、案内は登山者向けでは無く、奥ノ院の境内に入る、社務所で道を訪ねると親切に「山に登るんですか、、」と裏門を教えてくれる。

P11008001

裏門

裏門をくぐり、左に進むとまもなく魔尼山の道標がある、立派(以後この案内板が導いてくれる)なものです。

P11008021
立派な道標

広い道林道が続き、静かな道、とても奥ノ院から近い所とは思えないほどです、やがて魔尼山への登山口があり、林道から離れ左の細い道に入り、立派な木製の橋を渡る、樹林にスッポリ覆われた道は高野山の雰囲気であり気持ちが落ち着きます。

P11008041
のんびりと魔尼峠へ

右に大きく曲がり、左に大きく曲がると魔尼峠(まにとうげ)です。

P11008081
魔尼峠は尾根道の始まり

尾根状になり道標に従って大木のモミなどの原生林の茂なかを登り続けると、左に曲がり右に登り切ると、魔尼山山頂、100㍍有るのに樹林に囲まれ展望は無い、小さな神社が祀られている、ちょっと下って、ヒノキ林になり、平坦な道が続く、とても明るく、楽しい尾根道歩きが続き、上下を繰り返し大きく下ると東魔尼山、黒河峠(くろことうげ)。

二回小さく登りを繰り返し、丸太と根の椅子で一休みし、登り切ると三回目の登りのピークが楊柳山(ようりょうさん)山頂 。

P11008161
楊柳山

ここにも神社が祭られている、三回登った分を下り、杉林が続き展望は無くつまらない所です、数回ピークを上下すると、大きく下ると子継峠(こつぎとうげ)に降り立つ。四差路だが左折し、どんどん下る、下り続けるので心配になるほど、平坦になって沢沿いに歩き続けると、数回三本杉分岐が建っている、湿地帯があり、短い木道、ようやく周囲が開けるが、左に川を見ながら進み、三本杉の分岐をまた見送ると、ようやく、林道に出合う、ここも道標に従って右折すると、転軸山への入口がある、木の根の張った急坂を登り切ると、一転して美しい樹林に囲まれた登山道になる。

P11008221
美林に囲まれる

難なく転軸山(てんじくやま)で三山最後のピークです、展望は全くない、ここにも神社が祭られ、左の道は奥ノ院方向、右は女人堂であり、右の道を急降下して広場の三叉路を左折し、シャクナゲの茂みを見てどんどん下ると、柵に囲まれた池に出る、転軸山の登山口になっている。

ここから道標に従って民家の間を抜け、広い道路に出て再び道標に従い左折、広い駐車場があるがここは見送って右方向に登る、ピークから下りT字路になり下山なので右折?だが見ると上の位置に道路が見え車が多く走っており、左折しすぐ右の道で道路へ移動すると、清掃中の人々に女人堂への道を訪ねると、ここを右に登り、どんどん行くと高野町役場が有るとのこと、小雨が落ちてきた。

20分ほど道路を歩くと、ピークを過ぎ役場の前に出る、観光客が見え、観光客に変身し、周囲を観光。

P11008281
金剛峯寺

P11008321
大伽藍への歩道

まだ早い時間だが小雨でもあり、金剛峯寺前バス停のモミジの木の下でバスを待つ、バスは女人堂の前を通過し、バス専用道路に入ると奥深い樹林に囲まれ、高野山駅はすぐです、ケーブルは満席で、一気に下界へ、極楽橋では、なんば行の急行が待っている。

P11008351
車窓から

車窓を楽しみながら橋本へ、林間田園都市駅を通過、河内長野まで山々の展望が広がる、次に訪れるときは金剛山、、、の思い出大阪へ。

HP:わたしの天気予報

« 関西の人気もの 武奈ヶ岳 | トップページ | 比良山系を歩き、豪快な滝を下る リトル比良(岩阿砂利山) »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/40438785

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏でも冷気が漂う弘法大師ゆかりの高野三山:

« 関西の人気もの 武奈ヶ岳 | トップページ | 比良山系を歩き、豪快な滝を下る リトル比良(岩阿砂利山) »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ