« 新神戸駅から摩耶山 | トップページ | 大文字山 下山後は銀閣寺から高台寺を経て清水寺へ! »

2011年10月 2日 (日)

榛原から大又:薊岳&明神平 下山は明神谷を下る

撮影:2011/9/23

P11201201
薊岳から明神平へ

コース

JR京橋駅4:54=(JR大阪環状線)=>鶴橋駅5:18=(近鉄大阪線)=>6:35榛原駅7:28=(奈良交通バス)=>8:40大又バス停8:40―(0:35)―>一個目の沢崩れ9:15―(0:15)―>二個目の沢渡渉9:30―(0:05)―>三個目の沢ダムの様に!9:35―(0:45)―>杉伐採地・大鏡池10:20―(0:20)―>一つ目のピーク10:40―(0:20)―>大展望地点11:00―(0:15)―>薊岳11:15―(0:25)―>一個目のピーク11:40―(0:10)―>二個目のピーク11:50―(0:30)―>前山12:20―(0:10)―>12:30あしび山荘12:35―(0:25)―>崩れ地明神谷出合13:00―(0:10)―>明神滝13:10―(0:05)―>狭い沢幅13:15―(0:00)―>綱渡りの渡渉13:15―(0:05)―>綱渡りの渡渉13:20―(0:10)―>沢になった登山道13:30―(0:05)―>二本の綱で渡渉13:35―(0:05)―>林道出合13:40―(0:00)―>鉄の橋13:40―(0:05)―>13:45工事現場の河原13:50―(0:15)―>登山ポスト14:05―(0:40)―>七滝八壺14:45―(0:05)―>14:50大又バス停=(車)=>15:20やはた温泉16:18=(奈良交通バス)=>17:20榛原駅17:31=(近鉄大阪線)=>鶴橋駅=(JR大阪環状線)=>京橋駅

大きな地図で見る

先週は台風の大雨で、大又行きは運休、昨日電話を入れると崩れ地の復旧も終わり運行が開始とのこと早速出かける。

登山者は私と男性1人、バスの運転手さんは関東出身の方で話が進む、東吉野村役場を見て、三尾、大豆生、大又の手前で麦谷バス停による、この麦谷方向から土砂ダム後から流れ出る泥水が川の水を汚している、分岐に戻って大又方向に入ると川の水は綺麗です。バス停は笹野神社の前にあり、バスの車庫もある。

整理すると麦谷川と大又川は麦谷口で合流、麦谷川に土砂ダムができてしまったようです、これから登る薊岳はこの二つの川に挟まれるが、下山時の明神谷は大谷川の源流で綺麗だとい証になる。

P11200811
笹野神社の横の道 ここを入る

大又バス停からちょっと戻ると、笹野神社の境内に入らず、左側に登山道がある、台風の爪痕の掃除をしている人にお聞き判明する、直ぐに広い林道に出る、登って行くと侵入禁止、登山者はここに入る。

幅の短い道、仮舗装の跡が流されずたずた、足元には右の杉林から水が流れ出ている、数か所沢のように流れ出る流れを横切ってゆくと、乾き歩き易くなりホッとする、しかし、道標がなくちょっと迷う、獣除けの網に沿って登るようになって、道は安定する。

P11200831
無事 渡渉

ところが、台風の増水で流された沢道を渡渉することになる、続いて杉林の沢がやっかいでした、道が完全に流され、登山道不明、仕方なく上流に登ってルートを探す。

P11200881
普段の沢の姿は解らない?

結局、沢を渡って見て登山道を発見、次は水がダムのように堰き止められた沼を左に見る。

P11200901
杉林にできた、沼

この沼を左に見て、ちょっと急坂を上ると、今夜は明神平でテント泊のお二人に出合う、足元に岩が現れ歩き難いが、ここまで来ると水の影響は全くない、安定した登山道が続く、古池辻?きっと杉に中に見えた沼があった辺りかもしれない。

地図には雲ノ平とある、きっと杉がこのように登る前は綺麗な雲ノ平であったかもしれないと思うと残念です。

この後大又バス停まで登山者の姿は見かけません、この長い杉林の登山道はすでに飽きている、台風の影響か?根こそぎ倒れている杉が有る、そして長いトラバースが続く、雲ノ平に入ってから、初めて大きく右に曲がる、すぐ左に曲がりジグザグになって、杉の伐採地に着く、大鏡池、期待の湖風景は無い、大鏡神社が登山道から離れた位置に立っている、立寄らず、先を急ぐ。

P11200921
大鏡神社?

広く登山道の踏み跡が明瞭ではないが、尾根道を行く、右に谷の向こうに山々が見える、脈々と続く奈良の山々ですかね。

ブナが現れるのだが、伸び放題の杉に大木にいじめられて美林のブナの面影が消えつつある、どこにでもこのような光景を見るのが辛いですね。

踏み跡の薄い道を時々現れるリボンで確認し前進する、ピークに登ると登山道は一本化され迷うことは無い、だんだん、美林のブナ林になる。

P11200961
美林のブナ  苔が根元を飾る

小さなピークの陽だまりで休憩、周囲の木々の葉が台風で吹き飛ばされ紅葉狩りは楽しめないかも知れない。巨岩が多くなって、シャクナゲの多い釣尾根に変わる、

P11201051
大展望が飛び込む

大展望の尾根道に出る、少し下って、再び登る道は細尾根の岩場。

P11201061
岩場の細い道が続く

急坂をグイグイ登る、展望もぐんぐん良くなる、吊尾根のピーク。

P11201081
この岩の上が薊岳

このピークが薊岳、大展望、但し、関西の山登りは浅い経験者でご説明できません。

P11201111
大展望を楽しむ

ちょっと寒い風、先を急ぐ、長い尾根道が明神平まで続きます。

P11201171
素晴らしいブナに囲まれた尾根道

ルンルン気分、ただ、台風で吹き飛ばされた木々の葉は紅葉狩りに影響しますね!ピークを数えながら越えて行くが、大きな登りは無い、二つ目のピークを過ぎると尾根が二つ並ぶ二重尾根、三つ目は軽く過ぎ、四つ目はキツイ、目の前に明神平が広がり前山です。

P11201331
前山から明神平を眺める

眼下にあしび山荘を見て下る。

P11201341
あしび山荘

明神岳分岐をあしび山荘へ、山荘の周囲には案内がなく、山荘を一周し、裏に回って、明神谷への道を確認してくだる。

P11201471
この辺りルンルン気分です

綺麗に整備された登山道を下る、沢の源頭を横切る、次の沢を全く問題なく通過、次々と沢を横切って下る、崩れ地で道が無い。最初の難関!

P11201521
最初の難関

この滝を横切らないと対岸に渡れない、写真の右手前に手を突き、左下の岩場に飛び移る、渡った後滝を振り返る、結構凄い所で、ここを登るのは無理ですね!

P11201531
美しい、見ているだけなら!

続いて明神滝、これは見るだけ、国見山を経て伊勢辻山と周遊コースがあるがここはやはり明神谷を下る方が遥かに面白い。

P11201591
明神滝

ゴウゴウト流れ落ちる明神滝、登山道は直ぐ横を通過!次々と現れる滝群!

P11201611
今にも崩れそうな沢底

一度沢床に降りる、今まで続いた登山道は消え、迷路!

それでも対岸に道が見える。

P11201651
一番幅の短い所を飛び越える!

危険だが綺麗です、続いて一本綱を頼って渡渉

P11201691
一本綱を頼る

綱の安全性というか、ぴんーっと引っ張って自分の体重をかけ、大丈夫か綱の根元を確認し、足を沢にそのまま入れる、頭が触れない様であれば安全に渡渉可能です。

P11201711
ここは上から下る

中央から左に下る所です、足は思い切り水に入れ足場を確認して、四足で左手前に飛び移りました!

P11201751
登山道は沢に!

上の写真は登山道が沢に、きっと本流が土砂に埋まり、ここに溢れだしたのでしょう!
写真には写っていませんが、下記の写真の様な小屋がつぶれていました!

P11201761
同じ様な小屋が、上流ではつぶされていた!

ここまで来てほっとして進みますと、今度は二本綱が貼ってある、やな渡渉でした!

P11201781
ここを渡渉する

手前から向こう岸へ渡ります、中央に岩が有り、手前で扱けたら、この中央の岩が命を守ってくれると信じ、綱に取付きます、複数本の綱の場合でも一本に集中し、他の綱はあくまで補助としないとだめです、渡り出してから綱の役目を変えないことです。

中央の岩の向むこうに着いたときは、右の大きな岩が頼りでした!

P11201811
林道出合

この景色と足元の安定感!なんんとも言えません、林道に出て、直ぐに左に橋があり渡り、下ると河原にでます、なんとここで登山道はプツンとキレ、崩壊しています、谷底で戻る以外無いのかとちょっと焦りましたが。

工事中、ならば、工事の人も歩いているだろと、沢の左側を下ります、腰から下はびしょびしょ!

P11201871
向かって左を下る

右の本流は絶対無理、うまい具合に、左にコースが有る、決して登山道ではありません、崩壊し登山道と林道は流されていました!

P11201881
下って振り向く

この辺り崩壊で崩れ、重機が一台必死で別コースを作っていましたが、人間の技を越えた作業に見えましたが、プロの重みを感じ現場を去りました。

P11201931
空しい、登山届ポスト

登山ポスト、最近は何時投稿されたのでしょうか?車上狙者もここまで入れません。

美しい滝が両側から流れだし綺麗です。

P11201961
夫婦滝?

そして観光名勝の七滝八壺を見学、林道から数分入るだけです、

P11202011
七滝八壺

明神滝群を見てきた後だけに、ちょっと期待薄でした。

P11202031
七滝八壺

それでも水量が多く圧巻!

大又バス停に着くと笹野神社で木が倒れ伐採中、ここまでバスが入れないので、一つ先のバス停まで神社の関係者の方が送ってくれるという、つでに、やはた温泉まで送っていただく、のんびり次のバスを待つ。

わたしの天気予報

« 新神戸駅から摩耶山 | トップページ | 大文字山 下山後は銀閣寺から高台寺を経て清水寺へ! »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

長かった大阪での生活でしたが、沢山の山々に登られましたね。
そして私もレポート楽しみました。
大又:薊岳は、台風の影響でハラハラドキドキの連続でした。
またレポート楽しみにしています。
♡関西生活は終わり、帰宅途中京都で一日ウォーキング寺周りを、二つの大文字山の間に、清水寺、銀閣寺、下鴨神社、金閣寺、ニ和寺、、、●●道が各寺を結び、のんびり歩けます。2011/10/1のレポートをご覧ください!

任和寺の庭園ですね。
何度いってもあわただしく見学する事が多かったですが、いつかこのコースをゆっくり歩いてみたいです。

明神は大変なことになってるんですね。
とても行けません。
●紀伊半島に居座った台風の影響ですよ!山頂に☆☆大学の山荘が有るから、多分、一般道も整備されたかと思いますが、摩耶山さん歩さん!お一人で入らないでくださいネ、、、。と言っても素晴らしい山で、印象深い山でした。
近くの高見山、三峰山、、大台ケ原(二度目)など、何度訪れても良いかな!是非安全を確認し明神渓谷を歩いて下さいネ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/42204537

この記事へのトラックバック一覧です: 榛原から大又:薊岳&明神平 下山は明神谷を下る:

« 新神戸駅から摩耶山 | トップページ | 大文字山 下山後は銀閣寺から高台寺を経て清水寺へ! »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ