« 春の植物観察(ヘビイチゴとミツバツチグリ、ガンマズミ、ツクバネウツギ、ハナイカダ、キツネアザミ、春の黄色い花 | トップページ | 四季2012年-№006① 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森、牛久観光アヤメ園,カッパの碑辺りの植物観察 キンラン&ギンランが魅力、アヤメ・カキツバタも見事 »

2012年5月 5日 (土)

こどもの日は筑波山へ行こう! トウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、ニリンソウが見頃の筑波山においでよ!筑波山つつじまつり開催中 *ウリハダカエデも開花*

撮影:2012/5/5

P12107991
トウゴクミツバツツジ 東国三葉躑躅

P12107731
ヤマツツジ 山躑躅

P12107941
ニリンソウ 二輪草

コース

つくば市城山4:55=(国道408等)=>白滝コース登山口:六所駐車場5:50―(0:05)―>六所皇大神宮霊跡地5:55―(0:15)―>六所ノ滝6:10―(0:20)―>展望地点・登山道出合6:30―(0:30)―>バーベキュー施設7:00―(0:20)―>白滝7:20―(0:35)―>道路出合7:55―(0:30)―>つつじヶ丘手前の駐車場8:25―(1:15)―>大仏岩9:50―(0:15)―>10:05女体山10:10―(0:35)―>自然研究路の東屋10:45―(0:10)―>富士見岩10:55―(0:15)―>男体山11:10―(1:30)―>筑波山神社12:40―(0:25)―>ふれあいの里13:05―(1:05)―>14:10白滝コース登山口:六所駐車場

荒れた天気が続き、各地で記録的な大雨、被害も報告されている、こどもの日の今日は朝から筑波山は快晴!立夏でもある、気温も20℃を越える見込み。

六所駐車場に6時前に着く、六所大仏の左から田んぼ道を登ると民家、六所皇大神宮霊跡地の入口は直ぐです。

P12106811
ガマズミ 莢迷

女坂と言われ、ガマズミが開花、ムシカリに良く似ているが装飾花はガマズミには無い、
横にはテイカカズラが伸びている、このテイカカズラは六所ノ滝上の堰堤の縁に凄いやつがツルを絡みあっている。

P12106831
テイカカズラ 定家葛
P12107061
テイカカズラ 定家葛 の花芽

テイカカズラは、葉が厚く革質、光沢があり、蔓の先端や上部の葉腋に集散花序を付ける、花芽はだいぶ膨らみ開花は近い。大鳥居石柱の更に奥に進むとシャガ美しく咲き、六所照庵の手前にお手洗いがありお借りする。

手水舎(水道水で飲用可)を使って、しらたきと書かれた道標を追ってゆく、散策路を見送り、右方向に進む所でちっちゃなオニタビラコのスマートな姿を見付ける、こんなに薄暗い所に根を張ってしまったのだろう、オニタビラコは筑波山神社の標高より低い所に小さな群落だったり石垣に独立して生えています、花柄の根元のロゼット状の根生葉が印象的です。

P12106891
オニタビラコ 鬼田平子

直ぐに滝の音が聞こえてくる、足元にはホウチャクソウ、クサイチゴ、、等が群れている。

P12107111
クサイチゴ 草苺

立派な六所ノ滝が現れる、続いた雨で水量が多く、迫力、ただ足元にも水が流れ深いぬかるみが続く。

P12106901
六所ノ滝 数日雨が続き、水量が多く迫力

六所ノ滝の左側を登ると、堰堤の脇に出る、この堰堤の上にテイカカズラが群れており、堰き止められた沼から立つ大木に絡み付くテイカカズラは花期が楽しみです。

P12107021
テイカカズラ 定家葛

ここは谷底、見上げると青空が広がって、立夏、夏の空です、チゴユリを見ながら急登。クサイチゴが再び群れ、先ほど別れた散策路に合流する、筑波山は遥か高い位置に見えている。

P12107101
広い草原に出る、青空に筑波山、右稜線はつつじヶ丘!

しばらく平坦に進む、六戸からの立派な林道に出合う。続いて入口縁にヤマツツジの咲く散策路に入る、再びガマズミが咲き、新緑真っ盛りです、帰宅し図鑑でガマズミのページを開くと、

P12107171
コバノガマズミ 小葉莢迷

ガマズミかコバノガマズミかとの比較が図鑑に書かれている、読んでみるとコバノガマズミは葉がガマズミより小形で細長、ガマズミの葉柄の長さが1~2㌢でコバノガマズミは2~4㍉、基部に線形の托葉が有るとのこと、写真では托葉は確認できませんが、葉柄は短くコバノガマズミだろう、私のレベルではガマズミ一本で良いかな?

近くにガマズミに似た葉の小さな花を付け良く茂ったものが現れる、開花はこれからミヤマガマズミかも知れない。

P12107181
コゴメウツギ 小米空木
2012/5/8 牛久自然観察の森で開花!

藪の道を抜けると手前で横切った林道に出る、しばらくして、左の原っぱにカキドウシが群生、しらたきと書かれた道標はさらにひどい藪道を案内している、このまま林道を行くとふれあいの里経由になる、この道標に従う方が良い、細い道は昨日の雨で沢の様に流れ歩き難いが、植物観察には面白い。

P12107271
カキドウシ 垣通し

藪道を抜けると、筑波ふれあいの里のバーベキュー施設に出る、キャンプを楽しむ家族らが朝食中、昨日まで悪天候、連休後半の5,6日は快晴の予報です、ここは展望が良く富士山が良く見えるが、今朝は薄い姿ですが大きく見えています。

施設を過ぎると、Y字路で左の又次沢渓谷に入る、普段は小川で子供達が沢遊び、ところが今日は立派な渓谷です、朝食の時のキャンプ場なのか、六斗駐車場からつつじヶ丘駐車場まで誰一人出合いません。

P12107301
又次沢渓谷  昨日の大雨の影響で素晴らしい渓谷に!

キャンプ場から又次沢渓谷は数分、白滝も10分程です、朝の散歩には楽しいコースです、沢岸に一本だけ大きなホウチャクソウが生えている、この辺りチゴユリは見当たらない。

P12107311
ホウチャクソウ 宝鐸草

又次沢渓谷を遡ると行止まり、木々が最近切られこのコースが生まれたようです、昨年はこの又次沢渓谷経由は無かったような気がする?

行止まりになった所で右に上がれば、Y字路で分れた登山道が合流、直ぐにつつじヶ丘へ通じる林道に出合う、白滝は右折しちょっと下った所です。

P12107421
白滝  昨日までの雨で水量が増し、今日は迫力です!

薄暗い所で、シダ類が多く生える、ひっそり咲くオドリコソウがその中でも印象的だ、民家の近くにはヒメオドリコソウが多いけど、このオドリコソウはちょっと山に入らないと見れない、

P12107391
オドリコソウ 踊り子草

白滝の上に登り沢底に降りて見ると、岩に苔がビッシリ、綺麗に整列したジュウモンジシダが生え、薄暗い沢を少しでも明るくしてくれる、そんな白滝に、薄暗い、霊が漂う神社が祭られている。

P12107511
ジュウモンジシダ 十文字羊歯

細長い羽片の根元に左右対称に羽片があって、十手のような十文字になっている、このシダは私も判定できるが、他のシダは難しい。

白滝神社の横をさらに登ると尾根状になって、結構急坂、まもなく旧キャンプ場跡地に飛び出る、斜面にツツジが植えられなかなか良い、左折すると、ちょっと湿原があるから寄って行く、黄色い花が密生している、なんだろう!ウマノアシガタ(馬の足形)で別名:キンポウゲです。

P12107581
ウマノアシガ 馬の足形 別名:キンポウゲ

ウマノアシガタの根生葉が馬のひづめに見立てたという、ここは筑波山の主な登山コースでは無く、地元の人が楽しむ程度、日当たりが良く適度に湿り気があり植物の生えるには条件はいいだろう、登山道に引返し、ツツジ公園の中を登る、クサイチゴ、栄養葉を伸ばすシダ、ヤマツツジを見ながら急登する、振向くと晴れていれば富士山の良く見える所ですが今日は春霞が邪魔である。

筑波山神社からつつじヶ丘への車道に飛び出る、ここは横切ってつつじヶ丘駐車場を目指す、道路まで急登が続くが、ヤマツツジが見頃で楽しめる。

P12107751
ヤマツツジ 山躑躅

ヤマツツジが時々現れ、その都度足を止め見入る! 大木のモミ、巨岩の脇を通過し、最後の登りを終わればつつじヶ丘駐車場への道路にでる、ここには車なら数台停められる空間がある、車は停まっていない、霞ヶ浦方面が良く見える。サイクリングで登って来る人は見掛けるが、下から徒歩でやって来る人や下山する人は見かけない。

P12107821
スミレ 菫

道路の側溝の傾斜にはツツジが植えられ、その根元にスミレ類がポツポツ咲いている、1,2分でつつじヶ丘駐車場に着く。

今日は子供の日、つつじヶ丘駐車場は満席とのこと、子供連れの家族登山者が続々女体山を目指す、子供ばかりではなく、中学生、高校生、、、、も多く登っている。

P12107851
ヘビイチゴ 蛇苺
P12107871
タチツボスミレ 立坪菫
P12107891
マルバスミレ 丸葉菫
P12107901
時々素晴らしい展望ポイントがある。

つつじヶ丘高原を過ぎ、アカマツの下を通過するとやや楽になってくる。ここまで親の手を借りた子供達も動きが活発になって来る所です。

まもなくこのコース初の下りになる、下りか切った鞍部はニリンソウの群生地、ここからちょっとキツイが、直ぐに弁慶茶屋跡地、筑波山神社からのコース(白雲橋コース)が合流する、数十人が休憩中、今までこんなに混んだ経験は無い程、ここから最近人気になった古木の大杉株、弁慶七戻り、高天原、母の胎内くぐり、陰陽石と続く。

P12107971
トウゴクミツバツツジ 東国三葉躑躅

美しいトウゴクミツバツツジが見事に咲く、国割石、通過する人々は余裕がないのか、関心がないのか?頭上に咲く美しいツツジを鑑賞する人は少ないのは残念、鑑賞しホットすることによって疲れが和らげられる!

P12108011
P12108001
新緑は青空に良く似合う 美林のブナ林

出船入船を過ぎ、裏面大黒、北斗岩辺りは平坦な美林のブナ林道で、思わず子供達が走り出すところだ、屏風岩の休憩ベンチまで登りが続く、屏風岩で小休止、屏風岩から女体山山頂が良く見える、続いて地震ではビクともしない大仏岩を左に見上げ、最後の岩場登り、大渋滞、幼い子供達は必死だ、こんな場合は前後の人と会話を楽しみ決して前の人を抜こうなってマナー違反をしない事です、私達熟年者が罪を犯しがちだ!

女体山御本殿の裏に飛び出る、初めて北側の展望が開け、筑波連峰の加波山方向が見えてくる、晴れていれば日光、那須方面の山々が遠望可能です。

P12108101
女体山山頂(標高877㍍)は人々で埋まる

女体山山頂に立つ、春霞で富士山は見えないが東京スカイツリーはなんとか確認できる、360度の展望はワーーー!と歓声が上がる、何度登っても新鮮な気分になる山頂である。苦労して登った母と子の達成感の笑顔もまた感動ものである、特に今日は子供主役の子供の日だ!安全を祈らずにはいられない!

P12108111
カタクリ園のヤマザクラ

カタクリ園内の細道に入る、カタクリは消え姿は無いが、大木のブナとヤマザクラの美景に酔うところ、ツツジ祭り中だが、ここはお花見祭りと言っても過言ではない!だが立寄って桜を楽しむ人は少ない、苦労して登ったお子さんに見せて頂きたいものです。

御幸ヶ原から右回りに筑波山自然研究路に入る、あの多数の子供達、誰一人としてこのコースに入って来ない、私の孫(4歳から)はここが大好きで何時も楽しく巡っている、ニリンソウが今見頃、出合う人に葉の間から二輪が揃って咲くことを教えると決まって感激される、特に親子同行の女の子は目を輝かせる、筑波山にまた来てほしいものです。

P12108181
トウゴクサバノオ 東国鯖の尾
P12108191
二輪の花 ニリンソウ 二輪草
P12108221
モミジイチゴ 熟せば美味しい!
P12108231
コアジサイ  可愛い丸い穂状の花が咲きます
P12108321
カタバミ 方喰 自宅近くのカタバミは黄色ですかピンクですか?
P12108341
ガマズミ 莢迷  秋から冬には真っ赤な実が見れます!
P12108381
ハルトラノオ  花期は過ぎていたので!

P12108151
ユキザサ 雪笹
葉はちょっとチゴユリに似ているが花は全く違います、笹に雪が乗った感じの開花が楽しみですね!

自然研究路は大石重ねの手前の東屋で展望台へと登り返す。展望台から男体山は尾根道を登れば近い。

P12108291
ウリハダカエデ 瓜膚楓
男体山から富士山展望、春霞で見えません!カメラに飛び込んだのはウリハダカエデです、葉と同時に細長い花序をだす、雌雄異株、これは雄花?樹皮の色も特徴がありますね!我が庭のモミジも面白い花を付けますね!

男体山から御幸ヶ原への下りは長蛇の列、裏側の道を使って御幸ヶ原へ、下山は御幸ヶ原コースです。

P12108401
御幸ヶ原 山桜が見頃です!

筑波山神社の社務所で筑波山コース別ガイドを頂くが、男体山と女体山を結ぶコースが掲載されていない、従って、カタクリ園とガマ岩、途中の一本のトウゴクミツバツツジや大木のブナの案内が無いようです、特にブナ林は欠かせない、三コース分頂いたが他に有るのかもしれない?

つつじヶ丘からのコースはつつじヶ丘高原経由の急坂、奇妙な巨岩、草花・木々が楽しめる、御幸ヶ原コースは展望は無くひたすら樹林帯を下る、下り始めると登ってくる登山者の達成感の姿が、ちょっと下ると「山頂はまだですか?」と聞かれる、この辺りが急傾斜で岩場の下りです。さらに下ると丸太のピッチの狭い急な階段に変わる、ブナ林から杉林に変わる、昨日の雨で普段流れない小さな水の流れがあちこち現れぬかり大変です、巨木の杉が並ぶようになると男女川、大勢の登山者が休憩中、湧水に加わって昨日の雨が入りこんな時は飲用不可とした方が良い、、、。

ここから下り、登り返す、この辺りが長峰トンネル(ケーブルカーの)で、ピークからの下りが危険地帯、次から次と登山者が切れず続く、ここは渋滞です!

P12108411
登山道の脇道に沢が流れる

ちょっと油断、尻もち!幸い左に沢があり、汚れを落とす、見上げると新緑が青空の下に輝く、年中の女の子がしっかり登ってくる、手足は泥だらけ、、。ケーブルカーのすれ違う休憩ポイント、この辺りが中間点だろう、大木のモミ、スタジイが現れ、一本のモミジのベンチ、まだまだ登山者は登ってくる、ようやくカーブルカー入口、反対の筑波山神社の裏道に入る。

P12108431
神社の裏に、社務所の女性にお聞きするが、ホシザキユキノシタかどうか不明!
「7月にきて下さい、、、」とご案内。

筑波山神社、観光客がどっと押し寄せ連休を楽しんでいる、お土産店はどの店も満員、つつじヶ丘への車道に降り、つつじヶ丘方向に進む。

筑波山温泉つくば湯を確認し、広い林道を筑波ふれあいの里へと下る。

道端に次々と現れる花を見ながら下れば、六所駐車場は遠い距離では無い。

P12108571
オドリコソウ 踊り子草 と筑波山  ちょっとピンク色を帯びて可愛い 

P12108581
ジシバリ 地縛り  この時期一番華やかかも!

P12108591
キジムシロ 雉筵 
下記のヘビイチゴはあちこち見れますがこちらは少ないですね!
キジムシロの葉は5~6個の小葉を持つ奇数羽状複葉です。


P12108721
オヘビイチゴ 雄蛇苺
ヘビイチゴかと思いましたが、牛久自然観察の森で聞くと、葉は5小葉だが、茎の上部は3小葉で
これは、オヘビイチゴだそうです。図鑑で調べると、ヘビイチゴよりキジムシロに属するそうです。
感想ですが、ヘビイチゴに比べ花が密に咲きますね!

P12108621
キランソウ 金瘡小草
別名:ジゴクノカマノフタ、地面にへばりつくので、雨の翌日はちっと汚れがち!
ジュウニヒトエに似ていますが、ジュウニヒトエは花穂を上に立たせますよネ。

P12108631
トキハハゼ 常盤黄櫨 ムラサキサギゴケとそっくり!  私には同じに見えます、
自宅にもどこから迷ってきたのかポツポツ咲いています。

HP:わたしの天気予報

« 春の植物観察(ヘビイチゴとミツバツチグリ、ガンマズミ、ツクバネウツギ、ハナイカダ、キツネアザミ、春の黄色い花 | トップページ | 四季2012年-№006① 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森、牛久観光アヤメ園,カッパの碑辺りの植物観察 キンラン&ギンランが魅力、アヤメ・カキツバタも見事 »

趣味の登山」カテゴリの記事

コメント

fumikaiさん、昨日はつくば市で大きな竜巻、落雷がありましたね。
お怪我や壊れたものはございませんか?
今朝は休刊日で新聞がないのでわかりませんが・・

春のお花がいっぱいで、家族連れで賑わっていますね。
水量増した白滝の流れが美しいお写真ですね。涼しそうです。
黄色い花の区別が難しいです。
ジシバリはタンポポみたいです。キジムシロ、ヘビイチゴ?観ても名前がわかりません。

私は5日は北山シャクナゲ尾根でした。
9時過ぎのバスだとハイカーの行列混雑ですが、友達が遅れる連絡で2時間後のバスだったので、だれにも会わなかったです。

連休お疲れ様でした。
●●北山シャクナゲ尾根は天ヶ岳ですよね!私が大阪出張はシャクナゲの後でしたので、登りませんでした!残念でしたが、皆さんのページを見て楽しんでおります。

被害にあわなくてよかったです。
でも被害にあわれた方達はお気の毒で言葉もありません。
ほんの一瞬で通り道になった家々が壊れてしまい、自然の力には驚いてしまいます。

予報では天気がよいとのことなので、長野県松川町にある烏帽子ヶ岳(伊那の谷と南アルプスが一望できる)に登る予定で早朝出発。
諏訪までは八ヶ岳・南アルプスも良く見えていたのですが、松本方面ではなく辰野方面に
曲がったとたん霧が発生し、駒ヶ根を過ぎても山々が見えません。
松川ICが近づくにつれて霧が晴れてきました。
鳩打峠登山口から登り、途中の小八郎岳も伊那の谷と南アルプスが素晴らしいとのことなので寄ると、雲が多く霞んで南アルプスはほとんど見えませんでした。
烏帽子ヶ岳まで行っても展望は・・・・・ということで下山し、早めに帰宅しました。
●●烏帽子ヶ岳は白峰3山が良く見えるとのこと、最近アルプスのガイドブックや地図を広げなかったんですが、確認させて頂きした、ここ数日は不安定の気象、白馬の事故は登山者の常識無し行動で周囲が迷惑でした、自分の命は自分で守れない竜巻事故は本当に気の毒です、気象庁では何時何処で発生するか解らないとのこと、気圧の谷がちょっとズレたら我家が圏内!
日光男体山が山開き、、そろそろ高山へ心が引かれます。
烏帽子ヶ岳からのパノラマ映像期待します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/45146902

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの日は筑波山へ行こう! トウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、ニリンソウが見頃の筑波山においでよ!筑波山つつじまつり開催中 *ウリハダカエデも開花*:

« 春の植物観察(ヘビイチゴとミツバツチグリ、ガンマズミ、ツクバネウツギ、ハナイカダ、キツネアザミ、春の黄色い花 | トップページ | 四季2012年-№006① 高崎自然の森、茎崎こもれび六斗の森、牛久自然観察の森、牛久観光アヤメ園,カッパの碑辺りの植物観察 キンラン&ギンランが魅力、アヤメ・カキツバタも見事 »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ