« 綿向山 初心者にお勧めナンバーワン | トップページ | アジサイの咲く 三室戸寺 »

2011年8月 1日 (月)

金剛山 大阪府最高峰で人気も最高

撮影2011/7/24

P11105391
葛木神社 ここが最高峰?

コース

京橋駅=(JR大阪環状線)=>大阪阿部野橋駅6:20=(近鉄)=>6:20古市駅6:23=(近鉄)=>6:40河内長野駅7:15=(南海バス)=>金剛山登山口バス停7:45―(0:10)―>千早城跡7:55―(0:15)―>四合目8:10―(0:10)―>五合目8:20―(0:05)―>六合目8:25―(0:15)―>八合目8:40―(0:15)―>金剛山山頂(標高1125㍍)8:55―(0:15)―>夫婦松9:10―(0:05)―>葛木神社9:15―(0:05)―>葛城山分岐9:20―(0:15)―>展望台9:35―(0:10)―>キャンプ場9:45―(0:00)―>Y字路分岐9:45―(0:25)―>久留野峠10:10―(0:10)―>中葛城山(標高938㍍)10:20―(0:15)―>高谷山(標高935㍍)10:35―(0:25)―>千早峠(ちはやとうげ)11:00―(0:35)―>行者杉11:35―(0:20)―>杉尾峠11:55―(0:20)―>ダンボ山12:15―(0:20)―>西ノ行者堂12:35―(0:25)―>13:00長い丸太の階段13:05―(0:05)―>山ノ神13:10―(0:30)―>民家13:40―(0:15)―>13:55紀見峠駅14:18=(南海高野線)=>14:58新今宮=(JR大阪環状線)=>京橋駅

河内長野駅前、着いたときはガラガラ、発車10分前になると行列になり、数人が立ちスタートする、聞くとほぼ全員が金剛山に登る人達とのこと、若い人は数人。

P11105231
金剛山登山口バス停を振り向く、もー誰もいない

 

 

更に聞くと、「このバスは金剛山登山口を経て金剛山ロープウェイ前行きで、金剛山登山口バス停で大勢降り、終点の金剛山ロープウェイ前バス停まではガラガラ」とのこと。

 

河内長野駅前を発し、ぐんぐん高度を上げるようになると、千早大橋バス停で若人が降り、金剛山登山口バス停、降りた人がアットと言う間に見えなくなって、56人だけがのんびり歩き出す。

 

バスが金剛山ロープウェイ前へ進む方向からちょっと引き換えし、右折し坂を登ると休憩場・トイレなどあって急いだ皆さんは、ここに立寄っているらしい、この結果後発の私達が先頭に発つことになる(笑)。

 

 

P11105241
広い車道の様な道が千早城跡まで続く

ところどころ、山頂まで道祖神の笑顔が見れる、大きな堰堤がありちょっと変わった作りです。

P11105251
道端の堰堤

千早城跡を過ぎると、ここから山頂まで切れずに木の階段が延々と続きます。

P11105261
階段を常に安全に補修されている!

今日も壊れた木段を修理してくれている、なんでも金剛山は個人の持ち物らしい!
五合目の避難小屋(休憩小屋)辺りが一番辛い所です。

P11105271
五合目

、、六合目と数えながらようやく八合目になるとブナ林が現れホットする。

P11105291
八合目から山頂広場まで美林のブナが続く

何処が山頂かわからない、聞くと展望広場が山頂らしい、ハイカーで賑わう、広場の右上の見晴が良いとのこと登って見たがガスって瀬戸内海を望めない。

P11105361
転法輪寺

ひさご池、転法輪寺と回って、紀見峠方向に登って行く、大きな夫婦松、最高点の葛木神社(葛城山と一文字違います)に登り最高点を確認する。

P11105381
夫婦松

葛木神社から下りになる、この辺道案内が無い、仁王杉などの大木の杉林を見て、その先に一ノ鳥居、葛城山分岐(水越分岐)と続き、紀見峠へと向かう、林道のような広い道が延々と続き、ゆるやかに下っている、涌出岳は見送り、先に進むと、右に展望台があり立ち寄るがガスの影響で展望は霞んでいる。

P11105431
展望台

ピクニック広場を通過し、続いてキャンプ場を過ぎ、次のY字路で右の道はロープウェイ方向へ下っている、ここは左に入る、かなりの急坂を登るが土道で嬉しい、ピークにベンチが置かれている、紀見峠10.2㌔・金剛山1.8㌔地点、ダイヤモンドトレイが続く、ピークから急降下、大勢の登山者が登って来る、鞍部が久留野峠で薄暗く狭い所です。

登り返しが10分ほど続き、登り切ったところが、中葛城山山頂、山頂らしくない平坦なピークです。

P11105481
中葛城山周辺

のんびりとしたとても気落ちの良いところ、ここからゆるやかに下って、左の展望を見て、再び杉林に入ると展望は無くなる。

上下を数回繰り返したピークが高谷山、道標だけの展望の無いピーク、直ぐ先が明るいところでベンチはあるが、先へ進む、千早峠まで急坂が続く、これから金剛山を往復し紀見峠に引返すとい強者のお嬢さん!に出合ってビックリ。

荒れた道の急坂は後にも先にもここだけ、千早峠に着く、男性が昼食中、先に進むと彼は直ぐに追いつく、聞くと大阪城の近くに住み、毎日周辺で体を鍛えては山にやって来るとのこと、また大阪城で民謡の世話役もされているとか!ここから紀見峠まで案内してくれる、一度迷いそうな分岐があり助かりました、それに楽しいお話を聞かせてくれ楽しい縦走路になりました。

P11105531
行者杉

まもなく行者杉、広場になっている、続いて杉尾峠、杉林の中を上下無くたんたんと少しづつ下る道が続く、ショウジョウバカマの群落、ダンボ山を通過、続いて西ノ行者堂が最後のピーク、鉄塔が左に見え、彼は立寄る様子もない、まもなく木段の長い長い下りになる、、以前はもっとピッチが広く大変だったらしい。

P11105571
750段あるとのこと

下り切ると金剛山から初めての沢に出合う、水場と言えるかどうか?

山ノ神はまもなく、右はダイヤモンドトレイで岩涌山に向かう舗装道路、私達は左の細い道に入る土の道。

広い道路に出て、横切ると、紀見峠1.4㌔地点の道標、登山道を下り切ると林道に出る、右折し急坂の林道を下る、ここは車も通れないほど傾斜が強い、左に竹やぶ。

P11105621
絵になる風景

ようやく花が植えられた畑から民家に出て、迷いそうなT字路で右折、さらに登って、峠を越え、下りトンネルをくぐると、紀伊見壮が見えるが休業中!

P11105641

紀見峠駅

橋を渡ると紀見峠駅は直ぐ、向かい側のホームに二人、こちら側三人の乗客、まもなく高野山方面から電車がやって来る!

HP:わたしの天気予報

« 綿向山 初心者にお勧めナンバーワン | トップページ | アジサイの咲く 三室戸寺 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/41034568

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛山 大阪府最高峰で人気も最高:

« 綿向山 初心者にお勧めナンバーワン | トップページ | アジサイの咲く 三室戸寺 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ