« 御座替祭 つくば観光大使と登る筑波山 2011/11/1 | トップページ | 袋田ノ滝から男体山縦走 2011/11/12 袋田ノ滝の紅葉狩り モミジ以外は見頃 »

2011年11月 4日 (金)

筑波山:男の川(おのがわ)コースを登って女の川(めのがわ)へ

撮影:2011/11/3

P11308451
おのがわ

P11308751
めのがわ

筑波山の登山道を歩いた人なら男女川(みなのがわ)を横切った人は多いかと思います、面白いことに筑波山の裏側に、男体山に登るコースに【男の川】、女体山に登るコースには【女の川】が流れています、この男の川を今日は孫と登って見ました

コース

筑波高原キャンプ場手前の空地11:50―(0:05)―>男の川11:55―(0:05)―>12:00沢遊び12:30―(0:35)―>延命水13:05―(0:10)―>薬王院コース合流点13:15―(0:10)―>大石重ね13:25―(0:20)―>13:45展望台岩13:50―(0:05)―>男体山14:00―(0:10)―>立身石14:10―(0:10)―>御幸ヶ原14:20―(0:20)―>14:40女体山14:55―(0:30)―>筑波高原キャンプ場15:25―(0:15)―>女の川15:40―(0:02)―>15:42筑波高原キャンプ場手前の空地

学園方面から筑波山神社へ行く場合は筑波参道入口から、ここを真っ直ぐ走ると、つくし湖入口(薬王院コース入口)、さらに進むと左にセイコーマート真壁羽鳥店有る交差点が旧筑波ユースホテル・筑波高原キャンプ入口になっている、後は道なりに昇ると、アカマツ林になって、傾斜がキツクなる、右に林道が分れ、男の川に着く、駐車場は10台ほど停まって空き無し、さらに登ると筑波高原キャンプ入口で、ここに入ります、男の川に戻るので早目に駐車スペースを探す、一台停まっており横に愛車の分がある、孫の荷物も私のリックサックに詰め歩き出す。ご夫婦に出合う、男の川は「おのがわ」、女の川は「めのがわ」と教えてもらう、彼らは既に下山中。

今日は男の川コースを登って自然研究路を経て、男体山へ、御幸ヶ原に下って、女体山へ登り、筑波高原キャンプに下山する。

P11308461
沢遊びには快適

男の川登山口、立派な案内板があり、駐車スペースもある、登山道はこの看板の裏に細く続いている、男の川を遡及する、沢底に下って孫は沢遊び、なかなかの光景です。

P11308481
大聖不動尊の石塔

歩きだし直ぐに、大聖不動尊が祭られ歴史を感じる、ヒノキ・スギの林の薄暗い道だが、男の川は結構幅が広く、予想以上に水量も多い、沢から大きく離れずゆるやかに登ると、沢から離れかけるが、直ぐに渡渉点になる、ここから傾斜が大きくなって沢のような登山道になって、大きな岩を越えると、延命水に着く。

P11308551
延命水

御幸ヶ原から自然研究路を下って、わざわざ、この延命水を求める団体登山に出遭ったことがある、その為か太いパイプが設置されている、足場は悪い所ですが。

二人の男性が下山、延命水から薬王院コース合流点まではニリンソウなどの群生地、凄い坂で驚くほど、やがて、ムラサキシキブが実を付けて迎える合流点に飛び出る、薬王院コースに出ると登山者は多いけど、表のコースに比べると静かです。

P11308591
大石重ね

男体山方向に向かう、美林の雑木林、筑波山に車(TX筑波山麓スタンプラリーは知らない)でやって来たと言う三人の美人ハイカー、何か探しているが自然研究路の最下部なら「大石重ね」である、この上に東屋が建ち、東屋で折り返すと見逃す位置にある、自然研究路は男体山の回りを周遊する、私達は面白い右のコースに入るが、彼女らは下ってきたと同じコース(左)を引返すという、右はキツイからとのこと、確かに左より右のコースはキツイが大きな違いでは無く、面白さを考えれば、右です。

孫はピョンピョン登って行く、最初はなだらかだが、だんだん、傾斜が大きくなって、太い綱が置かれる石段は結構キツイ、この辺り大木の木々が多く美林が続く。

P11308601
すっかり秋の気配

このコースは大きな木々を上から見下ろすので、普段見れない光景です。
途中展望岩に立寄るが、天気予報は当たらず、青空は少し先の様です。

P11308631
男体山直下

登山道に戻って、石段を登り東屋の裏から男体山へ、途中NHKの鉄塔脇を通過、男体山山頂は人人で込み賑わう。

岩場の急登、途中、自然研究路に戻り。立身岩に立てば絶景、弁慶七戻りなどの巨岩には登れないがここは展望台、でも危険ですよ!

登山道に戻る所で大石重ねで出合った彼女らに再開、私達と同じ道を来たとの事、今限定で「旧筑波山郵便局で紙漉ではがきが作れる」と教えると、今度は「やりたい―」と笑顔。

P11308641
男体山から

御幸ヶ原に下る、観光客が多くビックリ、TX筑波山麓スタンプラリーの一個目のスタンプをケーブル駅でゲット、続いてロープウェイ駅に下って二個目をゲットし、女体山山頂、大渋滞である。

P11308701
女体山から

ロープウェイ駅分岐に戻って、筑波高原キャンプ場に下る。

P11308711
静かな登山道

ロープウェイ駅分岐から離れると人の姿は無い、とても静か、筑波高原キャンプ場の手前で男性に出会う、この後誰一人会わ無い。

P11308721
筑波高原キャンプ場

筑波高原キャンプ場にはテント、車が一台、途中で出会った男性のものだろう、ようやく青空が広がる。加波山が美しい。

筑波山口で三個目のスタンプをゲット、つくば道の道標近くの「北条ふれあい館岩崎屋」にてTX筑波山麓スタンプラリーの景品をゲット、電車マニアの孫はワッペンも頂きご機嫌!

つくば観光大使と登る筑波山の案内役の方にここで再開、TX筑波山麓スタンプラリーで大勢のお客様が筑波山を訪れると嬉しいですね!

HP:わたしの天気予報

« 御座替祭 つくば観光大使と登る筑波山 2011/11/1 | トップページ | 袋田ノ滝から男体山縦走 2011/11/12 袋田ノ滝の紅葉狩り モミジ以外は見頃 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

お孫さん、大きくなりましたね。
また前回の「御座替祭 つくば観光大使と登る筑波山」は、とても勉強になりました。

私は数日前まで、長野・富山・石川(能登半島)・福井県に行っていました。
車で行ったので所々で紅葉・黄葉を満喫しました。
いつも山ばかり登っていたので、今回はお城・寺院・・・・
その内に、少しずつ追加していきます。
●●筑波山神社は知れば知るほど引き込まれます!
お城・寺院を回られたとか、、松本城からアルプス展望、永平寺の紅葉は如何でしたか?
孫に登りでは負けます、ただ、下りはまだまだ、、でも抜かれるのは直ぐ、関西の出張が長かったので尾瀬・日光・谷川には連れて行けず、来年は大自然の素晴らしさ、大切さを教えてあげたと思います。

お孫さんに登りは負けますが・・・・・嬉しいような、寂しいような。
私にはまだ孫はいませんが、息子たちが小さいころ山に登った時は、いつも二人は先に行っては戻ってくるという事を繰り返していました。
懐かしい思い出です。

今度の小旅行は、5日の夕方に石川県和倉温泉のホテルで友人のお祝いパーティーがあり夫婦で招待されたのです。
3日早朝出発し、保基谷岳(長野市 超簡単に登れ展望が良いとのこと でも雲が多く)
          笠ケ岳(高山村 超簡単に登れ展望が良いとのこと 時間不足で中止)
          親不知海岸・兼六園(紅葉)を散策し、金沢泊。
4日早朝出発し、東尋坊・永平寺(紅葉)・金沢城(紅葉)を見学し、金沢泊。
5日早朝出発し、白米千枚田・奥能登塩田村・禄剛崎灯台・見附島・和倉温泉泊
6日3時半出発し、松本城(紅葉)を見学し帰宅しました。
夫は能登半島を除き行ったことがあるのですが、つきあってくれました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/42834051

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山:男の川(おのがわ)コースを登って女の川(めのがわ)へ:

« 御座替祭 つくば観光大使と登る筑波山 2011/11/1 | トップページ | 袋田ノ滝から男体山縦走 2011/11/12 袋田ノ滝の紅葉狩り モミジ以外は見頃 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ