« 嵐山から愛宕山 | トップページ | 権現山から蓬莱山 琵琶湖バレイ!琵琶湖を眺める稜線歩き »

2011年7月30日 (土)

霊仙山 醒ヶ井駅から養鱒場を経て

撮影2011/7/2

コース

京橋駅4:52=(JR大阪環状線)=>大阪駅=(JR京都・琵琶湖線)=>6:40米原駅=(JR東海道本線)=>7:05醒ヶ井(さめがい)駅7:48=(湖国バス)=>7:55終点・養鱒場(ようそんじょう)前バス停7:55―(0:25)―>霊仙山登山口1.9㌔地点8:20―(0:25)―>霊仙山登山口8:45―(0:10)―>山小屋かなや8:55―(0:10)―>汗拭き峠9:05―(0:15)―>大洞谷源頭9:20―(0:10)―>四合目9:30―(0:15)―>五合目見晴台9:45―(0:15)―>六合目10:00―(0:10)―>七合目10:10―(0:35)―>経塚山10:45―(0:15)―>11:00霊仙山山頂11:15―(0:15)―>経塚山11:30―(0:10)―>避難小屋11:40―(0:20)―>井戸ヶ洞12:00―(0:20)―>漆ヶ滝12:20―(0:10)―>広畑コース分岐12:30―(0:10)―>12:40ガレ場12:55―(0:10)―>囃子ヶ坂(はやしがさか)13:05―(0:10)―>堰堤13:15―(0:05)―>登山口13:20―(0:30)―>13:50上丹生バス停14:14=(湖国バス)=>14:20醒ヶ井駅14:42=(JR東海道本線)=>14:47米原駅14:50=(JR東海道本線新快速)=>16:13大阪駅=(JR大阪環状線)=>京橋駅

醒ヶ井駅からバスには三人が乗る、名古屋から来られた男性に聞くと養鱒場経由で登るのが一般的とのこと、漆ヶ滝のコースは下りに使うことにする、彼は阿弥陀ヶ峰へ登ると言って上丹生バス停で降りて行く。

養鱒場前バス停で同時に降りた男性は?と思いつつ林道をとぼとぼと歩きだす。醒ヶ井養鱒場は「明治11年1878年日本で最も歴史のあるマスの増殖施設、霊仙山の鍾乳洞から涌出る清水を使ってイワナ、アマゴ、ニジマス、ビワマスが育てられ【日本の渓流魚の里】になっている」

養鱒場にはキャンプ場もあり数台の車が停まり、子供達の声が聞こえる、林道歩きは辛い、沢を遡及する辺りは涼しいが、登山口1.9㌔地点を過ぎると沢から離れ、日差しの強くなる、砂利道になるが直ぐにまた舗装、左から流れ出す沢を横切ると小屋が建っている。

小屋から10分ほど進むと霊仙山登山口に着く、二台の車が停まり、途中追い越して行った車も停まっている、二人の男性が準備中。

P11101591

立派な東屋の建つ登山口

登山口には立派な東屋と案内板がありコースを確認し、薄暗い登山道を進むと、樽ヶ畑に着く、山小屋の奥に水場があり、ビール・ジュース等冷やされている、ここから本格的な登山道が始まる。

ジグザグに急な道を登る、汗拭き峠で先行した男性んに追いつく、この後登って来ないので彼は西南尾根を行ったようです。

P11101681
美林に囲まれる

大きな岩の間を抜けると、美しい自然林に囲まれる、気持ちの良いコースになる。

紅葉時期にここを通過すると、美しいだろういなと思いつつ、、。

P11101701
木に絡みつく白い花!

平坦になって直ぐ、ジグザグに登るようになる、やがて明るい斜面に出る、ガスで展望は無い。

P11101751
明るい斜面、ガスで展望は無い

六合目、長い芝の株に腰を降ろし休憩、涼しい風が嬉しい所です、この辺り草木は鹿に食われほとんど伸びていない!七合目のお猿岩、ここは左に大きく曲がって広い高原を進む、岩場のピークを越えて行く。

P11101771

岩場が続く

下りになって、ガスの中に霊仙神社が現れる、ガスのせいかとても神秘的な光景です。

P11101811
霊仙神社&お虎ヶ池

霊仙神社&お虎ヶ池から短い登り、しばらく岩のゴロゴロ道を緩やかに登り、平坦になって左に沼を見る、ここから経塚山に向かう、岩場のピークが経塚山。

鞍部まで一気に下って、雄大な斜面を登り詰める。

P11101901
霊仙山への登りは雄大な斜面を登る

最高点分岐を見送り、真っ直ぐ霊仙山山頂に向かう、独占の山頂で昼食、時々切れるガスの間からの展望は素晴らしい。

P11101931
訪れなかった最高点を望む

戻って最高点の分岐を見送り、経塚山との鞍部に下ると、一面晴れてくる、最高点に立寄らなかったことを後悔!

その分経塚山山頂で展望を楽しみ、下りにかかる、避難小屋に着くと家族に出合う「ヒルにやられた、、」となげく、ここから急降下、平坦になって短い尾根道があり、左折し下りになる。

P11102011
薄暗い沢沿いの下り

美しい渓谷が次々と現れる、ヒルに噛まれない予防は、水に靴のまま足をスッポリ漬け匂いを消し、休憩は日の当たる所と決める。

P11102051
井戸ノ洞

どんどん下ると漆ノ滝の展望所に降り立つ。

P11102071
漆ノ滝

続いて急坂を下ると沢に出合う

P11102091
沢出合

ここは渡渉する、危険な所では無い、ここで頭から水を掛け冷やす、さらに下るとくぐり岩をくぐる。

P11102111
くぐり岩

くぐり岩を過ぎると、ようやく険しい道は終わる、大規模なガレ場に出る、ここならヒルもいないし、ゆっくり休憩ができる。

P11102121
ビックリの光景のガレ場

これよりしばらく沢に水が流れていない、??の光景が続く。

P11102161
綺麗な沢底が続く

囃子ヶ坂を過ぎると堰堤、堰堤の建設に使った林道を下る、登山口、駐車場も有る、上丹生バス停1.9㌔地点を過ぎ、20分ほどで売店の横にある上丹生バス停に着く 13:50 次のバスは14:14 定刻にやって来る、14:20醒ヶ井駅着

米原駅まで出ると、姫路方面への新快速に乗れば直通で大阪に戻れる、、。

わたしの天気予報

« 嵐山から愛宕山 | トップページ | 権現山から蓬莱山 琵琶湖バレイ!琵琶湖を眺める稜線歩き »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

初めて投稿させていただきます。

遠くまで山歩きされてる健脚さんですね。

霊仙山へ公共交通機関を使って行きたいと検索しましたらこちらにヒットしました。
早朝米原へ6:36に行ける手段は前泊するとして、おばちゃん一人で醒ヶ井養鱒場から霊仙山まで往復したいです。
道は迷わず行けますか?
この時期に行って見たいです。

普段は六甲山、武奈ヶ岳などへ日帰りしています。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

霊仙山、迷うことはありません、道標はしっかりしています、漆ヶ滝のコースを登りにと思っていましたが、バス停で出会った男性に、養鶏場の方から入った方が良いとの事で変更しました、最初の林道歩きはちょっと辛いけど、この季節林道の方が温かく、下りの時刻には漆ヶ滝辺りも日が差込み暖かいでしょう、私と同じ工程をお勧めします。
私の寄れなかった霊仙山最高点に登ってくださいネ、そしてレポートをこの掲示板に、、。楽しみにしています。週末(11/26-27)の琵琶湖周辺の天気予報は太陽マークですね!

fumikaiさん、返信くださってありがとうございます。

方向音痴&鈍足の私ですが、行けそうな気がしてきました。
前泊は・・子供と交渉してみますが・・うまく行ければご報告いたします。
どうもご助言くださってありがとうございます。
●●しーちゃんの山登り紀行読ませて頂きました、今年4月下旬から9月下旬まで京橋に出張でした。運良く、しーちゃんとは出合わなったものですね、蓬莱山・武奈ヶ岳・釈迦岳・リトル比良・赤坂山、、辺りで接近していても可笑しくないですものネ。
高見山の帰りバスの運転手さんに、8月三峰山へバスが今年初めて運行なんて話が有り、登りましたよ、樹氷登山で人気なんですね!
金剛山から紀見峠縦走、古光山から曽爾高原、大洞山から尼ヶ岳、、、等のミニ縦走も楽しかったですね、最後は京都の寺巡り:下鴨神社から金閣寺、、、嵐山まで徒歩で回ってきました。
関東から東北にお出かけになるチャンスが有れば、山ならどこでもご案内しますよ!

26日昨日、霊仙山、無事に帰れました(笑)よ。

fumikaiさんのオススメコースのお陰で実行出来ました、
しかし、健脚のfumikaiのようにスタスタとは行かず、トロイ私はすごく時間がかかってしまいました。

山頂11:45は良しとして、12:13下り始めりでオロオロ。
道はドロンコ、細くて滑りそうだし、落ちてもだれも助けてくれないな~、でゆっくりでした。
長いですね!孤独な下りで集中力切らさずです。不安で・・

16:30上丹生バス停でした。
抜群の景色☆、面白いコース☆で一辺に好きになりました。

上丹生から登る方がいいかもしれませんね、上りにロングコースを使う方が楽かも。
未知の山域に入れて良い体験でした。

fumikaiさんは関東在住なんですか!
お会いする機会も無いかもしれませんが、もしどこかでお会いできればよろしくお願いします。
遠出したことがなくて、来年こそ北アのどこかへ行けたらと夢があります。
ネットは有難いですね。こうしてお話出来ますから。
ありがとうございました。
●こんにちは、早速ご報告ありがとうございます。今年たまたま大阪長期出張があって、関西の山を週末歩くことができ、こうして掲示板でお話ができる機会が生まれましたね!
筑波山の近くに住み、今日は友人が娘さんと彼女のお友達を連れやって来ました、筑波山の穴場コースをご案内、大喜びして頂きました。関東に来られるときはご連絡ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/41011235

この記事へのトラックバック一覧です: 霊仙山 醒ヶ井駅から養鱒場を経て:

« 嵐山から愛宕山 | トップページ | 権現山から蓬莱山 琵琶湖バレイ!琵琶湖を眺める稜線歩き »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ