« 東京の友人が遠征:ゴールデンウィーク前の筑波山 2012/4/21 カタクリは見頃 ニリンソウはこれから! | トップページ | 四季2012年-№005 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森,牛久観光アヤメ園、カッパの碑辺りの植物観察① »

2012年4月24日 (火)

JR取手駅→サクラソウ「JR常磐線利根川鉄橋下」 から植物を求め利根川・小貝川合流点を経てJR佐貫駅まで、春本番を実感①

撮影:2012/4/24

P12101341
サクラソウ 桜草
今朝の朝日新聞「茨城」版に掲載、地元の方々が大事に育てている、隣のゴルフ練習場から沢山のボールが飛んできていました、近くの菜の花畑も綺麗です。

P12102071
ノウルシ 野漆 左に東京芸大取手キャンパスが見える辺り、一面に咲く、
但し、茎の汁液でかぶれるのでご注意、トウダイグサにそっくりですネ

今朝の『朝日朝刊【茨城】のまちかど』にサクラソウ咲く 記事、早速つくば市城山から徒歩でJR牛久駅へ、JR常磐線でJR取手駅、駅からサクラソウ群生地、県南クリーンセンター、利根川・小貝川合流点、豊田町、国土交通省利根川下流河川  牛久沼排水機場、JR佐貫駅と植物観察ハイキングを行ってきました、流石日本の利根川だけあって、植物はビックリするほど見つかりました!

P12101061
マツバウンラン 松葉海蘭
早朝、立寄た事務所の敷地内で撮影、どなたか愛好家の人が移植したのかも知れません!

コース

JR取手駅10:25→利根パークG前10:26→10:40 JR常磐線陸橋下 サクラソウ群生地10:55→取手緑地辺り11:35→緑地公園12:50→県南クリーンセンター13:00→東京芸大取手キャンパス前13:15→県立取手松陽高校前14:00→戸田井橋・合流点から0.5㌔地点14:15→国土交通省利根川下流河川事務所豊田堰管理所・水神社14:33→豊田植管14:35→高須橋15:04→決壊跡地15:06→合流点から4.0㌔地点15:11→合流点から6.0㌔地点15:44→牛久沼排水機場稲荷川・小貝川合流点15:55→16:15JR佐貫駅16:31→16:48JR牛久駅→自宅
41,523歩 約22㌔

JR取手駅から国道6に出る、国道を横切って、右に神社があり、登って見る。ノアザミが群れて咲き、神社から石段を降りると、ニガイチゴが咲いている。

P12101191
ニガイチゴ 苦苺 ヨレヨレのシワになった花弁が特徴らしい、充分熟す前は中心の核が苦く感じる、良く熟すと核が落ち、甘く美味しいので楽しみですが、、、、。

国道6沿いの石垣の縁にジシバリが鮮やかな黄色の花を付けている、昨日は真冬、今朝は暖かく花々も元気いっぱいです。

P12101221
ジシバリ 地縛り 昨夜の雨粒が残っています。

国道6が利根川に架かる手前の空地に、小さな花が沢山咲き誇る。米粒の黄色い花はコメツブツメクサです、すぐ横にノミノツヅリが生え、チビは俺だと競っているようです。

P12101231
コメツブツメクサ 米粒詰草  利根川・小貝川土手に大群を形成していました

P12101241
ノミノツヅリ 蚤の綴り 大きな葉は私の葉ではありません!

大利根橋の手前で階段を降り、利根パークへ、国道6の橋下を潜り、JR常磐線鉄橋の下へ、ナズナが群れている、ただ、それ以上に変わったナズナ、調べてみると、どうやらアリッサムと呼ばれる観賞用のナズナであり、足元に生えているのは野生化したようです、牛久沼周辺にはまだ生えていないようですが、県南クリーンセンター辺りから、利根川合流点、小貝川土手には大小の群生地がありました。

P12101281
P12101321
アリッサムかと思われるナズナ

アリッサムの群生周辺にオランダミミナグサが生えているがナズナは見当たらない!

P12101311
オランダミミナグサ 阿蘭陀耳菜草

地元の人に尋ねると、このアリッサム?は誰かが植えたものらしい、それにしても凄い繁殖である。

P12101361
埼玉県田島ヶ原から株分けされたものだそうです。

サクラソウ群生地を一回りしたら、JR常磐線と国道6の橋の間に広大な菜の花畑が広がっている、こちらは足元がぬかっており大変でした!

P12101421
広大な菜の花畑

そして、利根川に沿って下流に歩き出すと、一面ムラサキサギゴケが群れる原っぱにでる、流石利根川下流の広大な敷地だ!

P12101461
P12101451
ムラサキサギゴケ 紫鷺苔 足の踏む空間ないほど咲き誇る、地をはって株を増やし続ける、白花の品種はサギゴケと言うそうです、白は見たことが無い。

接写スタイルでカメラを構える後ろから犬に吠えられる、きっと変な動物に見えたのだろう、近所にお住いの女性が犬の散歩中、ムラサキサギゴケを彼女はスミレか思っていたという、続いて複葉が3枚のヘビイチゴが群れている、「これは何ですか?」とオオイヌノフグリを指さす、連れた犬は雌とのこと、フグリは雄のシンボルと、、そんな会話に安心したのか、その後吠えず、手までなめてくる。

P12103061
サギゴケ 鷺苔 牛久自然観察の森で見付けた白花  こちらをサギゴケと言うそうです。
2014/4/26 撮影  牛久自然観察の森にはムラサキサギゴケも見れます。

続いて、ヘビイチゴでもない、キジムシロでもない、黄色の光沢の強い花、毎日ここを散歩する彼女は改めて眺めるばかり「こんな良い所を散歩しているのだから図鑑を、、」と言う、背の低い葉がセリにちょっと似ている、初めてみる?たまたま通りやって来られたご夫婦も解らない、サクラソウを見に行く彼女と犬さんにここで別れる。

P12101541
P12101521
タガラシ 田辛子  花びらはエナメルのような光沢、キツネノボタン、ケキツネノボタンにも似ている、結実して中央の緑の玉が大きくなればはっきりする! ここの株は背が小さいが、この後背の高い株を見るとタガシラで良いだろうが、有毒植物であり子供達や犬も散歩にやってくる、、もしや違うかも?

コースをできる限り利根川河岸を歩くことにした、釣り人が入る道があり川底に近い足元が砂場の草むらに入ってみた、思わぬ珍しい植物(私にとって)が現れる。

P12101611
イヌガラシ 犬辛子

P12101631
ウド 独活 最近自宅近くで珍しくなったウドかと期待

P12101661
キュウリグサ 胡瓜草
図鑑を調べ間違いなさそう、葉をかむとキュウリの香りがするという、ちぎっては可愛そうな小粒の紫色の花です、ワスレナグサに似るが、さらにこちらは小さい、、。

P12101691
ノミノツヅリ 蚤の綴り ピントを合わすには時間が掛ります、、。

P12101751
カワラサイコ 河原柴胡
図鑑にはひたち海浜公園、筑波実験植物園など公園の写真があるが、河原・海岸の砂地に生え、ちょっと図鑑とは花の形が微妙に違うが、葉の形、茎の色は似ている、、。

P12101771
カワジシャ 川萵苣
花はオオイヌノフグリそっくりで花弁は4裂、背たけはずっと高い、サギゴケと同じゴマノハグサ科だそうです。釣り人のみぞ知る河岸に可愛い花がひっそり咲いている、大雨が降れば流される所です。

P12101781
カキドウシ 垣通し 

そして再び歩道に出ると、道端に面白い花が現れる、ヘラオオバコらしい、小貝川の土手までずっと続いて繁殖している。

P12102281
ヘラオオバコ 箆大葉子 小さな花が集まった円柱状の花穂、飛び出る白い花は雄しべ、下から上に咲き続けるとのこと!

また、釣り人用の小路に入り、岸辺に可愛い花を見つける、釣り人が静かに釣りをたのしんでいる。

続き⇒JR取手駅→サクラソウ「JR常磐線利根川鉄橋下」 から植物を求め利根川・小貝川合流点を経てJR佐貫駅まで、春本番を実感②

HP:わたしの天気予報

« 東京の友人が遠征:ゴールデンウィーク前の筑波山 2012/4/21 カタクリは見頃 ニリンソウはこれから! | トップページ | 四季2012年-№005 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森,牛久観光アヤメ園、カッパの碑辺りの植物観察① »

深山・地域の植物紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/45011918

この記事へのトラックバック一覧です: JR取手駅→サクラソウ「JR常磐線利根川鉄橋下」 から植物を求め利根川・小貝川合流点を経てJR佐貫駅まで、春本番を実感①:

« 東京の友人が遠征:ゴールデンウィーク前の筑波山 2012/4/21 カタクリは見頃 ニリンソウはこれから! | トップページ | 四季2012年-№005 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森,牛久観光アヤメ園、カッパの碑辺りの植物観察① »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ