« 四季2012年-№007① 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森、牛久観光アヤメ園,カッパの碑、筑波実験植物園辺りの植物観察*ヒルガオ、タツナミソウ、コゴメウツギ、タニウツギ、ツルウメモドキ、マユミ、ヤブデマリ、カマツカ、ニガキ、ヤブヘビイチゴ、ユキノシタ* | トップページ | 【霞ケ浦環境科学センター】「桜川の自然と魚観察会」平成24年度第2回 霞ヶ浦自然観察会に参加*桜川の松崎河川敷* »

2012年5月18日 (金)

四季2012年-№007② 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森、牛久観光アヤメ園,カッパの碑、筑波実験植物園辺りの植物観察*ヒルガオ、タツナミソウ、コゴメウツギ、タニウツギ、ツルウメモドキ、マユミ、ヤブデマリ、カマツカ、ニガキ、ヤブヘビイチゴ、ホシザキユキノシタ*

撮影:2012/5/16-18   こちらから四季2012年-№007①

筑波実験植物園 2012/5/18  国際博物館の日(第36回)で入場料無料

P12204111
ホシザキユキノシタ  星咲雪の下 ユキノシタ科P12204141 
ホシザキユキノシタ 星咲雪の下 ユキノシタ科
筑波山の植物コーナーに植えられ、繁殖している、ユキノシタに比べると下側の花弁2枚が短く、線香花火のように見える。葉の模様も素敵です、信州の実家では井戸の回りにユキノシタが群れていた時代を思い出される。

P12204221
コマユミ 小真弓 ニシキギ科
P12205101
マユミ 真弓 ニシキギ科
これがマユミの花、樹皮は灰白色で、若い枝は緑色、裏面の脈が目立つ。雌雄異株、写真のものは?秋までおあずけ!

P12204261
イワシモツケ 岩下野 バラ科
至仏山に自生して綺麗です、7月から登山が解禁されるので楽しみです。

P12204311
イブキシャコウソウ 伊吹麝香草 シソ科
ハーブとして栽培、丈夫で私でも栽培できるらしい。

P12204331
サンショウバラ 山椒薔薇 バラ科
丹沢湖の南に不老山があり、6月にわざわざ見に行きました、富士山が見え素敵でした、筑波実験植物園には大木があり綺麗ですが、不老山の自生はさらに素敵です。

P12204371
ツクバネウツギ 衝羽根空木 スイカズラ科
ツクバと頭につくので筑波山の花かと思っていませんか?庭先にあるのはハナゾノツクバネウツギなんですね、知らないことを知る、、、都心からこられた二人連れの女性さん達、快晴したの植物観察楽しんでいただけましたか、、ガッテン(合点)

P12204461
アサザ 阿佐佐 ミツガシワ科

P12204541
ノアザミ 野薊 キク科
今頃咲くアザミ、草むらの主役、オニノゲシも咲いていますがこちらは黄色。

P12204561
タケニグサ 竹似草 ケシ科
別名チャンバラギク、茎は中空で竹に似ている?切ると有毒の黄色い乳液、真夏に粉白を帯びて伸びるタケニグサは避けて通りますよね!

P12204621
テイカカズラ 定家葛 キョウチクトウ科
付着根で木や岩をはい登る、自宅近くの民家の垣根に美しい模様のものがある、こちょらも見頃でした。葉は対生、革質の光沢、花はスクリュー状、秋には紅葉狩り。

P12204641
タツナミソウ 立浪草 シソ科

P12204661
ハマヒルガオ 浜昼顔 ヒルガオ科
昨夜の雨を貯めている、散歩道にヒルガオが咲きだした、アサガオを植え替える時期にほぼ一致。

P12204691
コマツヨイグサ 小待宵草 アカバナ科
筑波実験植物園ではハマヒルガオと同居、散歩道にはヒルザキツキミソウやアカバナユウゲショウが満開ですね。

P12204711
ジャケツイバラ 蛇結茨 マメ科
面白い冬芽を見に来る人は少ないが、今週のベスト3にランクされ熟年カメラマンが大勢で渋滞になっている、マメ科だって聞いてビックリ、でもハナズオウもそうですネ

P12204841
マルバウツギ 丸葉空木 ユキノシタ科

P12204471
ハコネウツギ 箱根空木 スイカズラ科


P12204971
タニウツギ 谷空木 スイカズラ科

P12205001
コゴメウツギ 小米空木 バラ科

P12205041
ドクウツギ 毒空木 ドクウツギ科
2列に並んで対生する羽状複葉のように見えるが普通の対生、雄花と雌花の花序は同じ節から出てる、写真は成長期で完成品ではありません、チャンスがあれば見に来よう!

P12205061
ヒメウツギ 姫空木 ユキノシタ科

ユキノシタ科(ウツギ、ヒメウツギ、マルバウツギ)、バラ科(コデマリ、ユキヤナギ、コゴメウツギ)、スイカズラ科(カンボク、ヤブデマリ、ムシカリ)と純白で初夏を飾りますね。

○○ウツギが今見頃、気圧不安定の予報でしたが快晴、白花のウツギは新緑と青空に囲まれて観賞するのが一番、でも帰宅後は雷雲、それに夕方震度4.8震源地は茨城県南部でした。

P12205141
コデマリ 小手毬 バラ科
コデマリが散ると、筑波山ではシモツケ(下野)の季節、植物観察に出かける日々になってきますネ

P12204891
トリアシショウマ 鳥足升麻 ユキノシタ科

P12205281
ヒツジグサ 未草 スイレン科
尾瀬で見たいものです、入園じは蕾、昼になってご覧のように可愛い!

P12204411
オゼコウホネ 尾瀬河骨 スイレン科
尾瀬で見たい花、鳥に芽を食われないいうに鉄網が!

P12205211
ハナウド 花独活) セリ科

P12204381
ヤマグルマ 山車 ヤマグルマ科

P12205271
アレ! ヒツジグサやオゼコウホネ水に通り過ぎて行く!

ここに来れば尾瀬を思い出す、筑波実験植物園での自然保護は素晴らしい。クレマチス展(5/3~6/10)が開かれている、アット言う間に真夏がやってくる!

HP:わたしの天気予報

« 四季2012年-№007① 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森、牛久観光アヤメ園,カッパの碑、筑波実験植物園辺りの植物観察*ヒルガオ、タツナミソウ、コゴメウツギ、タニウツギ、ツルウメモドキ、マユミ、ヤブデマリ、カマツカ、ニガキ、ヤブヘビイチゴ、ユキノシタ* | トップページ | 【霞ケ浦環境科学センター】「桜川の自然と魚観察会」平成24年度第2回 霞ヶ浦自然観察会に参加*桜川の松崎河川敷* »

深山・地域の植物紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四季2012年-№007① 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森、牛久観光アヤメ園,カッパの碑、筑波実験植物園辺りの植物観察*ヒルガオ、タツナミソウ、コゴメウツギ、タニウツギ、ツルウメモドキ、マユミ、ヤブデマリ、カマツカ、ニガキ、ヤブヘビイチゴ、ユキノシタ* | トップページ | 【霞ケ浦環境科学センター】「桜川の自然と魚観察会」平成24年度第2回 霞ヶ浦自然観察会に参加*桜川の松崎河川敷* »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ