« 板敷山大覚寺のヤブツバキの大木を訪ねて! | トップページ | 筑波山を眺めつつ牛久の植物を探そう 【牛久沼一周】 »

2012年2月22日 (水)

筑波山2012年 東西南北登山口巡り 北側は残雪で凍結箇所が多く危険!筑波山梅林見頃が3月3日頃

撮影:2012/2/22

P11802181
クサボケが春を呼んでいる   草木瓜

P11802531
知らない登山道 酒寄駅・薬王院・山頂の標識の跡 

P11803921
知らない登山道 二個目の林道分岐の手前で見た道

コース

つくば市城山=(学園西大通り、R125、R14、R214,R42)=>無料駐車場7:55―(0:05)―>筑波山梅林駐車場8:00―(0:15)―>筑波梅林上部8:15―(0:20)―>富士見岩(自然研究路)登山口8:35―(0:05)―>展望ポイント8:40―(0:10)―>T字路8:50―(0:20)―>T字路(関東ふれあいの道 ・山頂(御幸ヶ原)・酒寄1.9㌔ ばらばらの標識)9:10―(0:05)―>はぶつミカン園9:15―(0:02)―>薬王院・山頂分岐9:17―(0:07)―>環境庁・茨城県・真壁町「水郷筑波国定公園・指定植物種名一覧」9:25―(0:24)―>広い駐車場9:49―(0:06)―>怪しい林道分岐9:55―(0:15)―>薬王院コース登山口10:10―(0:15)―>休憩広場10:25―(0:10)―>山頂・酒寄バス停分岐(林道出合)10:35―(0:04)―>男の川登山口10:39―(0:04)―>酒寄5.9㌔・山頂(御幸ヶ原)1.9㌔地点10:43―(0:6)―>女の川登山口10:49―(0:06)―>筑波高原キャンプ場登山口(湯袋峠下から)10:55―()―>湯袋峠分岐11:00―(0:07)―>真壁・国民宿舎つくばね・つつじヶ丘分岐11:07―(0:11)―>林道終点・つつじヶ丘登山口11:18―(0:20)―>つつじヶ丘駐車場・風返峠分岐11:38―(0:16)―>一個目の林道分岐11:54―(0:02)―>つつじヶ丘駐車場登山口?11:56―(0:02)―>二個目の林道分岐11:58―(0:03)―>風返り峠・湯袋峠間林道出合12:01―(0:13)―>12:14イノシシ渓谷12:18―(0:01)―>風返り峠12:19―(0:06)―>12:27白滝コース登山口12:46―(0:10)―>寿橋12:56―(0:04)―>筑波山神社への登山道入口(寿橋から5分)(ガードのすき間)13:00―(0:08)―>13:08稲荷宮13:10―(0:04)―>民家13:14―(0:06)―>白雲橋・迎場コース出合(女体山頂・つつじヶ丘の標識)13:20―(0:00)―>13:20筑波山神社・マルバクス13:30―(0:05)―>御幸ヶ原コース登山口13:35―(0:07)―>筑波山大御堂西参道入口13:43―(0:03)―>筑波第一小学校13:46―(0:06)―>13:52無料駐車場

昨日から筑波山周辺はポカポカ陽気になってきた、明日は寒くはならないが雨の予報で歩けない、今日はどうかな?と、雨戸を開けると暖かく、庭の紅梅にスズメが数匹エアさを求めにやって来ていた、見あげると小さい切れ目ですが青空も覗くので早速お弁当を作り、春本番前に筑波山を東西南北から登る山口(登山道入口)を巡ってみようと出かけてみました。

スタートは筑波山梅林と決め、近くの駐車場(二台分)が空いていたらそこから、駄目なら、筑波山口からである、一台が停まっており、二台目になった、筑波山口からですとここまで徒歩約25分である。つつじヶ丘行のバスが走るR42に出て、梅まつりの旗がなびきだす大曲を過ぎると筑波山口、「紅梅3分、白梅  分」咲と表示がされている、10人ほどの先輩登山者も同時にスタート、観梅後山頂へとのこと、紅梅3分といっても木によっては終わりのものもある、彼らにとっては曇り空で紅梅の香りもイマイチかな!

P11802081
白梅はまだまだ!  見頃は3月3日頃でしょうネ  紅梅は綺麗です!

私も梅林内を登って、東屋の手前で薬王院方向に向かって林道を登って行く、広い林道です、右の斜面は雑木林、最近モミジが植えられ大きくなってきた、木の下にはフユイチゴが生え、右の側溝にはノキシノブが生え、タチツボスミレ、ミツバアケビなど葉を伸ばしている。

P11802111
不明の登山道  こんな所は入らない方が良い

右の斜面に登山道が有るが、何処に続くか不明です、その先で、左下から大きな岩に向かって登山道が登って来る、今歩いている道の旧道からの道で、筑波山梅林の休憩所のステージ辺りからの分岐しています。

宝篋山が良く見える所です、続いて男体山をグルリ一周する自然観察路富士見岩に直登する登山道入口がある。

P11802191
ヤブ道を登る登山道

この登山道を見送ると、林道jは緩やかに下りが長く続きます、5分程で沢がある、更に下り続けると左の展望が開ける、晴れていると富士山・日光連山が見れますが、今日が無理です、この辺り低木の木々が新芽を膨らみ春を待っている。

P11802281
最初のT字路  ここを曲がっても急坂は続く

さらに下るとT字路、旧道がここで合流しているようです。

今度は林道が分岐、入って見たが行き止まり、作業用の車が停まったあとがある、松林を右に見て大きく曲がる、振向くと筑波山が望め、天気予報通り晴れてきた。

P11802331
筑波山  雲が切れてきた

右の松林に向かって登山道入口がある、良く踏まれている。

P11802391
松林へ入る登山道 その1

この後にも松林に入って行く山道がある、薬王院コースは坊主山を登るが、ここらの登山道は男体山よりの自然研究路に続いているのだろうか?

P11802461
松林へ入る登山道  その2

二つ目のT字路で、ここで下り道は終わり、右折しますが、左からの道はR41・熊野神社方向からの林道です、関東ふれあいの道・山頂(御幸○○)・酒寄1.9㌔・環境庁茨城県などの標識が置かれている。

P11802471
二つ目のT字路 

はぶつミカン園の大駐車場は直ぐ、園内から筑波山の展望が良く、冬でも暖かい所でミカン狩りには最適地です。

P11802511
はぶつミカン園から筑波山   ここからは双耳は見えません

「はぶつミカン園」で検索すると、ホームページが見つかります、住所は茨城県真壁郡真壁町酒寄、案内ではR41のつくし湖から入り、「はぶつミカン園」の案内を追いかけるとここに着く、ミカン園では一番高台のようです、一度孫達とミカン狩りにきたい所でです。

P11802501_2
はぶつミカン園   駐車場は広い

ここから薬王院コースまで緩い登りが続きます。この辺りから薬王院コース登山口まで美しい松林が続く、ミカン園から数分で、薬王院からの林道が合流、山頂(御幸ヶ原)方向に入ると車両通行止、新しいタイヤの跡がある、平成24年3月15日まで8:00~17:00と規制、この先で崖崩れの工事中でした。

P11802641
壊れかけた案内板  植物種名はハッキリ読める

この後、関東ふれあいの道の道標が次々と現れる、昔は酒寄駅から筑波山を目指した登山道である、工事現場を過ぎ、林道のように開いた後に大規模な植林を見て進むと林道の幅が広い、駐車場になっている。

P11802871
道幅が広く駐車場になっている

この駐車場から数分先で筑波山に向かって真っ直ぐ進む林道分岐している。
ここからの筑波山は見事、ただし双耳には見えません。

P11802921
分岐の林道  男体山に向かっている

この林道を帰宅後調べてみると、男体山手前の坊主山直下あたりまで進んでおり、薬王院コースに合流? 何れにしても手前に駐車場が有るので、散策してみたい林道です。

林道鬼ヶ作線の説明坂、この林道にそって進みます、歩み初めて直ぐに藪の中に石段が有って、上に続いている、この石段も次回に散策しよう。

残雪が多くなって、ミカン園に比べかなり温度差、寒い!

P11803011
つくし湖(薬王院)から続く登山道が左から、
林道を横切って薬王院コース登山口

薬王院から若い女性が一人登って来る「私はこちらに、、」と言い分れると不思議そう!

P11803061
この登山道  坊主山へ登っているらしい

5分後、薬王院コース同様坊主山に向かう登山道がある、こちらも良く踏まれている、おそらく、薬王院コースと合わせて使われているのだろう。

酒寄駅4.7㌔・山頂(御幸ヶ原)3.1㌔地点を過ぎると、休憩所が現れる、予想もしなかった休憩所、周囲は美林の雑木林で雰囲気は素晴らしい。

P11803131
休憩所

関東ふれあいの道の案内地図:
酒寄―ミカン園・薬王院―現在地―御幸ヶ原分岐―筑波高原キャンプ場―湯袋峠―上曽峠分岐「○足尾山か真壁駅バス停方向○西光院方向」のコースが紹介されている。

P11803211
裏筑波に入り残雪は多くなってくる

再び全面通行止は先ほどの反対位置、真壁町羽鳥からの林道と出合、山頂方向に向かう、男の川コース登山口には数台の車が停まっている、凍結でつるつるの道をバックで下って行く車、足元は滑る。

P11802291
男の川コース登山口

男の川コースは沢を遡って、最後は延命水、お花畑を経由し、坊主山と男体山の間に登るコースです。

残雪の道が乾いて、酒寄5.9㌔・山頂(御幸ヶ原)1.9㌔の地点、山頂(御幸ヶ原)方向へ登れば、駐車場が林道終点にあり、御幸ヶ原に登るには最短です。ここは筑波高原キャンプ場に左折して入る、未舗装で、すぐに二台ほどの駐車スペース、その先に今度は女の川コース登山口が見えてくる。

P11803401
女の川コース登山口

女の川コースは男の川同様に沢を遡って、沢の源頭から岩場のヤブ道を登って最後は筑波高原キャンプ場からの登山道に合流して、女体山直下に登るコースです、男の川コースより荒れた沢登が続きます。

次の沢はニリンソウなど咲き誇る沢、この辺りは荒れており車でもちょっとやな所ですが、登り切ると、筑波高原キャンプ場に到着、トイレも有り、休憩にはもってこいの所です、11時でしたので登山者の姿は見えませんし、湯袋峠方面の道も残雪の為か車も見当たりません、そんな時一人の登山者の姿が見えましたが、男の川コース登山口に停まった車の人でしょうか?

P11803491
湯袋峠に下ります

続いて湯袋峠への登山道入口、小さな沢ですが美しい渓谷が続きます、緩やかに下ると登山道が二つ続きます、これは筑波高原キャンプ場からのコースと雑木林を抜けた後で合流する登山道、春はニリンソウ、カタクリが見事です。

P11803521
同じ様な登山道が二本続きます

さらに1,2分でつつじヶ丘駐車場・国民宿舎つくば・真壁の三差路、真っ直ぐ下れば国民宿舎つくば方面、右折し緩やかにつつじヶ丘駐車場方面へ。

P11803551
つつじヶ丘駐車場への道 

ゲートを越え、のんびり、シダ類などや落葉低木が続きます。広場が林道終点、右のヤマから小さな沢が流れ、登山道に取付くと二分している。

P11803631
つつじヶ丘駐車場は左折  直進の登山道は?

道標に従ってつつじヶ丘方向に下る、幾つか沢を横切って、巨岩の多い細い道、ミヤマシキミ、コアジサイなどが杉林の床に生え、下りが続き、登るようになると、風返峠・つつじヶ丘駐車場間の林道に飛び出る。

P11803751
ミヤマキシミ  深山樒

ここから、林道をのんびり下ると、林の試験地が続き、二本の林道を分け、車の音が聞こえると、湯袋峠と風返峠を結ぶ林道に出る、ここから広い林道をイノシシ渓谷まで登る、イノシシ渓谷を覗く、お店の中に入ると無人、自動販売機や水道が有るが、水道からは一滴の水も出ません。

P11804051
風返峠から筑波山  双耳で見事!

この後はバス通り(筑波山神社からつつじヶ丘駐車場の道路)、椿作沢の白滝橋を渡ると、六戸経由白滝経由の登山道入口。

P11804121
白滝から登ってバス通りを横切ってつつじヶ丘への登山道

白滝側の小高い丘でお弁を広げる、平日なのかバスが一台も通過しない、静かです、富士山が見える所だが関東平野は曇り!

続いて桜山橋を過ぎ、白滝への林道を見送りると、登山道がある、つつじヶ丘駐車場からだろうか?

P11804241
寿橋

寿橋を渡って、ガードレールが途中で切れる所があり、そこから入って登山道を探す。

P11804251
この切れ目から登山道がある

ガードレールを越え、溝があるから、溝にそって林に入ると、踏み跡がアオキの根本に続いている、左から広い道が合流し、安定した道になって稲荷宮の前に着く、どんどん下ると民家、真っ直ぐ民家の間を抜け、坂道を登り切ると、筑波山神社が見え、白雲橋・迎場コースが下って来る、白雲橋に着く。

P11804451
ようやく筑波山神社です!

橋を渡って神社境内に登り、愛宕神社、楠木正勝の墓、日枝(ひえ)神社の三匹の猿、春日神社、マルバクス、筑波山神社拝殿、厳島神社、光誉上人五輪塔など拝見して、境内から出るとケーブルからの道に出る、御幸ヶ原コース登山口です。

P11804641
厳島神社

大木の咲きだしたツバキを観賞し振り返ると筑波山の男体山・女体山が良く見える、ここの道を筑波山方向に登ればケーブル駅、反対方向に下って、筑波山大御堂を下り参道に出て、参道を横切りバス通りを横切って旧筑波第一小学校を経て、駐車場はもー直ぐです、民家の横には見事なスイセン、ツルニチニチソウが咲いていました。

P11804701
ヤブツバキ   つくば市は寒さでつぼみに被害
この大木は美しく咲き誇る

P11804771
咲き誇るスイセン   水仙

尚、筑波山神社入口バス停の手前の鳥居から右に登って、有料駐車場(市営第3駐車場)経由で筑波山梅林に向かう途中に筑波山登山道入口(猿田彦神社コース)が有りますが、今日はパスしております。

HP:わたしの天気予報

« 板敷山大覚寺のヤブツバキの大木を訪ねて! | トップページ | 筑波山を眺めつつ牛久の植物を探そう 【牛久沼一周】 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/44219943

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山2012年 東西南北登山口巡り 北側は残雪で凍結箇所が多く危険!筑波山梅林見頃が3月3日頃:

« 板敷山大覚寺のヤブツバキの大木を訪ねて! | トップページ | 筑波山を眺めつつ牛久の植物を探そう 【牛久沼一周】 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ