« 那須岳(茶臼岳)へ:沼原湿原から白笹山→南月山→日ノ出山→茶臼岳→姥ケ平→沼原湿原*ミネザクラ、ショウジョウバカマ、マイズルソウ、ムシカリ、ヤマツツジ、コケモモ、ミネザクラ、ミヤマヤナギ* | トップページ | 四季2012年-№008 ① 梅雨の道草?「雑草という名の植物はない」高崎自然の森 牛久自然観察の森 牛久観光アヤメ園 *アジサイが咲く*ツキヌキ二ンドウなど面白い花?* »

2012年5月26日 (土)

四季2012年-№007高崎自然の森&宝篋山 *ウツギ、コゴメウツギ、スイカズラ、シナノキ、エゴノキ、ガマズミ、モミジイチゴ、イボタノキ、クサフジ、センダングサ、イチゴツナギ、タツナミソウ、フタリシズカ、ハナイカダ、ヤマボウシなど*

撮影:202/5/24-26

P12302011
宝篋山山頂から筑波山を望む

P12301241
つくば市城山から図書館に向かう畦道で、これって変ですね?

26日は宝篋山へ

コース

宝篋山小田休憩所駐車場8:05―(0:20)―>五輪塔8:25―(0:30)―>純平歩道出合8:55―(0:10)―>常願寺分岐9:05―(0:20)―>山桜の森9:25―(0:13)―>9:38宝篋山山頂9:50―(0:40)―>野鳥の森10:30―(0:15)―>尖浅間山10:45―(0:45)―>11:30宝篋山小田休憩所駐車場

極楽寺コース・常願寺コース分岐で今日は極楽寺コースを登って、下山は常願寺コースと決める、尼寺道で小田城コースへ進み、七曲・硯石経由、下山は山口コース(1)を下って、大池公園バス停からバスがあれば小田十字路バス停まで乗り、無ければ市立山口小学校手前を左折し、ラ・フィーネつくば根を経て溜池の縁を通り、国道125に出て戻っても面白い。

P12301671
スイカズラ 吸葛 スイカズラ科
この季節あちこちで見られるが、白色と黄色の花を付けている、枝先の葉腋に2個ずつ花が咲き、はじめは白色でやや淡紅色を帯びるが、のちに黄色になる。雄しべは5個、雌しべは1個です、写真で先頭が緑色が雌しべです。可愛い作りです!

極楽寺コースに入るとすぐ、スイカズラ、ウツギ、ノイバラ、イボタノキと咲きだしている。ゲートを開け石造地蔵菩薩立像をお参りする。

P12301711
イボタノキ 水蝋の木 モクセイ科
コゴメウツギと同じ時期に咲く、どちらも可愛い花を咲かせる。

P12301731
ウツギ 空木 ユキノシタ科
田舎の長野でも、ここつくば市でも畑の境界点に良く植えられています、別名ウノハナ。

五輪塔入口、ここで極楽寺コースを離れるが五輪塔経由で再び極楽寺コースに合流するコースがあります、従ってここは左折して五輪塔に立寄りたい。

P12301771
五輪塔

五輪塔の右奥に登山道が続き、右方向に進むと、足元に三体の小さな塔が三体祀られている。

P12301781
小さい塔が祭られている

沢を渡って極楽寺コースへ合流する、美しい小滝が続き、登山道の外れにタツナミソウがひっそり咲いている。

P12301811
タツナミソウ 立浪草 タツナミソウ科
この先の山桜の森から山頂に向かう登山道に群れている、全ての花が片側を向いて咲く、とても可憐です。

P12301801
小さい滝が次々と続く

上を見あげるとジャケツイバラが鮮やかな黄色の花を見せてくれる。

P12301851
ジャケツイバラ 蛇結茨 マメ科
大木につるを伸ばし、からみつき、まるで大木を乗っ取る、その上で総状花序を枝先からだし、鮮黄色の花を咲かせている。

ジャケツイバラは鋭い刺を持ち、藪で出合ったら大変です、マメ科で豆果は長さ10㌢ほどで種子は10個程入っている。

どんどん登ると、山桜の森、広い登山道(林道)を緩やかにのぼる、右の藪の縁にタツナミソウが群れている。

P12301941
コゴメウツギ 小米空木 バラ科
ウツギはユキノシタ科だが、コゴメウツギはバラ科、ユキヤナギの仲間です、筑波山山麓にも自宅周辺にも沢山みかけます、仕事は都心へ通勤でしたが若い内につくば市に住居を構え、自然の中で過ごせることは幸せです!

林道は、宝篋山山頂手前で右に曲がりますが、角に細い登山道が山頂を目指しています。拾遺を見渡すと、ウマノアシガタ(キンポウゲ)が地面を黄色く染めています。

P12301971
ウマノアシガタ 馬の脚形 キンポウゲ科
花弁は鮮やかな黄色で光沢があり、一度出合ったら忘れられない!

細い登山道は雑木林だが、最後は富士山を背に急斜面を登る、美しいヤマザクラとズミが迎えてくれる。

P12301981
ズミ 酸実 バラ科

P12302001
ヤマツツジ 山躑躅 ツツジ科

途中、お話をしたご夫婦、先着のご夫婦、、弁当を広げ済ました頃、登山口の駐車場で挨拶したご夫婦が到着、、、。

下山は山口コース(1)方向に下って、宝篋山を回る林道に出て、この林道で山頂を巻き、常願寺コースへ向かうことにする。

ハナイカダ、コアジサイ、ウグイスカグラ、コゴメウツギ、フタリシズカ、マツムシソウなど次々と現れる。

P12302031
ハナイカダ 花筏 ミズキ科 
雌雄異株で、この株は雌株で、写真のものは雌株。

P12302041
コアジサイ 小紫陽花 ユキノシタ科
筑波山周辺の見頃は6月中旬、装飾花を持たないが貧乏ではありません、雄しべ10個、花柱は3~4個とガクアジサイに負けてはいません。

P12302071
フタリシズカ 二人静 センリョウ科
筑波山周辺でヒトリシズカを最近見かけません、三人いても二人なんですネ

万博記念の森手前からグルット宝篋山の北側を歩き、表に回って、再び山桜の森を通過し、野鳥の森へ向かいます、鞍部から登り返し野鳥の森です。

P12302111
オオアマドコロ 大甘野老 ユリ科
大きくて本来のアマドコロの可愛さはちょっと足りませんが素晴らしい姿です。

野鳥の森でバードウォッチングを楽しむ人を見掛ませんが!

尖浅間山を越え、急傾斜を下り、 美滝の連続、

P12302131
美滝の小滝が次々と現れ、夏でも涼しい所です。

今日も犬を連れての登山者、犬の後始末をしない人がいました、これでは孫を沢で遊ばせられない!筑波山にも多く見かけます、愛犬なら愛犬の権威を守るのも飼い主です!

P12302211
道端を飾るキショウブ

P12302221
アカメヤナギ 赤芽柳

田植えの時期、池の水は汚れても、ヤナギの新芽は美しい。隣の大木ヤナギから真っ白い雪のようなものが沢山舞っている、そろそろ新緑の季節から梅雨、そして真夏がやってくる宝篋山山麓の風物です。

以下:つくば市城山周辺を歩いての植物観察!

23日はようやく登山道から雪が消えた那須に遊びに行ってきた、那須で有名なミネザクラはつぼみでした、茶臼岳は関東が真夏のような気温といのに、冷たい北風でした。今日は宝篋山、汗ばむ陽気です、ちょっと我が家の周辺のお花を見てみます。

P12300601
自宅近くの林 キウイフルーツ マタタビ科
P12301281
農道 キウイフルーツ マタタビ科

キウイフルーツには、シマサルナシ、サルナシ、マタタビが仲間、ただミヤママタタビは雌雄異株だって!
マタタビ科、マタタビは葉は互生、花期には枝先の葉が白くなる、葉のわきに芳香の白い花を咲かせる、雄花・雌花・両性花とあって、雄花は1~3個、雌花と両性花は一個ずつ。近くにキウイフルーツが栽培されているので観察意欲が湧きますね!

P12300921
P12300911
ベニヤマボウシ 紅山法師 ミズキ科
高崎自然の森には白のヤマボウシもあって、下記のように縁が赤みを帯びる美しいものもあります。
ハナミズキ(花水木)の白い花弁状の総苞片は先端が凹んでいる、同じミズキ科、
ベニバナハナミズキも同じです。

P12300931
高崎自然の森 縁に赤みが!

P12300961
エゴノキ 野茉莉 エゴノキ科
高崎自然の森

つくば市城山から高崎十字路に向かう林に立派な大木のエゴノキがあります、ガマズミも今満開見頃です、道路には花期は過ぎましたがウワミズザクラ、サルトリイバラ、、あるが、この道路は車の抜け道になってのんびり歩けない、小学生の通学路なんですけど!

P12301001
シナノキ 科の木 シナノキ科
牛久自然観察の森では珍しいものがある、花の柄に葉のような苞が一枚ついている、庭木・公園樹にしたいものですね!

P12301521
ドクダミ 蕺草 ドクダミ科
庭に抜いても抜いても生えてくる、痛みを感じるドクダミ、茎の上部に花穂、小さな花を多数つけている、白い花弁のように見えるのは総苞片で4枚、上記のシナノキは一枚でした。

P12301321
ヒルガオ 昼顏 ヒルガオ科
散歩中、見付けると嬉しいですよね、今頃はヒルガオを見るために歩く人もおられます!

P12301351
ウツギ  空木 ユキノシタ科
ウノハナといえば「
夏は来ぬ」。。。
「卯の花のにほふ垣根にほととぎす早も来鳴きて・・・」、我が家の近くに多く見られ、初夏を感じます、散ると梅雨、アジサイの季節ですね!

P12301621
ハコネウツギ 箱根空木 スイカズラ科
自宅周辺の民家の植木、思わず足を止めてしまいます。
特に箱根には関係ないようです。

P12301651
ソバ 蕎麦 タデ科
真夏にはソバ、ソーメン、、冷たいものが欲しい、今年も節電は避けられない、花はミツバチの蜂蜜源、果実は私達用と二重の貢献、綺麗な花が道端に咲いています、今年も栽培されるのかな?それにしてもミツバチ君何処に行ってしまったのかな?

HP:わたしの天気予報

« 那須岳(茶臼岳)へ:沼原湿原から白笹山→南月山→日ノ出山→茶臼岳→姥ケ平→沼原湿原*ミネザクラ、ショウジョウバカマ、マイズルソウ、ムシカリ、ヤマツツジ、コケモモ、ミネザクラ、ミヤマヤナギ* | トップページ | 四季2012年-№008 ① 梅雨の道草?「雑草という名の植物はない」高崎自然の森 牛久自然観察の森 牛久観光アヤメ園 *アジサイが咲く*ツキヌキ二ンドウなど面白い花?* »

深山・地域の植物紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須岳(茶臼岳)へ:沼原湿原から白笹山→南月山→日ノ出山→茶臼岳→姥ケ平→沼原湿原*ミネザクラ、ショウジョウバカマ、マイズルソウ、ムシカリ、ヤマツツジ、コケモモ、ミネザクラ、ミヤマヤナギ* | トップページ | 四季2012年-№008 ① 梅雨の道草?「雑草という名の植物はない」高崎自然の森 牛久自然観察の森 牛久観光アヤメ園 *アジサイが咲く*ツキヌキ二ンドウなど面白い花?* »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ