« 信貴山 大阪府と奈良県の境、金剛山の展望も素晴らしい | トップページ | 高見山 高見山も二度訪れているらしい(登ったとは思えないが!) »

2011年8月16日 (火)

大洞山&尼ヶ岳

撮影2011/8/12

P11106651
尼ヶ岳から大洞山を臨む

コース

京橋駅5:54=(JR大阪環状線)=>鶴橋駅5:19=(近鉄大阪線)=>6:50名張駅7:25(土日なら10:10が始発)=(三重交通バス)=>8:20F南出口―(0:00)―>中区橋8:20―(0:10)―>大洞山・東海自然歩道標識8:30―(0:15)―>蔵王公園8:45―(0:10)―>林道出合・8:55―(0:15)―>大洞山登山口9:10―(0:10)―>一回目のベンチ9:20―(0:10)―>二つ目のベンチ9:30―(0:15)―>尾根道9:45―(0:00)―>9:45大洞山山頂・雌岳(標高985㍍)9:50―(0:15)―>10:05大洞山・雄岳(標高1013㍍)10:10―(0:10)―>旧林道出合10:20―(0:05)―>四ッ峰(標高894㍍)10:25―(0:10)―>スカイランドおおぼら分岐10:35―(0:05)―>倉骨峠10:40―(0:10)―>四差路・大タワ10:50―(0:20)―>桜峠・高尾と尼ヶ岳分岐11:10―(0:15)―>11:25尼ヶ岳山頂(標高958㍍)11:35―(0:05)―>高尾分岐11:40―(0:05)―>桜峠・高尾と尼ヶ岳分岐11:45―(0:10)―>大タワ・下太郎生まで3㌔地点11:55―(0:10)―>沢出合12:05―(0:05)―>林道出合12:10―(0:10)―>二本の沢出合12:20―(0:10)―>橋渡る12:30―(0:05)―>旧ワサビ田12:35―(0:00)―>赤い橋12:35―(0:05)―>12:40下太郎生バス停15:13・=(三重交通バス)=>名張駅

F南出口バス停は終点の敷津の手前、バスの進行方向とは逆に数㍍進み、右に曲がって下る、ちょっと道が不明、地元のおじいさんがひょっこり歩いて来る、聞くとこの橋が名張川に架かる中区橋、ずいぶん古い橋で、この橋を渡って左に行くと道標があると教えてくれる。

同じバスでやって来た、若者が凄いスピードで抜いてゆく、桜峠経由で高尾へ抜ける勢いで、この後出合いませんでした。

おじさんが教えてくれた通り、大洞山への道案内は続く、坂に取付いてまもなく、右に東海自然歩道の道標があり、ここに取付く、大タワ6.0㌔・尼ヶ岳7.0㌔と示している、そして杉林の薄暗い道に入る、次のY字路は右は古い近道、左の道を行く、美林が続き、足元は石畳、苔が着く石畳は良く滑る、数回曲がり登れば平坦になって、トイレ、水場がある、さらに直進、再び石畳、ここも良く滑る、こんどは広いキャンプ場のような広場になる、蔵王公園だろう。

P11106471
東屋、ベンチが並んでいる

林道八知太郎生(やちたろうお)線に合流、真夏日、木陰は半々の林道、この道は近畿と東海自然歩道が重なっている。やがて少し下ると、大洞山登山口が有る、山頂まで0.8㌔、石畳の登り、急坂、一歩一歩登る、最初は薄暗い杉林だが、しだいに明るい雰囲気になってきて、休みたいところにベンチが置かれている。

P11106501
上を見たくない石畳の急登

更に急登は続き、筑波山の裏山にある薬王院コースの木の階段も凄いが、ここは長い!この石は何処から運んだのか、周囲の斜面にも石は転がってはいるが!

木々の間から展望が少し見えだし、二つ目のベンチに着く、こんな立派な石段を良く作ったものである、この石段の急登は、先週登った古光山の急な斜面を登るよりは楽ですが!

だんだん緩くなって、左に高い山が見え、稜線に飛び出る、登山口から標高差250㍍急登が終わり、大洞山(雌岳)山頂(標高985㍍)、細長い山頂は素晴らしい展望です、目の前に倶留尊山と曽爾高原が美しい。

P11106511
雌岳からの展望

丸太の階段を下り、良く風が通る杉林、27°程で涼しい風が吹く、一つピークを越え、左は杉林、右に倶留尊山と曽爾高原を見ながら登ると、雄岳(標高1013㍍)に着く。

P11106551
大洞山雄岳

雄岳山頂は右側の展望が良く、倶留尊山と曽爾高原の方は良く見えない、少し先に向かうとベンチが有り倶留尊山と曽爾高原の展望が素晴らしい、ここで昼食。

下りになって、木の根を頼って下ると、尼ヶ岳に寄って、ピストンで大洞山に登って来る男性に出会う、尼ヶ岳の方は簡単だったらしい、まもなく林道に出合い、ピークを越えると、木陰にベンチがあり、直ぐ先に四ッ峰(標高894㍍)の標識がある、大きな岩がピークを囲んでさらに雑木林が全体を囲む、踏み跡は明確でなくリボンが頼りです。

P11106581
四ッ峰周辺は大きな岩がゴロゴロ! 大洞山も尼ヶ岳も
室生火山群の一部である

そのリボンを頼りに抜け、続いて下り、右方向「スカイランドおおぼら分岐」を見送り。倉骨峠で林道に出合う。

この倉骨峠には駐車場があり、車の場合、下太郎生バス停から車で入り、ここから尼ヶ岳と大洞山を往復するようです。

横切って尼ヶ岳の方向へ、ピークを越え、大きく石段を下って、大ワタの四差路、ピークを越え、丸木(偽造の木)の階段を登る、しばらく階段を登ると、桜峠と尼ヶ岳分岐、後0.3㌔、とんでもない急斜面を木々に頼って登り詰めることになる。

P11106641
曼珠沙華?

ここから300㍍の落差を一気に登る心臓破り坂、途中で振向くと大洞山の雄雌の雄姿が美しい。

P11106651
大洞山の双耳峰

ようやく登り詰めると、広い尼ヶ岳山頂(標高957㍍)は大展望、伊賀富士と呼ばれている優雅な山です。

P11106691
尼ヶ岳の広い山頂

広い山頂からは桜峠方向に下る、期待したが、登った道と同じように厳しい坂、こちらは丸太の階段です。

桜峠・大タワの分岐から大タワへ、東海自然歩道は桜峠・高尾へと向かっている。

P11106721
今日一番のルンルン気分の道は自然林

自然林に囲まれたトラバース道が、登った時の分岐まで続く、分岐から大タワに下って、ひたすら下太郎生へ、この後登山道は林道を横切っている、二つ目の林道を横切ると、沢沿いに下り、中沢に出合い冷たい水で顔を洗い一休み、頭から水をかぶりスッキリ、次の林道も横切る、綺麗な水が流れ、二つの沢が合流する地点で林道歩きになる。

桜峠と大タワ分岐で別れた富士見峠経由の道が合流、旧ワサビ田、橋を渡って、12:40下太郎生バス停に着く、土日なら14:13が有るが今日は15:13まで無い。。。仕方なく次のバス停、、と歩き名張川で水遊び、体を拭き、着替え、ひたすら、バスを待つ。

バスは定刻にやってくる。

HP:わたしの天気予報

« 信貴山 大阪府と奈良県の境、金剛山の展望も素晴らしい | トップページ | 高見山 高見山も二度訪れているらしい(登ったとは思えないが!) »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/41222563

この記事へのトラックバック一覧です: 大洞山&尼ヶ岳:

« 信貴山 大阪府と奈良県の境、金剛山の展望も素晴らしい | トップページ | 高見山 高見山も二度訪れているらしい(登ったとは思えないが!) »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ