« 丹沢表尾根を楽しむ ヤビツ峠-二ノ塔―三ノ塔―烏尾山―行者ヶ岳―新大日ノ頭―木ノ又大日―塔ノ岳―大倉へ | トップページ | 宝篋山 春の準備中:野焼き 登山口から純平歩道周辺はシダの宝庫 »

2012年1月24日 (火)

筑波山 つくば市大雪と言っても積雪6㌢・筑波山20㌢ 筑波山口から御幸ヶ原―男体山―女体山を周遊 嬉しい出会い:ハギマシコのご夫婦 つくバスに乗ろう

撮影:2012/1/24 

P11700501
キラキラ 樹氷

P11700691
ハギマシコ    一面雪、ベンチの上には雄が天敵を見張り、下では雌が餌を探す、
「大雪で餌探しに苦労するよ!」、「穴に美味しい物あるかい?」と、微笑ましい!

コース

茎崎窓口センター6:05=(つくバス:南部シャトル)=>6:45つくばセンター6:55=(つくバス:北部シャトル)=>7:38筑波山口が時刻表だったが
積雪で安全運転&渋滞の為
茎崎窓口センター6:05=(つくバス:南部シャトル)=>7:00つくばセンター7:30=(つくバス:北部シャトル)=>8:40筑波山口―(0:15)―>筑波山口0.8㌔・筑波山神社1.7㌔地点のT字路8:55―(0:10)―>月水石神社入口9:05―(0:02)―>R139・R42交差点9:07―(0:08)―>旧筑波山小学校9:15―(0:05)―>筑波山大御堂西参道入口9:20―(0:05)―>筑波山ケーブル宮脇駅・登山口9:25―(0:35)―>モミジの休憩所10:00―(0:05)―>ケーブル中間点10:05―(0:10)―>御幸ヶ原0.7㌔・筑波山神社1.4㌔地点10:15―(0:05)―>男女川源流10:20―(0:15)―>御幸ヶ原0.3㌔・男体山0.6㌔地点10:35―(0:15)―>御幸ヶ原10:50―(0:30)―>男体山山頂11:05―(0:15)―>11:20御幸ヶ原11:35―(0:15)―>ガマ岩11:50―(0:02)―>11:52女体山山頂12:10―(0:05)―>大仏岩12:15―(0:20)―>高天原12:35―(0:15)―>弁慶茶屋跡12:40―(0:05)―>筑波山神社1.5㌔・女体山1.3㌔地点12:45―(0:30)―>白蛇弁天13:15―(0:05)―>白雲橋・迎場コース出合13:20―(0:03)―>大木のスタジイ13:23―(0:07)―>鳥居登山口13:30―(0:05)―>筑波山神社13:35―(0:10)―>旧筑波山郵便局13:45―(0:07)―>筑波六井 清水(雲の井)13:52―(0:03)―>R139・R42交差点13:55―(0:25)―>14:20筑波山口14:25=(つくバス:北部シャトル)=>15:15つくばセンター15:25=(つくバス:南部シャトル)=>15:55高崎中央→つくば市城山

P11609861
つくばセンター雪景色

つくば市城山から普段なら15分程で茎崎窓口センターに着く、今朝は路面が氷、安全な道を選ぶ、発車時刻数分遅れでバスが来る、6:00 まだ暗く雪道運転手さんは気の毒だ!バスは安全に走っても他の車が突っ込んでくることを予想、それでも15分程度の遅れで終点つくばセンターに到着、北部シャトル筑波山口行始発は6:55にギリギリ、乗換え時間等で次の7:30を待つ、8:00発の関東鉄道はつつじヶ丘まで行くが今日・明日は筑波山神社迄の運行に変わったとのこと(下山後バスの運転手さんからの情報)。

つくばセンター発のバスは渋滞の為、30分遅れ、当初の予定と1時間遅れで筑波山口に到着、この後のバスは更に遅れが大きくなったとのこと。

P11609881
関東鉄道つくば北営業所辺りから

8時半を過ぎ、太陽はカンカン照り、筑波山山麓の木々に付着した雪は融け始めており、山頂での樹氷は期待が外れてきた、りんりんロードに沿って進み、関東鉄道の車庫を過ぎ、沼を左に見て、筑波山神社への案内坂を追う、民家の間を縫うように進み、途中、稲葉酒造場の休憩案内を見た辺りからの急斜面の道、雪は融け上のT字路まで乾いている、つくばセンター周辺より筑波山口から筑波山口間は積雪が少ない、勿論筑波山神社からは深い雪でした。

T字路を右折、しばらく民家が途絶え、雰囲気の良い里山歩きになる。月水石神社入口から薄暗い林に入り、左に車の音が聞こえて、林の小路になる、まもなくR139・R42交差点、右折する所に2台ほどの駐車場、橋を渡ると再び月水石神社入口、ここを左折(直進するとつくば道に合流する)、急な坂になる、一台の車がスリップし難儀、登り切ると、カヤぶきの民家。

P11609941
カヤぶき屋根のツララ

まもなく旧筑波山小学校、現在は東豊学園つくば松実高等学校になっている、このグランド下の石段から富士山が良く見える。

P11609961
旧筑波山小学校の石段から富士山

今日は雪景色で、素晴らしい富士山の姿をと期待し登って来たが、通過時間が遅くなって9時を過ぎてしまい、薄い雲が関東平野に広がってハッキリ見えません!この後男体山から女体山からは富士山が見えず、今日の富士山はこれだけです、東京スカイツリーも石段から見えるのですがダメです!

旧筑波山小学校の右側を登るとR42(つつじヶ丘への道路)に出合い、横切って階段を登れば筑波山神社の参道に出る。この辺りまで登って来ると積雪は多くなってくる、筑波山大御堂西参道入口の道標、ここを右折すると筑波山神社正門に向かうが、入口に入り登る。

P11609991
根本をご覧ください!

ビックリの大木、筑波山周辺で私の知っている限り最大である、この大木に続き大木のツバキ、そして筑波山(男体山)が立派に見えてくる。

P11700021
男体山(標高871㍍)のNHK鉄塔を見あげる

Y字路を左に登って行くと筑波山ケーブル宮脇駅に近いが、ここは右折して筑波山神社に向かう、境内に入らず、筑波山ケーブル宮脇駅へ向かうと、ケーブルへの道の横に鳥居が立ち、風車の塔が現れる、気が付かないで通り過ぎるだろう。

P11700051
風車の塔

風車の先に、ケーブルと登山道の最後の分岐、ケーブルは直ぐ、山頂へは90分、しばらく杉の根が張り出す道が続き、杉とモミの大木を眺める、まもなく丸太の木段登りになる、御幸ヶ原迄1,500㍍の御幸ヶ原コースの案内板を見る、まもなく大きな円柱の碑が現れ、筑波山の植物の案内板、続いて筑波山野鳥鑑と休憩場が続き、結構歩き難い岩が多い登山道が続き、一本のモミジとベンチの有る休憩ポイントに着く。

P11700171
一本のモミジ   このモミジの紅葉を見たことが無い!

この後少し傾斜が緩みのんびり出来る、傾斜が大きくなるとケーブルの中間点の広場に飛び出る。2011/2/12の大雪の時はケーブルの従業員の方がこの辺りで雪かき中でしたが、今日は平日(火曜日)とあって既に運行を中止したようです。
2010/2/14の大雪は綺麗な雪景色でした。

この中間点はケーブルのもの、登山道もほぼ中間点、積雪が多くなり、ちょっと木の枝に触れると雪が首筋に飛び込む、小さな雪雪崩だ、この辺りが一番傾斜がキツク荒れている。

P11700201
雪道が続く
P11700211
雪の中  可憐なシダが目に着きます
P11700221
東日本大震災時に崩れた所だが、地震に関係なく常に危険な所

この崩れ地を通過すると木肌が美しいアカガシの大木、どんぐりがなるそうだから季節には注意して見たいものですね!

P11700241
大木のアカガシ 

山頂(御幸ヶ原)0.7㌔・筑波山神社1.4地点、残す標高は三分の一になる、雪道を少し下り登り返すと男女川(みなのがわ)に着く、標高:600㍍、男女川の源流。

P11700311
見事な過ぎ、奇形の杉が次々と目を引く

男女川前後では大木の杉が多く、奇形の姿を見せてくれる、御幸ヶ原迄0.3㌔の案内板が現れるとピッチの狭い丸太の階段、下山時は厄介だが、積雪の登りには嬉しい、但し新雪の時だけ、一度融け凍結したら仇になる階段です、従って今日は快適!

P11700351
大木の杉の間を丸太の階段で登る

この階段からは木々の間から土浦方向が望める所です。

P11700361
木々の間の展望

ピッチの狭い階段を通過後、ベンチの奥左下に祠があり、ここを大きく右に折れ、さらに登る、この辺り傾斜も大きく最後の登りになる。

P11700401
御幸ヶ原は近い

ようやく御幸ヶ原の小屋が見えてくる、筑波山ケーブルの脇に飛び出る、御幸ヶ原ではケーブルの周辺の雪かきが行われているが、約50㌢の積雪です。

P11700411
加波山方向の展望

上空は真っ青の快晴だが、遠く日光連山や富士山方向は雲が山々を隠している、今年初登山、まずは男体山に登る、深い雪が山頂まで続く、ただ、最後の岩場は雪が飛ばされ難なく山頂へ。

P11700451
男体山から日光連山方向
P11700521
男体山御本殿(筑波男大神:伊弉諾尊(いざなぎのみこと))

男体山、御幸ヶ原の足跡は多く見られたが、山頂には人の気配なし、木々に残った樹氷がキラキラ光っている。

P11700561
まるで花盛り

静かな山頂を下って途中、立身石に下る道が有るけれど、雪に覆われた木々のトンネル、遠望が良ければ立寄りたい所ですがパスして直接下って御幸ヶ原、中央広場のベンチは雪が融け独り占めで座って昼食、振り返ると隣のベンチにつがいの可愛い小鳥、ハギマシコがやってくる。

P11700621
ベンチ上は雄
P11700641
ベンチ下で餌を探す雌

しばらく観察、寒くなってきた、そっと場を離れたら、サーッと飛び去る、数日雪で餌が探せないかも!

P11700771
ブナが雪化粧

御幸ヶ原から傾斜の緩い坂を登る、大木のブナが雪化粧で綺麗、なんとなく神秘的、ガマ岩も雪化粧、、、

女体山、360度の展望、ただ、男体山同様、日光連山、富士山方向の山々は雲に隠される。

P11700841
女体山山頂から関東平野

岩陰にて展望を楽しむ若者と世間話、彼は薬王院コースを登って来たと言う、聞くと登山者は彼だけでは無かったようです。

冷たい風が止みポカポカ、一人の男性が登ってきただけの静かな山頂です。

P11700881
樹氷の花

樹氷の花を見ながら下る、筑波山御本殿(筑波女大神:伊弉冊尊(いざなみのみこと))の裏の浅橋を渡り鎖場を下ります、雪道で滑るし足元が良く見えず慎重に下る、何時もなら上下に人達で混む所です。下り切ると右上に雪景色に囲まれた大仏岩、続いてベンチが有り、この右奥が屏風岩、奥に神社が祭られている、安座常神社で素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀っているとのこと、悪玉・善玉として日本神話の主役だそうで、詳細はインターネットで調べてみてください、、、この屏風岩は人が入って来ないので穴場として休憩する人が多い、ただ真上をロープウェイが通過、女体山直下なので頭上に気を使いたい。

屏風岩を過ぎると再び傾斜が大きく、注意!この辺りから女体山にかけてシモツケが綺麗に咲くところです、夏季は6月末。

下り切ると平坦で、直ぐに北斗岩、北斗星のように動かずどっしりで魅力です、大仏岩や弁慶七戻りとともに東日本大震災の影響は全く無くビクともしません。

P11700951
ブナ林の美しい尾根道

北斗岩から出船入船間は筑波山連峰(加波山など含め)で一番見事なブナ林散歩道です、今日はここの樹氷を楽しみに来たのですが午後1時過ぎになってしまい、木々には一粒の樹氷も有りません!それでも足元は御幸ヶ原コースに比べ登山者は少なく新雪同様で新鮮です、さらに、出船入船の直ぐ前の林に大木のアオハダが二本立っています、真っ赤な実を沢山付けている、何故か小鳥にまだ荒らされていないようですが、まずいわけでは無く、周りにより美味しい餌があり、それが無くなる時期になると寄ってたかって食べてしまうとのことです。

P11700981
アオハダの真っ赤な実

また、アオハダの皮を爪で傷つけると青色の肌が見れるそうです、と言って早速綺麗な幹に傷を付けてはいけません。

直ぐに大きな岩場、国割り石、乾いていれば休憩にもってこいの岩場です!岩場の下りに鎖場、うっかりすると滑り易い所です、続いて陰陽石と続き次が母の胎内くぐり岩が有って偶然にしては面白い続きです!孫は喜んで母の胎内くぐり岩をくぐりますが流石に大人はパス、道が分岐し、一方は垂直の鉄のはしご、この辺り複雑な岩が続き、高天原の入口に着きます。

P11701041
高天原

高天原は岩の間を登って、グルリ、下りは階段で降りる、上の展望は良いのですが富士山までは見えません。

高天原の次は、いよいよ弁慶七戻りです、自然のなす技は凄いものです、くしゃみをしたら落ちてきそうです。

P11701061
自然の技、神の仕業ですネ

弁慶七戻りを潜ったら昨年の初夏まで二本の大木の杉、夏の台風で一本が被害に合い一本は切り株で年輪を数えて樹齢???他の一本はまだまだ立派です。

弁慶茶屋跡の広場に到着、ここからの展望は良く、晴れていると白雲橋コース取付き方向の木々の間に雄大な富士山が見え、その右の木々の間から女体山が立派に見え、振向いて、おたつ石コース方向を眺めると霞ヶ浦方向の眺めです、花期には周囲に山野草が沢山咲き、弁慶茶屋のおばさんの笑顔が浮かびます、真夏には良くトコロテンを頂いたものです。

今日の様に雪道で無い場合は無条件で、おたつ石コース+迎場コースで筑波山神社へ、今日は迷います:ここからつつじヶ丘まで1㌔+つつじヶ丘から筑波山神社まで1.6㌔、ここから筑波山神社は1.9㌔、、、1.9㌔の白雲橋コースを選択。

白雲橋コースの魅力は、大木のアカガシ、モミ、スタジイなどとツバキの群生です、白雲橋コース取付きは急降下で始まる、大木の木々が迎えてくれる、弁慶茶屋跡から5分程下ると筑波山神社1.5㌔・女体山頂1.3㌔・つつじヶ丘1.5㌔地点、ここの沢にはニリンソウが筑波山では一番先に咲きだすところです、やや水平になってトラバース気味になり、大木・ツバキが次々と現れます。

P11701111
ツバキがまず現れます

ツバキの花期には沢山赤い花が咲きます。


P11701151
アカガシ

御幸ヶ原コースでも見れましたがここのアカガシも見事です、筑波山神社1.0㌔・女体山頂1.8㌔辺りから杉林の薄暗い傾斜の大きいな単純な登山道が白蛇弁天まで続き、明るいおたつ石コースに比べると人気では大きく下回りますが、出遭った男性三人は驚きませんでしたが、若いお嬢さん単独で登って来たのには感心!

P11701181
白蛇弁天

白蛇弁天には白いヘビが住んでおり、出遭った人はお金持ちになるという、とは言っても筑波山毎日のように登られている人達は御幸ヶ原コースの様です、登山回数が多いからと言って白いヘビを見付けられるとは言えないようです、、、。

薄暗い道はまもなく迎場コースに合流、スギ・モミ・スタジイの大木が続きます。

P11701221
スタジイもブナ

この三本が近くにあるのも偶然、、、だろうか!登山口の鳥居から山頂が見え、民家の間を筑波山神社に下る、白雲橋を渡って筑波山神社境内へ上がる。

大木の下に愛宕神社、大きな六角石塔の楠木正勝の墓、そして神社境内の髄神門横に堂々した樹齢800年の大木杉を見る。

P11701291
マメヅタ シダ科 マメに似た葉、胞子葉はタワシの様ですね!
筑波山神社周辺の植物図鑑が有ると嬉しいですね、、、ご存じならお教えください!

P11701351
一両:ヤブコウジ

、真っ直ぐ御神橋の脇に下って、さらに参道を横切って「つくば道」へ、旧筑波山郵便局の前を下る、真っ直ぐ下らず最初の車道を右折し、右に上り、白壁の御殿(民家?)を見て左に真っ直ぐ進と、筑波六井(清水 雲の井戸)、朝通過したR139・R42交差点の手前の橋に着く。

P11701401
御殿(民家)  この坂を登れば筑波山神社入口バス停辺りに出そうです

この橋を渡って朝来た道で植物観察しながら下れば筑波山口は近い。

P11701471
イノモトソウ 民家の石垣   月水石神社入口(上から)の近く

筑波山口から乗ったバスの運転手さんのお話:私の朝乗って来たバスが折り返し、40分のところつくばセンター迄3時間掛ったそうです。
つくばセンターから乗ったバスの運転手さんのお話:私が乗った後のバスはつくばセンター迄3時間掛ったそうです(茎崎窓口センターからつくばセンターまで歩いても2時半は掛らない)、私の乗った時刻は通勤車がまだまだ少ない時刻でラッキーだったようです。

今年はまだまだ関東平野に雪が降るだろう、運転手さんは雪降り情報を悲しみ、私は嬉しがる、今度こそ遠望を楽しみたいものです、、、これも運転手さんのお蔭です!

HP:わたしの天気予報

« 丹沢表尾根を楽しむ ヤビツ峠-二ノ塔―三ノ塔―烏尾山―行者ヶ岳―新大日ノ頭―木ノ又大日―塔ノ岳―大倉へ | トップページ | 宝篋山 春の準備中:野焼き 登山口から純平歩道周辺はシダの宝庫 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

fumikaiさん、こんばんは!
いつもお越しくださってありがとうございます。

こちらには、初めて投稿いたします。
男体山、女体山のレポートを拝読いたしました。
詳しい文章と美しいお写真の数々に感服いたします。
ハギマシコのご夫婦がメッチャかわいいですね。会えてよかったですね。
弁慶七戻り!自然に出来た岩ですね、不思議ですね。
アカガシも堂々としてて風情もあってすばらしい木です。
圧巻はなんといっても青空と輝く樹氷に感動しました。

お手間要りのレポートをありがとうございます。
 
昨日は私は御殿山でした。深い雪で上りがしんどかったですが、下りはワカンを付けてどんどんいけました。
曇りで展望が無くて残念ですが、霧氷がいっぱいで歩けて満足しました。

http://siaopisuki.web.fc2.com/tekuteku2012/2012tekuteku1.htm

●御殿山!武奈ヶ岳の手前ですね、この先ドーンと下ってワサビ峠から登り返す武奈ヶ岳は雪道は大変ですネ!
弁慶七戻り:自然が作ったのか、神が作ったのか、、学問的には偶然に積み重なった奇妙な岩、物語的には強力の男が投げたものらしい???

fumikaiさん、こんにちは

雪の筑波山きれいですね。
ハギマシコが小鳥だとは知りませんで、ハンドルネームが
ハギマシコという陶器好きのご夫婦かと早合点して、我ながら
笑ってしまいました。可愛い鳥ですね。さっそく鳥辞典で確認
しましたが、鳥を見分けるのは難しそうですね。動いてしまい
ますから。草花と鳥、知りたいものです。
●私もハギマシコ!益子焼が先にきて、、、
筑波山の御幸ヶ原にあるカタクリ園に昨年10数人のカメラマン、聞くと萩益子? 聞き直したら指を指し「ホラあそこの小鳥がいるでしょ! ハギマシコ、、シベリヤから飛来、、」とのことでした、寒波とともに飛来するのだそうです、毎朝グーンと冷え、さらに強い寒波が来るらしいですね。
私の近くの茎崎自然の森の近くの稲荷川岸にも飛来するんですが、まだ、今年は見ていません!
草花については、里山の草木の名前くらい知っておかないと好奇心の強い孫達と遊べませんから、、、ネ

失礼ですが、ハギマシコではありませんよ。
ホオジロですよ。(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/43862205

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山 つくば市大雪と言っても積雪6㌢・筑波山20㌢ 筑波山口から御幸ヶ原―男体山―女体山を周遊 嬉しい出会い:ハギマシコのご夫婦 つくバスに乗ろう:

« 丹沢表尾根を楽しむ ヤビツ峠-二ノ塔―三ノ塔―烏尾山―行者ヶ岳―新大日ノ頭―木ノ又大日―塔ノ岳―大倉へ | トップページ | 宝篋山 春の準備中:野焼き 登山口から純平歩道周辺はシダの宝庫 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ