« 高尾山へ紅葉狩り 2011年秋 吊橋コース In。高尾:東海自然歩道 | トップページ | 人気の宝篋山だが!! ちょっと木々を切り過ぎかな?? »

2011年11月29日 (火)

2011年 筑波山 最後のモミジ狩り 東京からお友達がやって来る

撮影:2011/11/27

P11406851
残っているモミジの紅葉 男体山山頂直下で

常磐高速谷田部IC近くのスパー駐車場9:20⇒湯袋峠下の駐車場9:40→サワガニ説明版10:15→筑波高原キャンプ場10:55→男の川登山口11:05→延命水11:45→薬王院コース分岐12:00→富士見台12:20→12:35男体山山頂12:55→立身石13:05→13:15御幸ヶ原13:35→13:55女体山14:05→裏コース入口14:25→巨岩一個目14:35→巨岩二個目14:45→筑波高原キャンプ場15:25湯袋峠下の駐車場16:20

湯袋峠下に関東ふれあいの道を歩く登山口に真壁寄りの二台分の狭い駐車場に車を停める、東京からやって来られた友人らは既にこの雰囲気にのまれ楽しそうである、腐りかけた道標「真壁駅・湯袋峠」も面白い。

友人はりんりんロードを土浦から岩瀬間をサイクリングで往復しており、真壁駅には思い出があるらしい。

地元の人はミニ奥入瀬渓谷と呼ぶ、次々に現れる沢を横切り、沢に姿を現す小さな滝にカメラを向け楽しそうです、沢の向こうに渡って記念撮影なども、、、。

やがてサワガニの説明版のあるベンチの休憩ポイント、足元には落葉が深く積もって、ベンチには苔が生えているが、彼らはお構いなし、腰を降ろし休憩である。

ちょっとヤブを潜り、丸太の急登、薄暗い杉林、一人で歩くとちょっと不気味だが、大勢ならこれも楽しい所です。

スギ林を抜けると、古道、苔に覆われた石段である、流石にここは初めての人にとってはキツイ坂で、意外と長い、登り切ると小さな沢を横切る。

今度は左に加波山が見えちょっと展望、疲れて来た足を解す役目をしてくれる光景です、雑木林、まだまだ楽しめる紅葉に囲まれる、再び杉林に入り、丸太の階段を登れば、筑波高原キャンプ場への林道に飛び出る。

P11406751
筑波高原キャンプ場から男の川まで

筑波高原キャンプ場の前を通り、林道を緩やかに下って、一本沢を横切って、二本目の沢が女の川、ここにも登山口が有るけれど今日は先の男の川を目指す、一度広い車道に出て、さらに下ると男の川登山口で山道に入る。

P11406771
男の川

沢に沿って遡及、この沢は小さいが道はだんだん急になり、一度沢を横切り、再び沢に出合い、沢底を歩くようになり、水量が減ってくると、大きな岩がゴロゴロ、彼らは何度か浮石に足を置きヨロケル!

ようやく柄杓が見え、延命水、、、美味いかどうかは個人の判定、皆さん一口飲み、、延命を期待したかどうかは知らないが、冷たいとか、、、言いながら楽しんでいる。

ここから急登です、7,8分程掛け、薬王院コースと合流する、緩やかに登ると自然研究路の末端に着き、大石重ねで願い事を!

東屋を左に見て、石の階段を登り詰めると、遠望だが山頂が雪化粧の日光白根山がハッキリ見えてくる。富士見岩の横に着き立寄る、大勢の登山者が食事中だが岩の上は空いており立つことが出来た、時々岩の上でどかっと座り込む登山者が多い所だ!

P11406831
霞んではいるが富士山が見え!大喜び

なんだか不思議な空、下が雲・上も雲、ちょうど富士山が見える層が雲が切れ、日光連山も見え、その層に入り見えている。

山道に戻って、東屋まで登って、東屋の裏からヤブ道を使って、NHK鉄塔の横を抜け男体山へ、途中ヤブに多少は邪魔されるが問題は無い、山頂は大勢の人で埋まる、記念写真を写し、神社の裏で私達も昼食。

下山は混む、岩場の下りで、自然研究路に再び降り、筑波山のパワースポットの立身岩に案内。

P11406931
立身岩  富士見岩以上の迫力の展望台

P11406951
ちょっと天候が悪く、、、でも筑波山から富士山が見えていた!
足元は上の写真の先端、、怖いよ!危ないよ!

友人らはそれでも一番高い岩に登って写真を収める、下って御幸ヶ原、回転展望台に入った連れの若い二人が何時までたっても降りてこない、、中でコヒーブレイクである、、ちょっと疲れたのかも知れないが遅くなると日が短い時期で、、、。

P11407021
ブナ林

今度はブナ林を見て、ガマ岩では二発連続で石を乗せた友人、そして満杯の女体山に登る、ビクビクの岩場山頂は彼らにとって忘れられない体験になったであろう。

P11407071
女体山からつつじヶ丘方向へ下る

友は、面白いと言いながら下る、右に大仏岩、続いて屏風岩を見て、北斗岩を潜り、平坦になった所から筑波高原キャンプ場に下る裏道に入る、彼らにとってちょっとキツイ道だが、男の川、立身岩、女体山の岩場を経験しているので問題ない!

P11407131
一個目の巨岩では岩穴を抜ける

P11407181
二個目の巨岩にビックリして頂く!

そして、モミジの綺麗な道で記念写真。

P11407211
見事なモミジは印象的

P11407261

この道を下って良かった、美しい!疲れた友達も喜んでくれる。

P11407281
日が暮れてきた

筑波高原キャンプ場、だいぶ薄暗い、登山口の車まで足元の明るい内に着きたい、あと30分もすれば真っ暗である、なんとか明るい内に車に乗り込む、つくば市街に入ると真っ暗です、、、。今度は山野草の咲く頃同じメンバーで歩きたいと約束し別れる。

明日は思い出の重さで足が、腰が痛い人が、、でるであろう。

HP:わたしの天気予報

« 高尾山へ紅葉狩り 2011年秋 吊橋コース In。高尾:東海自然歩道 | トップページ | 人気の宝篋山だが!! ちょっと木々を切り過ぎかな?? »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
カキコ ありがとうございます。
とりあえず、、まやさんは 摩耶とかきます。魔でも 磨でも 麻でもなく、
摩耶です。

夕食後拝見しますね。

ありがとうございます。
●摩耶山の「摩耶山さん歩」で、摩耶山さん歩さん、と呼べば良いんですね!摩を魔と間違えていましたね!
摩耶山は六甲で一番人気なんですね!山形・新潟県境に月山があり、その近くに摩耶山(標高1020㍍)、山頂から鳥海山、月山、朝日連峰がそれぞれ雄大に見えます、こちらはあつみ温泉、弁財天滝、六甲の摩耶山には有馬温泉、布引滝があり、、、歴史的な繋がりが有るのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/43191470

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 筑波山 最後のモミジ狩り 東京からお友達がやって来る:

« 高尾山へ紅葉狩り 2011年秋 吊橋コース In。高尾:東海自然歩道 | トップページ | 人気の宝篋山だが!! ちょっと木々を切り過ぎかな?? »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ