« 筑波山は秋モード | トップページ | 秋モードの雨巻山 »

2011年10月 8日 (土)

半年ぶりの宝篋山

撮影:2011/10/7

P11207421
トリカブト    伐採されたヤブに可憐に咲いていました!

コース

宝篋山小田休憩所駐車場8:35―(0:20)―>沢の小道入口8:55―(0:05)―>宝命の泉9:00―(0:30)―>尖浅間山9:30―(0:35)―>宝篋山山頂10:05―(0:25)―>大峰平展望台入口10:30―(0:15)―>純平歩道分岐10:45―(0:45)―>11:30宝篋山小田休憩所駐車場

P11207151
里山の農道

静かなスタートは田んぼ道、ススキ、ノギクが秋を告げている、既に稲刈りは終わって今が一番静かなとき!

無人の農道をのんびり、まもなく、大きな池が右に現れる、田んぼを離れ、樹林帯に入れば、沢に沿って歩ける沢の小路入口、小さな沢だが、何度か渡渉点があって面白い、小さな滝が幾つも姿を見せてく、9時を回っているのに、滝の流れに光が入らない、キラキラ光った綺麗なのにちょっと残念。

宝命の泉、大きな岩の下から湧水が流れ出る、巨岩の天狗岩、沢を離れると、沢の小路を通過しない道と合流する、最近みなさん、沢の小路の方が本道より一段上と認めている。

純平歩道の分岐から、傾斜が大きくなる、この辺り薄暗い杉林、ジグザグに登って、杉林から雑木林に変わると、傾斜は一段とキツクなり、尖浅間山と尖浅間山の巻道分岐になる。

直進して登り切ると、尖浅間山の巨岩に到着。

P11207331
尖浅間山  大木の桜&巨岩

晴れていれば、関東平野の向こうに富士山が雄大な姿を見せてくれる、霞が広がって関東平野も良く見えない、それでも天気予報は快晴である。

一旦下って登り返すと野鳥の森、野鳥というより、木々の美しい峰です、野鳥の声は多くはありません、野鳥の時期では無いのかもしれない。

杉林まで一気に下り、イノシシの掘り起した登山道を緩やかに登り、樹林から抜け、右に折れ登ると、登山道の横に巨岩、ここも富士山の展望が良い所。

桜の木々が多く、休憩用のベンチが幾つも置かれている、林道の様に広い道を緩やかに登る、この辺り樹木の種類も多く、大きなモミの木まである。

P11207361
立派なモミの木!

木々に名札が付けられ、何時も覚えようと記憶をするのだが、数歩歩くと忘れてしまう、またここに来れば覚えられる、、、そんな繰り返した。

広場に着く、バイオのトイレ、山頂まで100㍍、素晴らしい樹林を抜けてゆく。

P11207371
ブナ、コナラ、、ツツジが多い

小田城コースが合流し、急坂を上ると鳥居が見え、この鳥居を越え振向くと富士山が鳥居の間に見える所です。

P11207381
山頂手前の鳥居

鳥居を潜ると、筑波山が綺麗に望める、その右奥が加波山です。

P11207391
筑波山を望む

展望を楽しみ、小田城コースを選択、真っ直ぐ下る、ツル状の枝を持つトリカブトが咲いている、ちょっと珍しいタイプですけど。

この下り坂は結構登りにはキツイ、下りは滑らないように!下り切ると三差路で、左はバイオのトイレのある広場経由で山頂。

ここは右に下る、宝篋山登山道のコースは何本かあるが、このコースが一番古いようで、安てしているが、極楽寺コースなど比べ沢沿いの道ではなくちょっと寂しいが、登山道はしっかりしており、一番ポピュラーです。

どんどん小田城コースを下る、大峰平展望所入口、入って見ると樹林の中、まもなく大峰平展望台に着くが、展望は見当たらない。しばらく古く荒れた道を下ると、小田城コースに再度合流する、そして純平歩道分岐。この後、ちょっと露岩のところもあるが問題なし、平坦な道になって、ここが堂平、しばらくのんびり歩け、このコースの楽しみの所です。

後は宝篋山小田休憩所駐車場を目指す訳ですが、まもなく四差路で、右に細い道を登ると、小さなピークで冨岡山展望所、三個の小さい椅子が置かれている。宝篋山を挟んでちょうど尖浅間の反対側の小さいピークだが、ここも富士山が良く見える所です、振向くと宝篋山は遠い山になって見える、筑波山の双耳の姿が印象的で立ち寄りたい展望台。

登山道に戻り、小田城コースから離れ、要害展望所へ向かう、ここも平坦な路でのんびり、途中二箇所展望所がある、小田不動尊への道と分れ、杉林を登ると、要害展望所、冨岡山展望所の方が広角な展望ですが、ここも関東平野が一望、ベンチや展望台が置かれ、休憩にはベスト!

岸壁の淵を巻く道を進む、巻き終わると、急降下、ここは大変ですが、面白い所でもある、途中岸壁が良く見えます。

P11207471
大師堂

下る途中に宝篋山小田休憩所駐車場への道、左折すると、大師堂で、可愛い仏像が並んでいる、背の高い笹に囲まれて宝篋山小田休憩所駐車場の案内に従うと、宝篋山小田休憩所駐車場は直ぐです。

わたしの天気予報

« 筑波山は秋モード | トップページ | 秋モードの雨巻山 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/42364588

この記事へのトラックバック一覧です: 半年ぶりの宝篋山:

« 筑波山は秋モード | トップページ | 秋モードの雨巻山 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ