« 大台ケ原 梅雨の晴れ間 | トップページ | 霊仙山 醒ヶ井駅から養鱒場を経て »

2011年7月30日 (土)

嵐山から愛宕山

撮影:2011/6/26

P11101061
黒門  真夏なのに大勢の登山者がやって来る

コース

京橋駅5:55=(京阪電車)=>祇園四条駅6:45―(0:04)―>四条大橋6:49―(0:01)―>河原町駅6:50=(阪急京都線)=>桂駅7:10=(嵐山線)=>嵐山駅7:25―(0:05)―>渡月橋7:30―(0:08)―>嵐山バス停7:38=(京都バス)=>清滝バス停7:50―(0:25)―>20丁目一文字屋跡8:15―(0:15)―>四合目8:30―(0:35)―>五合目休憩所9:05―(0:35)―>水尾の分れ9:40―(0:20)―>黒門10:00―(0:10)―>愛宕山(標高921㍍)10:20―(0:10)―>地蔵ノ辻10:30―(0:55)―>首無地蔵11:25=(車で送ってもらう)=>12:15嵐電天神川駅=(嵐山本線)=>嵐山駅―(0:10)―>嵐山駅=(阪急京都本線)=>河原町駅―(0:05)―>祇園四条駅=(京阪電車)=>神宮丸太町駅―(0:20)―>平安神宮観光―(0:20)―>神宮丸太町駅=(京阪電車)=>京橋駅 30,913歩

嵐山1Dayチケットをポケットに入れ京橋駅を発つ、祇園四条で徒歩乗換え

P11100791

四条大橋を渡ると河原町駅は直ぐ

さらに桂駅で嵐山線に乗換える、嵐山駅を出ると、中ノ島橋を渡る、朝の散歩の人だけ静かです。

P11100801
中ノ島橋

中ノ島橋を渡ると、中ノ島公園で、前方に渡月橋が見えてくる。

P11100821
渡月橋 奥に見えるのが愛宕山

渡月橋は修学旅行に渡った思い出の橋、奥にこれから目指す愛宕山が見えている、渡月橋を渡るだけで涼しくなる。

渡り切右に折れる方向にバス停(嵐山駅前にもバス停が最近できたようです)が見えるが、直進最初のバス停に着くと直ぐにバスが来る、長く狭いトンネルを抜けると終点の清滝バス停、乗って来た乗客は皆さん愛宕山に向かう。

P11100881
堂承川

直ぐに二分するが運転手さんが教えてくれた左の坂道を下る、赤い欄干の橋を渡り民家の間を通り抜けると急坂になる。

まもなく20丁目一文字屋跡に着く、快適に登りを続ける女性、近郊の山を登り続ける大先輩、愛宕山には時々やって来るらしい、山の話を続けながら急な坂を登る、まもなく大きな石垣のある四合目、階段の無い広くて歩き易い道が続く。

P11100941
美しい登山道になる

壊れかかる五合目休憩所、白い小さな花はツリアリドウシ、黄色い小さな花はコナスビと教えてくれる。

P11101041
コナスビ

来月は四国の剣山にキレンゲショウマを見に行くという、私と同年輩の女性が合流、彼女らはとても健脚。

P11101051
水尾の分れには小屋もあり、ベンチもある

水尾の分れでようやく展望が開ける、ここで皆さん休憩、、巨木の杉が続き愛宕山に深く入り込み、さらに登ると立派な黒門、まもなく愛宕神社の立派な参道になる。

P11101091
表参道

広い愛宕神社の境内は休憩小屋、ベンチ、社務所など有り、そして超長い石段を登る。

P11101101
これぞ愛宕神社の長い階段!

階段を登り切ると、愛宕神社にたどり着く、ここで、お二人と分れ、長い階段を下って地蔵の辻へ、竜ヶ岳分岐が地蔵の辻、ここを右に下る、時々展望。

P11101181
時々木々の間から見える展望

眼下に長い林道が見えてくる、どうやらこの林道がつまらないコースの様です。

P11101221
表の参道とは雰囲気が違って面白い

どんどん下ると首無地蔵に飛び出る、ここで駿河からやって来られた三人の男性の車に乗せって頂き嵐山までドライブ、ここでと言われ降ろしていただき、何処に着いたのか良く解らないが、嵐山本線の嵐電天神川駅に到着。

車に乗せってもらった為か余裕があり、平安神宮に寄って見た。

P11101281
この広さが!素晴らしい

P11101351
アジサイやアヤメの花期は過ぎたが見事な庭園

P11101421
のんびり散歩を楽しむ人々、、、

P11101391
良い感じでしょ!

今日の目的は愛宕山、嵐山も平安神宮も素晴らしい!!

HP:わたしの天気予報

« 大台ケ原 梅雨の晴れ間 | トップページ | 霊仙山 醒ヶ井駅から養鱒場を経て »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/41009310

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐山から愛宕山:

« 大台ケ原 梅雨の晴れ間 | トップページ | 霊仙山 醒ヶ井駅から養鱒場を経て »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ