« 虚空蔵山 &白髪岳 JR宝塚線の駅から駅登山 | トップページ | 金剛山 大阪府最高峰で人気も最高 »

2011年7月31日 (日)

綿向山 初心者にお勧めナンバーワン

撮影2011/7/23

P11104781
五合目避難小屋 ここまで来れば山頂はすぐ!

コース

京橋駅4:52=(JR大阪環状線)=>大阪駅=(JR京都・琵琶湖線)=>6:55近江八幡駅7:43=(近江鉄道バス)=>8:40北畑口バス停(終点)8:40―(0:35)―>西明寺口バス停9:15―(0:25)―>表参道・北尾根コース分岐9:40―(0:10)―>壱合目9:50―(0:25)―>三合目10:15―(0:15)―>五合目10:30―(0:10)―>六合目10:40―(0:10)―>業者コバ10:50―(0:15)―>八合目11:05―(0:15)―>九合目11:20―(0:15)―>11:35綿向山山頂(標高1110㍍)12:20―(0:10)―>北尾根コース入口・八合目12:30―(0:15)―>ナメ滝の沢12:45―(0:25)―>林道出合13:10―(0:15)―>表参道・北尾根コース分岐13:25―(0:20)―>西明寺口バス停13:45―(0:15)―>地蔵橋14:00―(0:15)―>14:15北畑口バス停14:49=(近江鉄道バス)=>15:40近江八幡駅=(JR琵琶湖線)=>石山駅=(京阪電車)=>石山寺駅(石山観光)16:00石山寺発=(京阪電車)=>石山駅=(JR琵琶湖・京都線・大阪環状線)=>18:00京橋駅

定刻前に近江鉄道バスは駅前バス停に着く、登山姿は一人だ、バスは町中を通過狭い道をギリギリに走り、途中、日野駅8:25に通過する、一両の可愛い電車は近江鉄道だ!

8:40予定通り北畑口バス停に到着、バス停の向かい側に大きな案内板が建っている、主主役は綿向山です、ルートを確認し歩き出す、黒津橋を渡りなお広い道路を行くと、綿向山道標が現れる、イヌと散歩中に女性に道を聞くと「この先のバス停が登山口ですよ!」と親切に教えてくれる、彼女の教えてくれた道は、地蔵橋で右に曲がるコースではなく、西明寺口のコースで、真っ直ぐそのまま道路を進む、まもなく西明寺口バス停に着く、ここには案内板と綺麗なトイレが建っている。

案内板を見て、真っ直ぐ進むとY字路、右が綿向山、左は竜王山である、右に少し下り橋を渡った所に大きな駐車場がある、駐車場に入らず道なりに進めばT字路、左折すると舗装道路は終わり、砂利道になり、目の前に大きなダムが現れる。

P11104721
堰堤

この堰堤の右側を登ると林道に出合い、左折する、接触変質地帯の案内板がある、左の沢は昨夜の雨の影響か?水量が多く音も凄い、その先に10台ほどの駐車場がある、ただここまで車は入れないかも知れない。

ヒミズ谷出合小屋が建ち、表参道と北尾根コースの分岐になっている、ここは表参道を選択、大きなジグザグ道でとてものんびり歩けます、七合目まだこんな感じです。

杉林で展望は無い、一合目(標高545㍍)、二合目(標高640㍍)と順をおって緩やかな登りです、まもなく尾根道をひとつ変える、三合目(標高700㍍)で林道に飛び出るが、すぐ先で登山道に取付く、まもなく避難小屋が見えてくる。

P11104751
ここだけブナに囲まれる

再びジグザグに登山道は杉林を登る、四合目(標高760㍍)、目の前が明るくなって五合目小屋、展望の良い所に建っている。

ここに西明寺分岐がある、右杉、左雑木林と気持ちの良い登山道が続く、六合目(標高890㍍)を過ぎると再び杉林、七合目は行者コバ(標高930㍍)でベンチがあり休憩に良い。

P11104801
行者コバ

行者コバから細い道に一変、薄暗い杉林を抜けると美林のブナ林になる。

P11104841
ブナの美林

沢を横切り、八合目(標高985㍍)水無山分岐、この先は一変明るくなる、沢の源頭を横切り、大木のブナを見てゆるやかに登ると、斜面一面笹に覆われる所に出る。

P11104871
これは美しい!

展望は大きく広がってくる、九合目(標高1090㍍)山頂まで0.9㌔、涼しい風が身を冷やす、目の前に長い階段、急です!

P11104921
長い階段

階段で振向く展望は美しい眺望!

登り切ると正面に雨乞岳、鎌ヶ岳の雄大な姿が目に飛び込む。

P11104931
雨乞岳、鎌ヶ岳

二人の男性が昼食中、弁当を広げ贅沢なレストランは涼しい風が吹き抜ける!

下山は北尾根コース、まず来た道を戻る、長い階段を下って、八合目で北尾根コースの道標を見て曲がる、沢を横切って岩場を越える、急こう配は去った台風が残した落葉で道が消え、リボンを探しながら道を確認、だいぶ下がった位置に立派な道標を見付けホットするが、後は明確な道が続く。

P11105011
ガレ場

目の前にガレ場、左上に切りあがる、表参道に比べ大きな差は無いが道は比較にならいほど狭く荒れている、展望もない、滑沢を上に見て沢を横切る、さらに三つ目の沢を横切る、源頭で水が涌出ている。

P11105051
い道、沢を横切る

その後杉林になり、薄暗い道をひたすら下ることになる、四つ目の沢、水無山なのに水は多い?イワカガミの大群落を通過、林道が見えてくるが、ここは下りの道が有るけれど、上に向かう道を選ぶ、迷ったら上に向かうのが鉄則!

P11105081
展望が開けると林道に出合う

トラバース気味に進むとゆっくり下る道が続き、林道に飛び出る、すぐに向かい側に登山道がある。

P11105071
そろそろ登山口です

避難小屋のある合流点に戻ってきた、

P11105091
表参道と北尾根コースの道案内の避難小屋

後は西明寺口バス停までのんびり、道路に出て地蔵橋、黒津橋とのんびりと歩き、北畑口バス停は近い距離である。

14:15北畑口バス停着、14::49発バスを待つ。登山口からバス停までは前衛の山の影で見えなかった綿向山は少しは走ってから窓から振り向くと雄大な姿を見せている。

15:40近江八幡駅着、15:56発に乗る、石山駅で途中下車、京阪電車で石山寺駅へ、16:00を過ぎ石山寺は閉門で境内に入れなかった。

P11105171

P11105141

再び訪れたい石山寺を後にし、JR石山駅17:17発、18:00京橋駅着。

HP:わたしの天気予報

« 虚空蔵山 &白髪岳 JR宝塚線の駅から駅登山 | トップページ | 金剛山 大阪府最高峰で人気も最高 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/41027374

この記事へのトラックバック一覧です: 綿向山 初心者にお勧めナンバーワン:

« 虚空蔵山 &白髪岳 JR宝塚線の駅から駅登山 | トップページ | 金剛山 大阪府最高峰で人気も最高 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ