« 【霞ケ浦環境科学センター】「春の魚とフナの産卵観察」平成24年度第1回 霞ヶ浦自然観察会に参加 | トップページ | こどもの日は筑波山へ行こう! トウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、ニリンソウが見頃の筑波山においでよ!筑波山つつじまつり開催中 *ウリハダカエデも開花* »

2012年5月 1日 (火)

春の植物観察(ヘビイチゴとミツバツチグリ、ガンマズミ、ツクバネウツギ、ハナイカダ、キツネアザミ、春の黄色い花

撮影:2012/4/30.・31

春には黄色の花が多く、似たものがまた多く、植物観察のチャンスも多い、
霞ヶ浦の川尻川河口と牛久自然観察の森・茎崎自然の森を訪ねてみた。

ヘビイチゴ(蛇苺)とミツバツチグリ(三葉土栗)の比較・判定方法

P12105231
ヘビイチゴ 霞ヶ浦の川尻川河口
P12104201
ヘビイチゴ 茎崎自然の森
P12103011
ミツバツチグリ 牛久自然観察の森

ヘビイチゴとミツバツチグリはバラ科、ヘビイチゴはヘビイチゴ属でミツバツチグリはキジムシロ属、そして見た目はほとんど差がないが、
ヘビイチゴの場合は、花弁の間隔が広く、ガクが見える、ミツバツチグリは間隔が狭く見えない、次に葉ですが、逆にミツバツチグリの方がすき間が広く、ヘビイチゴは丸みを帯びた葉のため間隔は狭い。

自宅近くにヤブ道で見かけるのはヘビイチゴだけ、従って、牛久自然観察の森で尋ねると、ガイドの若き女性は「薄暗いヘビのでそうな場所に生えるのがヘビイチゴ、、、ミツバツチグリハ山野の日当たりのよい所に生える、、」という判断で間違いないようです。

なお、ミツバツチグリの仲間、キジムシロは奇数羽状複葉で間違いは少ない!

咲きだした木々の花

P12105631
ガマズミ 鎌酸実、莢迷 牛久自然観察の森 入口
秋は実を赤くし、良く目立つが、装飾花を持つムシカリ(虫刈)に花の美しさでは負けている、写真のガマズミは枝振りが美しく絵になりますね!

P12105661
ツクバネウツギ 衝羽根空木 牛久自然観察の森 入口
ウグイスカグラ()が咲き終わると、ツクバネウツギが咲きだす、下唇の内側に橙色の網状紋があるから解り易い、今年伸ばした枝先に2個咲かせるのがとても可愛いですね。

ハナイカダの雌雄異株

P12105701
ハナイカダ 花筏 雄花 牛久自然観察の森
P12105711
ハナイカダ 花筏 雌花 牛久自然観察の森
面白い、葉の真ん中に花が咲き、この花が筏(いかだ)に乗ったように見える、
雌花は一個、雄花は複数の花をつける。雌雄異株なので雄花には黒い実はつかない。

ハコベとウシハコベの区別

P12106231
ハコベ 繁縷
P12106191
ウシハコベ 牛ハコベ

春は黄色の花が多い

ヘビイチゴ、ミツバツチグリ、キジムシロなど春は黄色が多いですね。

P12106161
タビラコ 田平子
茎は柔らかく、根元を見ようと隣の草をよけると倒れてしまう、見付けた場所は田植えの準備中
今朝から水が流し込まれ、明日には水中に埋まってしまうかも知れない。

P12104221
ヤブタビラコ 藪田平子
P12106261
オニタビラコ
鬼田平子
自宅の田、畦道、散歩道の縁に、タビラコ、ヤブタビラコ、オニタビラコの三種類が咲く、
図鑑をみると、オニタビラコはタビラコ、ヤブタビラコとは属が違う。
オニタビラコ は粗い毛があり、花径は直立し、頭花は多数の花が付く、タビラコと違いますね!

P12105011
オオジシバリ 大地縛り
ジシバリは葉がやや丸、オオジシバリはへら状です、霞ヶ浦の川尻川河口の
畦道に沢山咲き見事でした!

P12105181
コメツブツメクサ 米粒詰草

P12105191
カタバミ 片喰

P12105241
ノボロギク 野襤褸菊

P12106251
イヌガラシ 犬辛子

P12105321
タガラシ 田辛子

珍しい物に注目

P12106281
キツネアザミ 狐薊
自宅から近い休講畑、菊なのにアザミに似ており、キツネに騙されたからとが由来、
キク科のキツネアザミ属、葉の裏には白い毛が一面に生え、アザミのような刺は無い。
紅紫色で一見どころか何度見てもアザミです。

P12106321
イロハモミジ 庭先、毎年紅葉が綺麗、剪定に工夫をほどこした、今年伸びた枝に花が垂れ下がって、大きな黒い蜂が蜜を求めてやってくる。

P12106071
コウゾ 楮 別名:ヒメコウゾ(姫楮)
自宅の散歩道や茎崎自然の森からみのり幼稚園の農道。
ループを通さないとこの美しさを体験できません。

P12105781
コウゾ 楮
牛久自然観察の森、これもコウゾだろう、

P12105331
ミツバアケビ 三葉木通
雄花と雌花が別で、雄花は房に、大きな別の花が雌花

P12105811
ニシキギ 錦木
牛久自然観察の森、開花直前 枝にコルク質の翼が発達、対生の葉、花は淡緑色、
翼のできないものはコマユミと呼ぶそうです。
我家には実家の長野から数十年前移植した一本が開花した、両脇に万歳をする粒が付いているが、これも花かな?

P12103801
サンショウ 山椒  花  雌雄異株
花が咲く前の若葉は美味しい、ここまで進んだら果実まで待とう!

P12103831
シロダモ  白ダモ
シロダモの花期は秋、実は秋に熟す???今年の秋に咲いた実は翌年の秋に熟す。

P12103911
ヒメオドリコソウ 姫踊子草   白花

P12104101
ウワミズザクラ

P12104411
セントウソウ 仙洞草  果実

P12104651
ヘラオオバコ 箆大葉子

P12104871
トウゴクサバノオ 東国鯖の尾
庭先に何かに付いて運ばれてきたらしい、名前は、カエデの2枚のプロペラ状の種子が、鯖の尾に似ていることから鯖の尾がついたらしい、ヒメニリンソウといった感じの花です。

P12102581
サルトリイバラ

P12105831
イカリソウ 錨草 碇草 牛久自然観察の森

わたしの天気予報

« 【霞ケ浦環境科学センター】「春の魚とフナの産卵観察」平成24年度第1回 霞ヶ浦自然観察会に参加 | トップページ | こどもの日は筑波山へ行こう! トウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、ニリンソウが見頃の筑波山においでよ!筑波山つつじまつり開催中 *ウリハダカエデも開花* »

深山・地域の植物紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396276/45089721

この記事へのトラックバック一覧です: 春の植物観察(ヘビイチゴとミツバツチグリ、ガンマズミ、ツクバネウツギ、ハナイカダ、キツネアザミ、春の黄色い花:

« 【霞ケ浦環境科学センター】「春の魚とフナの産卵観察」平成24年度第1回 霞ヶ浦自然観察会に参加 | トップページ | こどもの日は筑波山へ行こう! トウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、ニリンソウが見頃の筑波山においでよ!筑波山つつじまつり開催中 *ウリハダカエデも開花* »

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ