旅行・地域

2012年2月20日 (月)

板敷山大覚寺のヤブツバキの大木を訪ねて!

撮影:2012/2/19

JR常磐線岩間駅から愛宕山・難台山・吾国山を縦走し、JR水戸線福原駅に下る林道に出ると大覚寺への道標が有る、従ってJR水戸線福原駅側からは吾国山に登る手前になる。

今日はつくば市城山から学園東大通りに出て北上し、フルーツラインで朝日峠を越え、フラワーセンタ―前を通過後は大覚寺(だいがくじ)の道案内を追いかけ、水戸線・国道50号の少し手前で大きな石の大覚寺の門を見付ける。

板藪山の山麓に建っている、地図を見ると吾国山(標高518㍍)・燕山・加波山(標高709㍍)と板藪峠(標高120㍍)に囲まれた静かな里山である。

家内と二人で訪れましたが誰一人寺を訪れる人はおりません、境内は綺麗に清掃されておりましたがお守りする人の姿も有りませんでした。

P11801291 
大覚寺全景  後ろは坂藪山  吾国山連峰的な位置になる

石門を通過し、狭い道を昇ると、大覚寺手前に空地があり、ここに駐車する、直ぐに立派な壁が目に入る。

P11800821
大覚寺山門  白い石塀にマッチ!

正門を潜ると、家内が大木のヤブツバキを見つける、樹齢500年、高さ14㍍、幹1.5㍍の大木、古木で樹皮は灰白色の肌、目を見張る古木の姿です。今年は寒くまだ花は見れませんが、古木ですが老木ではありません、木肌はつるつるしており、花期は楽しみです。

側に一茶 「秋の夜や祖師もかやうな石枕」の句碑が有り、続いて、

P11800841
古木のヤブツバキ

落ちざまに水こぼしけり花椿  芭蕉 の石碑、石岡市指定保存樹 板敷山大覚寺のヤブツバキ(藪椿)である、時間の経つのも忘れ境内を家内と拝見させて頂きました、美しい庭園をご覧ください。

P11800831
大覚寺本堂

P11801151
素朴であってかつ美しい彫刻

P11801181
天窓   寺の内部に光を取り入れる、
寺内に美しい光線が差込み神秘的である

P11801051
庭園  「裏見無しの庭」

この美しい庭園は回遊式庭園で、京都の「桂離宮」を模しており、どの角度から眺めても裏表が無い、裏見無しの庭である。私達も庭園を一周、何処からでも撮影ポイントである、大木のモミジから建物の眺めは素晴らしい。

P11801021
回遊式庭園の回遊路  右回りで庭園を回遊

P11801091
回遊式庭園の回遊路

庭園の回りを一周、何処から眺めても裏も表もありません!

P11801101
回遊路には美しい竹林

P11800921
池の回りや中に大小に石が置かれている

P11801111
周囲の樹木も素晴らしい

P11800871
鐘つき堂

大覚寺で配布している資料によると、親鸞聖人法難の遺跡としての開宗引通の有縁の地だとい、親鸞聖人は越後(佐渡)に流罪(1207年)となって、受難の年月を送って、許され1211年京都には戻らず、関東特に常陸の地(1214年~)で流布活動を送っていた、越後では約7年、関東では約20年間過ごされた、大覚寺は親鸞聖人の足跡を引き継ぐ記念の寺院であり、浄土真宗の開祖・親鸞聖人の弟子周観大覚が開山。

京都の桂離宮を模して造園した庭園が今日私達が訪れた所である、桂離宮は京都市西京区に建ち、江戸時代初期の造営、回遊式の庭園は日本庭園の傑作とされている、また庭園には茶室が置かれ、桂川の水を引きいれ池を中心に、茶室・築山・州浜・橋・石灯篭など配し、茶屋は松琴亭(しょうきんてい)、賞花亭(しょうかてい)、笑意軒(しょういけん)、月波楼(げっぱろう)の4棟があり、他に持仏堂の園林堂(おんりんどう)がある。

その親鸞聖人が流布活動で越えた八郷と岩瀬の峠が板藪峠だ、弁円に関する碑があり「山も山 道も昔にかわらねど かわりはてたる我こころかな」、私はまだ歩いてはいませんが、板藪山入口から林道歩きで吾国山を経て、太田集落に下山するコース、基点は大覚寺、途中の筑波山・足尾山・加波山が一望できるという。尚、近くには善光寺があり、境内の桜門は室町時代の建造で木造建築では最古とも言われ、国の重要文化財に指定され大覚寺と西光院(筑波の清水寺)共に一見の価値充分!

HP:わたしの天気予報

2012年2月 6日 (月)

【霞ケ浦環境科学センター】「ワカサギの人工ふ化放流見学と冬の魚たち」平成23年度第9回 霞ヶ浦自然観察会に参加 【霞ヶ浦:土浦港散策】

撮影:2012/2/4  2/6(土浦港)

P11704791
茨城県霞ヶ浦環境科学センターの庭先から、朝夕なら富士山が良く見えます

茨城県霞ヶ浦環境科学センターのイベント「ワカサギの人工ふ化放流見学と冬の魚たち」第9回 霞ヶ浦自然観察会に参加してきました。

ワカサギの人工採卵が今年は寒く遅れており人工ふ化放流見学は中止になりましたが、センターの研修室にて「霞ヶ浦のワカサギ」を通し魚の解剖を経験し、魚の身体の成り立ちを学びました。

毎日のように食卓に上る魚、霞ヶ浦・牛久沼、流れ込む川岸で釣りを楽しむと、私達に身近な魚、知らないことが多く、とても有意義であり、水槽で泳ぐ姿を見るという気持ちから、観察する気持ちに変わりました。

講義の内容をちょっと紹介します(映像は有りません)

●ワカサギとは

   キュウリウオ目(もく)・ワカサギ属   

       ワカサギの学名「Hypomesus nipponensis」
   
  

 江戸時代の初めに霞ヶ浦は海と切り離され淡水の湖、流れ込む川の栄養が湖にたまり、えさが増え、ワカサギも増えたと江戸時代の文書が残っている。

   霞ヶ浦のワカサギは明治時代に、国内の松川浦(福島県)、諏訪湖、琵琶湖、、に卵が持ち込まれ、本来ワカサギが住んでいない内陸の湖のワカサギはここ霞ヶ浦のものが元になっているのだそうです。

   産卵期は1月末から2月    このころワカサギは禁漁となる
流れの強い場所で卵は生まれ、湖底の砂・植物に流れて付着

   3から6週間で、ふ化、湖面に出てワムシ、ミジンコの幼生を食べ大きくなる、この時はまだ透明

   5月ころ鱗ができ身体は銀色、湖底近くも泳ぎ、ミジンコや小型の動物を食べ成長する、だだ夏は暑いのか成長は止まり、秋に水温が下がると再び成長する、、、そして産卵期、雄が産卵場に集まり、雌は後から集合、産卵後はほとんど死んでしまう、まれに雄が夏ころまで残ることがある、、。エサが少なく成長が遅れた場合、2年目に持ち越すことがあるんだそうです。

   漁業   網代(定置網)、大徳網(地引き網)
            明治時代:帆引き網
            昭和40年代:トロール網

    放射能(東電福島原発)の影響  規制値を下回っている
    安心して沢山食べよう、、、。


●魚の身体

   体の名前   口から進むことにします。

       口、鼻、目、えら、背びれ、尾びれ、側線、鱗(うろこ)、
       口ひげ、胸びれ、腹びれ、尻びれ

     背びれ:背びれの無いもの、から数個のものもいる。   
                 ひれの骨:一本の堅いとげの棘(きょく)
                               小さい骨がつながって一本の軟条
                               骨の無いもの、脂びれ
                               棘、軟条の両方を持つ
            タウナギ:ひれが無い
            メダカ、マサバ、マダラ(背びれ三個)、ギバチ(背びれに脂びれ)

     鱗:鱗の表面や後縁に棘のある、櫛鱗(しつりん)
          鱗がなめらか、円鱗
          鱗がないもの、アナゴ類、シラウオは尻びれのつけ根に並んでいる
          ウナギ、ドジョウは鱗は無いように見えるが
         皮膚の中に埋もれている

    側線:感覚器官、一本が多いが二本以上のある、
            無い物もある
            側線で種を判断するんだって?

     鰓蓋(さいがい・えらぶた):呼吸器官、
            鰓葉(さいよう):餌をこしとったり、
            呼吸・ガス交換などするんだって!

     腹びれ:普通は左右対称、ハゼは一個の吸盤になっている、
                この腹びれが身体の後ろにあるほど、原始的だって!

     尾びれ:泳ぐ推進力、遊泳力の魚ほどつけ根がくびれている、
                人間もくびれていた方がカッコいいよね!

●魚の解剖

解剖する前に講師の指導で:

    ①第一背びれの位置確認、第二は、、、。
    ②尾びれの長さと形
    ③肛門の位置確認
    ④腹びれの位置確認
    ⑤えらぶたの場所と始まり(上端)を確認
    ⑥目の位置と大きさ
    ⑦口の大きさ、向き、口の一番後ろの位置は
       目の前端より前かな?後ろかな?
    ⑧下くちびるの前端は上くちびるの前端より
        前にでているかどうか見てみる
    ⑨胸びれの位置と形や大きさを見てみよう
    ⑩側線はあるのか?

  上記の観察を実施して、犠牲になったボラのえらを切り取り、鰓葉、鰓弓、鰓弁を観察、ボラの鰓は4枚、、。

   次は、肛門にはさみのとがった方で切り穴を入れ、今度は丸みの方で内臓に傷を付けないようにしてはがし取る。

    犠牲のボラは生きが悪く、内臓の観察には問題があったけれど、心臓の心房・心室、肝臓など確認、さらに食堂、胃と見て、最後は腸の観察、同時にアジの内臓と比べると、アジの方がはるかに腸の長さは短い、肉食である。

●魚の身体検査

    全長:口先から尾びれを含めた長さ
    体長:全長から尾びれを除く
    頭胴長:口先から肛門まで
    胴長:えらから肛門の間
    頭長:口先からえらの端まで
    尾柄長:腹びれの端から尾びれのつけ根まで

   ※ 特に複数の背びれを広げて見ると植物の葉の様な感じで生物というものは不思議である、ワカサギはサケに系統が近い、、との事です。
霞ヶ浦のワカサギ、シラウオ、、何時までも何時までも生き延びるよう環境を保ちたいものです。

     P11704861
シラカシ    スタジイ 、シラカシ等も庭先に!

講座の終了後、土浦駅まで送っていただく、14:30とまだ日は高い、霞ヶ浦総合公園まで足を延ばしてみた、桜川の水郷橋まで駅から数分。

P11704881
水郷橋を渡る

水郷橋から桜川に沿って桜並木の堤防をのんびり歩く。

P11704901
スイスイ、みずすましさんが気持ちよさそうです

P11704921
アメリカセンダングサ   うっかり草むらに入ると大変

振向くと筑波山が美しい。

P11704951
筑波山  手前が宝篋山

水鳥が日向ぼっこ!

P11704981
カモたち

国民宿舎に近づくと、コブハクチョウがスイスイ、周囲に水鳥も沢山群れている。

P11705081
コブハクチョウ

水鳥が岸に集まっている、餌付けしたとみえカメラを向けても逃げません!

P11705121
カモメもやって来て賑やか

P11705151
マガモとオオバン    竹中橋近く

P11705171
霞ヶ浦総合公園の風車

霞ヶ浦総合公園の先に予科練平和記念館が有るが、まだまだ春は先、風車と蓮園を散策して同じ道を土浦駅へ。

2012/2/6  土浦港

P11705381
土浦港   季節外れなのか?人気が無いのか?観光気分は味わえない!

土浦駅からホテルCANKOHの前を通過すると直ぐに稲荷神社・水神宮・水天宮が並んでいる、何れも水に関する神様であろう、土浦市観光マップには水天宮しか記載されていないのがちょっと不思議です?

P11705281
稲荷神社・水神宮・水天宮が肩を並べている

水天宮の指定文化財の本殿・力石の説明坂が建っている。

高速船を見て、土浦港を遊ぶと、急に寒くなったのか、カンツバキが綺麗に咲かない内にしおれている、クッキリ開いているものは一輪でした。

P11705401
P11705411
カンツバキ

P11705441
立派なマテバシイ

P11705471
実を付けそうな大木のヤマモモ

P11705501
クスノキの短い並木

P11705371
対岸は霞ヶ浦総合公園に続く堤防道

今日は平日の為か、数人の釣り人、数人のランニングの人以外、プラプラしているのは私だけだ、午後から天候が悪い予報、クスノキの並木を通過、土浦駅は直ぐである。

HP:わたしの天気予報

2012年1月14日 (土)

筑波山周辺から富士山展望⑥大利根橋から江戸川学園往復、守谷市立高野小学校から河岸・TX陸橋・常磐自動車道周辺を散策

撮影:2012/1/13

P11607031
17:13 つくばエキスプレス陸橋の下から富士山を望む

JR常磐線・国道6号・大利根橋から鬼怒川・利根川の合流まで新大利根橋、つくばエクスプレス・常磐自動車道・利根川橋間には富士山が見え、東京スカイツリーも見えるポイントがある、さらに鬼怒川・利根川の合流点から芽吹大橋、下総利根大橋、境大橋、新利根川橋までも面白い。

今日はつくば市城山から国道6に出て、取手へ、国道6から大利根橋下の取手市営駐車場に車を停め 11:55 、利根パークGCを左に見て堤防を利根川上流へと進む。

P11606231
11:59 左:利根パークGC  荒れ球以外飛んでは来ない  富士山が見える所です

キャノンの手前( 太平洋から86㌔) で細い道に下って、再び堤防に出る。右に取手ふたば文化幼稚園が見え、江戸川学園取手高手前の取手汚水中継ポンプ場、停めた市営駐車場は冬季(11月~2月)は17時まで日の入時刻まで停められない、探してみたが、ここまで、無料駐車場は無い、従って江戸川学園取手高から戻り、車で新利根橋辺りに行くと決める。

P11606271
12:15 江戸川学園取手高

けれど目の前に広がる原野、見逃して帰るのは趣旨に合わないので取手汚水中継ポンプ場から利根川湖岸へと降りて河岸に出てみた。

P11606281
12:18 取手汚水中継ポンプ場

堤防斜面を下ると、ヤブ道、右に広大な土地が広がる、ゴルフ場が出来ても可笑しくない!この先にはアジア取手CCが有るけれど!

P11606301
12:30 この広大地も利根パークGC続きで堤防内です!

利根パークGCとの境に川が流れ、豪華な釣り場が設けられている、水量が少なく釣れる魚は?子供の水遊びには適さないほど川は汚れていました。

P11606321
13:34 立派な釣り場

どんどん先に入ると、ボートも置かれ、利根川河岸にたどり着く。

P11606371
12:40 利根川河岸の釣り場

時間的なのか平日だからか?釣り人の姿は無い、先ほど見た広大な土地と湖岸の間の道を歩く、ヤブ道です。ただ、新しい自転車が通った跡は明白ですが!

P11606421
ヤブ道が続く

15分ほどで、広大な土地の片隅に着く。

P11606451
12:55 広大な土地と江戸川学園取手高

P11606381
P11606471
ヤブに群生するノイバラ
うっかり近づくと強いトゲにやられます。

取手汚水中継ポンプ場 13:20 に戻って、のんびり大利根橋へ戻ります。

関東常総線と並走する国道294、戸頭駅の先で新大利根橋 R47 へ向かって、河岸に降りる道を探したが工事中で入れない、イオン取手店で左折し、美園交差点を左折して河岸を目指す。

P11606521
14:15 梅作公園

アネックス美園団地の梅作公園で堤防の手前に一台の車が停車、この後ろに停める、堤防を歩いて見た、真っ直ぐ行くと浅間神社の森に着く道。

P11606491
14:16 堤防からアネックス美園団地を振り向く

アネックス美園団地から堤防に入ると広大な原野が左に、右には農園(大規模の温室)が広がっている。

P11606511
14:25  梅作公園下に本村役場への道標
イオン取手店辺りに出るかも?

この堤防からは富士山が見えても木々が多く良く見えないかも知れない、梅作公園を回ってここは引き上げることにする。

今度は団地から出て、高野、河岸方向に入ると羽中川を渡り、今度はさきほどの浅間神社の反対側です、細い車道が土手(堤防でした)に向っており車を進めると、梅作公園からの堤防に合流する、一台の車がこの堤防を梅作公園方向に走って行く。

P11606531
14:47 雰囲気の良い林 

堤防から下って河岸へ向かう砂利道があり、直ぐに立派な橋を渡る、新大利根橋辺りの工事がここに続いており、守衛さんの話では内側の堤防道には行けそうにない、従って戻って、さっきの橋(浅間神社側)の砂利道を上流に向かう、最初は広く安心だが、直ぐに愛車の軽でもギリギリのヤブ道、十字路の先の空地に車を停め、利根川内側の堤防に登る、左は工事現場が見えて、堤防をトラックが走っている、右を見ると新しく作り替えた堤防が広がる、ここの堤防を歩き、つくばエクスプレス(Tx)の鉄橋を眺める、ここからは遠望過ぎる、車に戻る。

P11606541
15:05 新堤防とつくばエクスプレスの鉄橋

P11606561
15:10 新堤防の外側

利根川の広大さに改めて驚く、何時もなら静かな流れ、氾濫は激流になる所だ!

車を停めた十字路から、外の堤防を越え、高野小学校の手前に出る、次は国土交通省利根川上流河川事務所守谷出張所から堤防道に入って見る。

P11606571
15:33 この堤防で夕焼け小焼けを見る

堤防から利根川の内側に橋、その手前に車を停める。

P11606591
15:41 つくばエキスプレスの記述は無い!

P11606631
16:03 つくばエキスプレス陸橋を潜り守谷行き方面電車

常磐自動車道を潜り、大利根運動公園とMEIJI間の堤防を進む、富士山も東京スカイツリーも確認できない、富士山の方向は太陽の沈む左側、東京スカイツリーはそのさらに離れた左側であろう。

大利根運動公園に散歩の人が見えるが、お聞きするには遠すぎる。

P11606641
16:42 日の入開始、富士山が浮かぶ  太平洋から96㌔地点

一枚二枚、、と撮影していると赤い防寒具を着た女性、運動公園を歩いていた女人である「東京スカイツリー、、、」をお聞きすると、朝夕散歩で見ており、朝は真っ白な富士山、東京スカイツリーも見ているという、撮影のできるポイントを探してくれる「ほら!ここなら東京スカイツリーの展望台も見えます、、、」と、、教えて頂かないと探せないほど遠く小さい。

P11606671
16:45  ズーム最高の18X(LUMIX DMC-FZ28 三脚なし)
    ちょっとボケましたが!

シャッターを押す、見て頂く、東京スカイツリーの特徴はしっかり捕えてはいるが、ちょっとボケた!富士山と東京スカイツリーをワンシャターでは捕えられない。

P11606901
17:01 太陽が沈み、見事

この間、彼女の愛犬は堤防に腹ばいに横になって、ご主人が友の会話が終わるまで静かに待ってくれる、再開を楽しみにしてお別れする、急に真冬の寒さに、日出直前と日入直後は特に寒さを強く感じます。

P11606961
17:03  自然の美、利根川の大きさは見えないが、利根川のお蔭です!

東京スカイツリーはつくばエキスプレス陸橋辺りでは見えませんでしたが、富士山は常磐自動車道に邪魔されず眺めることが出来ます。

筑波山周辺から富士山展望⑤土浦港から歩崎公園経由茨城百景桃浦辺りを散策  富士山眺望:茨城県霞ヶ浦環境科学センター

わたしの天気予報

2012年1月12日 (木)

【霞ケ浦環境科学センター】「冬の里山の植物と霞ケ浦の平地林」平成23年度第10回 霞ヶ浦野外講座に参加

撮影:2012/1/11

前回のテーマは「筑波山麓の植物と湧水・渓流水」で、今日は第10回でテーマは「冬の里山の植物と霞ケ浦の平地林」、場所は高田神社(稲敷市高田)。

JR牛久駅、8:47発は10分程遅れ、この後の9:00発も遅れる、土浦には5,6分の遅れで到着でしたが、茨城県環境科学センターのバスはほぼ定刻(9:30)に土浦駅東口を出発、国道125を走り、途中の経由は定かではないが、姥神からR49・R25に入り、茨城ゴールデンゴールスで知られる江戸崎総合運動公園に立寄り、R103で小野川を渡ってR107に入り高田の高田神社で冬の里山の植物を観察した後、R107で神宮寺へ、神宮寺城を通し霞ヶ浦の平地林を学び、帰路は国道125で真っ直ぐ土浦駅へ、駅からの参加者はここで降り解散、参加者の半数以上は茨城県環境科学センターへ。

野外講座の場所は北は霞ヶ浦、南は利根川に囲まれ、稲波開拓地、JRA美浦トレーニングセンター、土浦・霞丘・霞台・アスレチック等のゴルフ場が有り、高速稲敷ICも近い。小野川が霞ヶ浦に流れ込む地点はオオヒシクイの飛来地で知られている。

この小野川を遡ると牛久市で国道6号と首都圏中央連絡自動車道の交差点を流れ、つくば中央ICの近くを流れ、牛久沼からの稲荷川とつくば市小野川で結ばれ洞峰公園辺りまで続いており、国道408は小野川にそって走っています。

【高田権現自然環境保全地域】

P11605601
高田権現自然環境保全地域の説明坂

P11605611
頑固な!高田神社の鳥居が迎える

R107は稲敷市役所から国道125に近く高田神社の前は交通量が多く、なかなか横断できない、高田神社はそんな道路に面し頑固で立派な鳥居が立っている。

P11605621
大木のツバキ

境内に入ると幅の広い参道が続くが、いきなり大木のツバキ、花は少ないが見事です。

P11605681
①タイアザミ(トネアザミ)
花期に見たいですね、花の根元を触ると鋭いトゲ!

P11605651
②ヤブコウジ(十両)
万両:ヤブタチバナ
千両:クササンゴ
百両:カラタチバナ
十両:ヤブコウジ
一両:アリドオシ

P11605801
③オオハナワラビ
食べるとワラビ以上にあくが強いそうです。

P11605821
④ハシゴシダ
根本の一本目の葉が長い、ベニシダは短い

P11605841
⑤キミノセンリョウ
実は一個だけ残っていました。

P11607911
2012/1/15  つくば市 高崎自然の森近く庭先で!キミノセンリョウ
P11607921
2012/1/15 つくば市 高崎自然の森近く庭先で!
キミノセンリョウと並んでセンリョウが見事でした。

P11605871
⑥ホテイチク
釣り竿として使われ、節が二本!滑らないし強いらしい!

P11605941
⑦カラタチバナ(百両)
年賀状にも使える縁起花!

P11605951
⑧マンリョウ
今日は一両:アリドオシは無かった!

P11607941
2012/1/15 つくば市 高崎自然の森近く庭先で!


P11605711
⑨キヅタ
常緑のためフユヅタと呼ばれる。

P11607111
2012/1/15 つくば市城山の近く
大木の杉に絡み、勢力は凄い

P11605721
⑩タブノキ
冬芽が赤みがある

P11605691

P11605751
⑪スイカズラかテイカカズラ 
上記2枚の何れか?不明

P11605811

P11606121
⑫イワガネソウかイワガネゼンマイ
上記2枚の何れか?不明
葉を裏返して見て、筋が交差(網目を作る)するのがイワガネソウで、イワガネゼンマイは交差しない!

P11606001
P11606011
⑬リョウメンシダではなくミドリヒメワラビ
裏側も緑

P11606141
⑭コクサギ

P11606081
説明を受けたが?  雑草かとして抜かれたら終わりだ!

P11607491
⑮コセンダングサ  2012/1/15 高崎自然の森近くの田んぼ

P11606411
⑯ノイバラ  2012/1/13  利根川 江戸川学園近く

P11607481
⑯ホトケノザ 2012/1/15 高崎自然の森近くの田んぼ

P11606131
⑰テリハヤブソテツですかね?

●メモ帳に記してきた他の植物

イワヒメワラビ、フモトシダ、トウゴクシダ、シログモ、ヤブジラシ、オニタビラコ、、

、とまだまだ沢山

P11606051
高田神社

P11606091
高田神社の狛犬

P11606101
高田神社の狛犬

案内の先生:1日1個覚えれば、、と助言され、、散歩道簡単には通れない!!!

高田神社をグルリ一回りし、神社境内で昼食後、バスに乗って神宮寺城へ移動

【神宮寺城】

神宮寺城入口に大型バスでも利用できる駐車場が有りますがトイレはありません、訪れる人は少ないのでしょう。

P11606181
神宮寺城跡

所在は稲敷市神宮寺、講師のご説明中冷たい強風が吹き、早々にバスに移動しての再開、城跡の見学は5,6分で切り上げになった。

P11606211
立派なスタジィに見惚れる

二本の巨木のスタジィはまるで双子、背たけも太さも枝振りもそっくり!

神宮寺城は、神仏混淆(しんぶつこんこう)の現れとしての神社に付属して置かれた寺院いで、神社は先ほど訪れた高田神社の事で、約2㌔離れている。

歴史的には南北朝時代、1338年(暦応元年)9月に北畠親房らが後醍醐天皇より義良(のろよし)親王への随行の命を受け東条浦へ着岸、東条氏の庇護を受け神宮寺城に入った。すぐに足利軍の攻撃を受け、阿波崎城(稲敷市)へ、さらに常盤国最大の南朝勢力である小田治久を頼り小田の地に移った、、、。

今回見た所、城址の周囲は遺跡は無く、土堀が残っており、奥は太い竹林に覆われていた、、、それにしても霞ヶ浦、利根川という大自然の中での出来事が長く言い伝えられて、城跡や神社の建立のお蔭にこうして私達が植物観察を楽しむ場を提供してくれるのは有りがたいし、この地の自然環境を守る上でも重要な史記である。

来年度も茨城県環境科学センターではこの観察会を続ける予定とか、意欲的に参加したいものです。

HP:わたしの天気予報

2012年1月 7日 (土)

【霞ケ浦環境科学センター】「冬の水辺の渡り鳥観察会」平成23年度第8回 霞ヶ浦自然観察会に参加

撮影:2012/1/7

茨城県霞ケ浦環境科学センターの行事 平成23年度第8回 霞ヶ浦自然観察会「冬の水辺の渡り鳥観察会」に今日参加してきました。

P11604521
私達を出迎える、コブハクチョウ

茨城県霞ケ浦環境科学センターの庭先に富士山撮影(2012/1/2)に出かけたり、孫達の家族が遊びに行ったり、また平成23年度 第9回霞ヶ浦野外講座には参加して大変お世話になっている、JR土浦駅東口10:20、既に環境科学センターからバスに乗られた人、駅から5人(私も含めて)を加え25人程、野鳥の観察会、水鳥の観察会、、、は生まれて初めて参加、水鳥と言えばハクチョウ、サギ、カモメ、カモ、、程度の知識ですが、係の方(中村さん)のご説明で一日皆さんに着いてゆけそう!さらに講師(川崎先生)のお話をお聞きし、素人の私でも大丈夫かなと安心、子供さんも参加:小学生の男の子とお父さん、幼稚園の男の兄弟二人とお母さんも参加です。

国道354とR118と霞ヶ浦に囲まれた土浦市田村の湖岸の手前にバスが停まる、湖岸で双眼鏡をお借りして、早速、皆で鳥探しです!

P11604541
カイツブリ、マガモ、コガモ、、、と区別して行く

P11604551
霞ヶ浦側

P11604561
ハス田側

双眼鏡を使って、長時間水鳥の観察は初めて、野鳥図鑑片手の小学生流石に発見が早い、お父さんは付き添いで来られたと言う、幼稚園の男の子達もお母さんい負けず探している。

自分で見つけた野鳥は、配られた観察記録用紙に記入してゆく。

観察記録用の用紙:鳥の名前、見つけた場所、およそに数を記入、見つけた場所は:湖面上空、湖面上の器物、水面、湖岸の植物帯、土手の上、岸側の上空、田の中、岸の植物、陸側の器物

自分の記録:コブハクチョウ、オオバン、コガモ、トビ、カワウ、ミサゴ、オオヨシタカ、ダイサギ、ムクドリ、アオサギ、ハシビロガモ、バンの12種

講師の発表(上記以外)では:カイツブリ、コサギ、マガモ、チュウヒ、カモメ、ユリカモメ、スズメ

講師以外の発表(上記以外)では:カワセミ、オカヨシカモ、ヒヨドリ、ホウジロ、モズ、キジバト、カワウヒワ、ハシボツカラス

午前中は現地で観察、茨城県霞ケ浦環境科学センターに戻り、昼食後、講師の野鳥のお話、以下その内容メモです。※自分のブログでは他人の撮影写真を掲載しませんので、以下の鳥の写真は有りません,観察に集中すると写真を映す余裕はありませんでした

①カイツブリ:冬と夏では羽色が違う、夏羽は綺麗です、まったく別の鳥に見えます

P11605561
2012/1/10 カイツブリ 12:59 牛久沼へ稲荷川流れ込む 勿論冬羽
オオバンの群れの中をスイスイ、良く潜りました!

②カワウ:親は白髪あり、子供はお腹が白、親は黒くなる

③カンムリカイツブリ:カイツブリにそっくり、頭にカンムリを付けている、目は赤くなる(夏になって?)

④ユリカモメ:足が赤い、首の上が黒    カモメは足が赤くない?

以下春の鳥

⑤イソシギ:湖岸に住む    ※〇〇シギ

⑥キアシシギ:足が黄色

⑦コチドリ:砂地に巣をつくる、目がアイリング

⑧セイタカシギ:足長、6月にやってくる

⑨チュウシャクシギ:特徴はくちばし、カニを好んで食べる

⑩ムナグロ:夏羽は胸が黒くなる  夏羽でないと全く別に見える

⑪オオヨシキリ:五月の連休頃にやってくる、口の中が真っ赤

⑫カイツブリ:①、水の上に巣をつくる、浮巣

⑬カルガモ:茨城県霞ケ浦環境科学センターの近くで撮影した12羽の写真を見せて頂く、大人になるのは1,2羽とのこと、猛禽類(もうきんるい【:鋭い爪と嘴を持ち、他の動物を捕食(または腐肉食)する習性のある鳥類の総称。獲物を捕まえるための鋭い爪、掴む力が強い趾(あしゆび)、鉤型に曲がったくちばしを持つことが共通の特徴である】)の餌食に!

⑭コアジサシ:ハトと同じ大きさのカモメ、魚類を捕まえる

⑮サシバ:カエルなどを食べる、夏場にやってくる

⑯バン:私達の直ぐ目の前に現れる、お尻に白い羽

⑰オオバン:頭が白

P11605011
2012/1/9 オオバン 11:06  牛久沼へ稲荷川流れ込む
大勢陸に上がって、草むらで餌をあさる!

P11605231
2012/1/9 オオバン 13:04 牛久沼へ稲荷川流れ込む

⑱コサギ:足の指が黄色

⑲ダイサギ:口が黄色、今日沢山見れました

P11604771
2012/1/8 ダイサギ 右:アオサギ  13:32 牛久沼へ稲荷川流れ込む

⑳アオサギ:体は灰色、こちらの今日沢山見つけました

㉑ゴイサギ:木の上に巣作り、サギは集団

㉒ヨシゴイ:ヨシの中で首を長くするのが面白いらしい

以下冬の鳥

㉒オオタカ:タカ

㉓チュウヒ:Ⅴ字型に飛ぶ

㉔チュウゲンボ:ハトの大きさ、可愛い顔

㉕トビ:翼に白の模様

以下小鳥

㉖アオジ:お腹が黄色

㉗スズメ:黒の反転  スズメに似た小鳥が多い

㉘オオジュリン:ヨシ茎の虫を食べる、スズメによく似ている

㉙カシラダカ:頭が黒、スズメにそっくり

㉚カワセミ:くちばしの上下が同じ色はオス、メスは下が黄色

P11604971
2012/1/9 カワセミ 10:09 牛久沼へ稲荷川流れ込む
オスの様です、今日は別の場所で二羽見付けました。

㉛タシギ:じめじめ感の所に多く見かける、

隣の席に座った幼稚園の四歳の男子、説明に出てくる鳥の写真を配布の資料からサット探して教えてくれる、、霞ヶ浦の自然を愛さないと綺麗な湖にならない。彼らに期待したいですネ

と言う具合にご説明頂きました、近くの牛久沼湖畔、牛久沼に流れ込む「稲荷川・谷田川・西谷田川」、高崎自然の森を良く散歩しますが、野鳥に目を向けて歩きたいものです。

野鳥の観察には早朝が一番、お腹を空かし餌を求める時刻とのことです、、、。

今日の観察会の現場近くには霞ヶ浦、北浦、涸沼、牛久沼、利根川、小貝川、鬼怒川、手賀沼、印旛沼さらに筑波山も有り、野鳥観察の環境が整っており、一枚でも多く野鳥の写真をここに掲載したいものです!

P11604751
2012/1/8 カルガモ   13:22  牛久沼へ稲荷川流れ込む

P11604761
2012/1/8 ホオジロ 13:27 牛久沼へ稲荷川流れ込む
配布資料に掲載されている、間違いないだろう。 

P11605481 
2012/1/10 ホオジロ 12:07 牛久沼へ稲荷川流れ込む

P11604801
2012/1/9 ハクセキレイ 9:03 つくば市城山の畑

P11604841
2012/1/9 シジュウカラ 9:06 つくば市城山  保育園の桜の木

わたしの天気予報

2012年1月 3日 (火)

筑波山周辺から富士山展望⑤土浦港から歩崎公園経由茨城百景桃浦辺りを散策 富士山眺望:茨城県霞ヶ浦環境科学センター ※あそう温泉 白帆の湯

撮影:2012/01/02

2012年1月1日は筑波山周辺は雲で美しい初日の出は見れなかった、今日2日は日ノ出のでる頃から晴れを期待し、霞ヶ浦北側の富士山展望ポイントを探しに出かけました、結論からして、午前中は近くの筑波山も薄い墨絵、富士山方向は厚い雲が続き、霞ヶ浦&筑波山周辺は午後から快晴、富士山方向の雲が切れたのは大きな太陽が沈む直前、素晴らしい光景になりました、、、。以下その記録です。

P11603491
16:58 茨城県環境科学センターの庭先から
眼下にハス田、中央に霞ヶ浦、大河には牛久大仏、神秘的な富士山

富士山の姿を探して今日はつくば市城山から国道6土浦へ、土浦バイパスを走り虫掛の道標でR199へ降り右折し、真っ直ぐ国道125に出合うまで走る、国道125を左折し、三差路市民会館入口を右折し、市民会館・土浦協同病院を見てJR常磐線を越え、交差点湖北一丁目を左折、交差点手野坂下で右折してR118に入る、茨城県霞ヶ浦環境科学センターへの案内を見て位置を確認し、R118に戻り、川尻でハス田に入り、川尻川―霞ヶ浦(国土交通省)4:10の道標を見る、川尻川の橋は狭く、真っ暗だったので愛車も慎重に渡る。

P11601761
4:12  今度は霞ヶ浦―川尻川と入れ替わる
川尻の手前で土浦市⇒ かすみがうら市に入っている



P11601771
4:15  以降この案内が続く

崎浜、八田・牛渡と走り、暗い中に鳥居4:29が有って、この先で有河で橋を渡る。

P11601801
4:30 有河ふれあいばし  昼間は展望の良い所です

有河の先で工事の為、R118に移り、歩崎公園に着く4:40 水族館の前で6:15頃まで少し仮眠し、ぱらぱらと小雨、厚い雲で富士山も筑波山の見えず、、、7時頃から郷土資料館周辺を散策することにする。

P11601921
7:40 三層のお城、郷土資料館

この時間に自由に入れるの歩崎森林公園のみ、ローラーすべり台から城が見えます、お城は郷土資料館で霞ヶ浦から良く見え、目印である、お城の4階に立つと筑波山、富士山が霞ヶ浦とともに見渡せ素晴らしい眺望だそうです、晴れた日に訪れたい所です。
※開館:9:00-16:30 (夕焼け小焼けの富士山は見れない)、一般:210円

P11601951
7:44  椿が満開

森林公園には50㍍ローラーすべり台から木製のアスレチックが多く、家族連れにはとても面白い所です。

森林公園は歩崎公園に含まれ、歩崎公園は水郷筑波国定公園であり、有数の景勝地で茨城百景です、お城の郷土資料館、展望台、水族館、あゆみの庵、湖岸園地と散策ができ、駐車場は充分用意されており、無料です。

P11601981
7:52 社会福祉法人聖明会 あゆみ の近くから

森林公園を一周すると、かすみがうら市農村環境改善センターの裏に出ました、屋上の展望台は立入禁止でした、この屋上展望は抜群のようですが!

再び歩崎水族館へ、湖岸園地を散策する。

P11602031
8:24 帆引き船発祥の地

園地の近くに帆引き船見学船乗船場が有るが、公園からの堤防道は地震で崩れ通行不可、歩道が設けられている、歩道には水神宮が祀られている。

P11602021
8:23 歩崎水族館

※水族館は今日2日から開館、9:00-17:00 一般:310円 (小中 150円)

この後R118から湖岸線に入り霞ヶ浦大橋を渡り 9:30~15:00間行方市の湖岸を散策する。

P11602041
9:30 浜辺りの湖岸から  霞ヶ浦大橋&ふれあいランド

P11602081
9:44 筑波山がようやく見えてくる

霞ヶ浦大橋を渡って、行方市に入り、霞ヶ浦ふれあいランドを大きく迂回し、浜辺りで湖岸に入ります、薄い墨絵ですが筑波山が見えてきます、

P11602111
9:53 茨城百景桃浦の碑

茨城百景桃浦の碑が立ち、水辺サイクルネットワークの案内も置かれている。

P11602101
9:53 水辺サイクルネットワークの案内坂

一旦国道355に出て、霞ヶ浦大橋方向へ走ると、左の高台に霞ヶ浦ガーデンが見えるので、展望を期待し、左折し坂道を登って見る、民家があり、ガーデンの手前に空地があり車を停めてみた。

P11602141
10:07 霞ヶ浦ガーデンから
筑波山が素敵な感じで見える、勿論晴れていれば富士山もバッチリのポイントです

ふれあいランドに車を停め、霞ヶ浦大橋に向かって左の高須埼に行くと今夜のおかず「ワカサギ」釣りの家族連れに出合う、一時間経過して一匹!

P11602221
10:39 高須  ワカサギ釣りの家族

空に微かに青空が見えだす、、、

P11602261
10:56 ふれあいランドの湖岸から  墨絵の筑波山連山

散歩中に人に聞くと、手賀小学校の校庭からの眺めはバツグンとのこと、ふれあいランドから国道354に入り鉾田方向へ、直ぐの十字路右折しR183に入り、しばらく走ると手賀小学校入口、ここから小学校に登る、毎日この坂を登る生徒は体力的にも精神的にも強くなり、晴れた日は富士山、筑波山が見られ幸せだ!

P11602351
13:19 手賀小学校から筑波山、、富士山の展望も抜群のスポット
P11602311
校舎の横に稲荷神社が祭られていた

手賀小学校の校庭入口に広場があり、ベンチがあって、富士山&筑波山の撮影にやって来る人の為であろう、今日は富士山は見えないが、晴れていたら最高のスポットです。

P11602281
手作りの方位版

校庭内には手作りの方位版:富士山180㌔、筑波山33㌔等示されている。

校舎の横に石段があり登って見ると椿が咲き、綺麗に清掃された稲荷神社がひっそり建っていました、ここは樹林に囲まれ展望はありません。

手賀小学校から霞ヶ浦に戻る途中で「横須賀自然環境保全地域」の説明坂と境稲荷神社の碑が立つ、境稲荷神社への石段があり登って見る。

P11602371
13:28  境稲荷神社

急な石段を登り詰める、展望は石段の中間辺り、登り切ると神社が祭られている、庭先で細い参道があり、入って見ると、小高い方向に登っている、そこまで行くと小さな祠が祭られていました。

続いて、以前山百合の里を訪ね立寄った西蓮寺を訪問する。

P11602491
13:59 西蓮寺仁王門

P11602541
14:02  西蓮寺相輪橙

西蓮寺の庭には大イチョウ 1号・2号が立っている、社務所の庭先には椿が咲き誇る。

西蓮寺周辺は小高い丘で広い畑が広がるが展望の良いスポットは無いようです!

西蓮寺を訪れた頃から、周辺の空は青空に、霞ヶ浦湖岸に戻りしばらく散策、、。

P11602601
14:22  再び茨城百景桃浦

湖岸で出会った人に聞くと、方向としては筑波山方向とは90度以上左方向に富士山は見えるそうです、また太陽が筑波山の右に沈む頃が素敵だそうです!勿論双耳の筑波山の真上に日が沈むのはとても神秘的とのことです、スポットが解ったのでその頃来て見たいものです。

P11602611
14:27 再び茨城百景桃浦

霞ヶ浦大橋かすみがうら市側の湖岸に車を停め、大橋の中央まで徒歩で展望を楽しむ、まだ富士山方向は見えません。

P11602751
15:02 霞ヶ浦大橋中央から筑波山を遠望

この後、歩崎のお城に寄って、展望ポイントを確認する。関東方向は黒い雲が出ており、この時点では富士山が姿を現す確率は低い!

P11602771
15:14  歩崎のお城   最上段から富士山&筑波山が見える

そろそろ、夕日と富士山を楽しむ時間が、、今日は茨城県環境科学センターの庭先と決め、 目的地に向かう。

茨城県環境科学センター:今日から開館、展示室は10:00-16:30 駐車場は18:00迄らしい
数台の車が停まっており、展望デッキ、石棺、森の広場、いきもののにわ、四阿、上池、下池を回る、富士山の展望スポットは展望デッキと四阿と下池の間だろう。

建物に中、展示場に守衛さんの姿が見える、ドアを押すと開き、入場、誰もいない静けさ、霞ヶ浦の生き物など展示されているが今日は目的が違うので素通り、、。

守衛さんに富士山の良く見えるのは何処ですかと尋ねると、外を指さし「ほら、カメラマンがやって来ましたね、、、」と教えてくれる、そして最近携帯で富士山をとらえた自慢の写真を見せてくれる、意外と大きくビックリ、素晴らしい写真に感動、早朝は白い姿で携帯では無理とのことですが美しいだろう。

P11602781
16:09  この方向に富士山が姿を見せる

三脚を立てたカメラマン、お二人、お話の様子だと近所の方たちであり、見えそうなときは必ず来るらしい「どの方向に見えるのですか?」「あの四角い建物、、、」と教えてくれる、16:27 カメラマンが見えてきましたねと教えてくれる。

P11602801
16:27  薄らと富士山が見えだす???

教えてもらった方向にカメラを構えシャッターを押す、薄く富士山の姿が映し出される、冷たい風が襲う!カメラン達は無言でシャターを押し続ける、心地よいシャターの音だけ!

P11602841
16:32 おー!富士山の姿ですぞ!

太陽は山頂の左に落ちかかったが、右側に沈む、何処かの地点ではダイヤモンド富士だろう!朝から今まで見えなかった富士をこのような神秘的な姿で見れ、満足です。

P11602861_2
16:33 水鳥が家路に!

「おー鳥、、、」と私達は声を発する、同じ方向にカメラを向けての撮影、目に入るものは同じだ、彼らは簡単に方向を変えられないが、自分は自由、水鳥をゲット!だが、水鳥の名前までは解らない。

P11602891
16:35  富士山の左に目を向ける、土浦市、高い鉄塔が見える

高い鉄塔をさらに左に目を向けると、巨大な牛久大仏が夜空に浮かび上がっている。

P11603071
16:41  ようやく雲が山頂から離れだす、、、

太陽が沈み、どんどん雲が太陽に吸い込まれ、山頂から逃げ出す雲、富士山が立派に見えてくる、夕焼け小焼けと言うように、太陽が沈む前・後で神秘的な光景を自然は用意してくれる。

P11603291
16:48 ハス田が輝きだす

何時の間にかカメラマンは私を残し消えている、足元を見ると、ハス田が輝いている、日本一のハス田である。

P11603421
16:53   快晴の夜空、、、星はまだ!

車の戻る、展望デッキに立寄る、こちらは木々の間からと、少しヤブからとなるが、こちらも良い雰囲気です。

P11603471
16:58  冷たい風が吹き付ける、、

まだまだ、自然は美を見せ続けるが、茨城県環境科学センターの敷地内であり、引き上げる。

国道118に出る、何度か道端に停まって富士山を眺める、まもなく筑波山が見えてくる、国道354(土浦バイパス)を横切る辺りの富士山の素晴らしい、国道6(土浦バイパス)に乗ると再び進行方向に富士山が見えてくるが長くは続かない。

※2012/1/14霞ヶ浦大橋からあそう温泉「白帆の湯」

あそう温泉「白帆の湯」の湯船から富士山、筑波山が楽しめるとのこと、家内と国道354+355をドライブ、日の入時刻は16:40頃、15:00頃白帆の湯に着く、聞くと露天風呂から撮影してもOKとの事、休憩室で日の入を迎えたが結局富士山の姿は見れず、露天風呂にカメラを持ち込むチャンスはお預けです!

P11607071
白帆の湯  二階休憩室より   牛久大仏

P11607081
白帆の湯 二階休憩室より 富士山方向

湯船で地元のおじさんに尋ねると、近くの羽黒山公園からの展望がお勧めとのこと、ダイヤモンド富士は1月26日頃、この日になると大勢のカメラマンが集まって来るとのこと、手賀小学校は1月14日頃にダイヤモンド富士が期待!

風呂好きの家内がほめる通り、遠方から来る価値充分の白帆の湯、真冬の寒さに!のんびりと湯につかり、霞ヶ浦を眺め、良い湯です!

帰路は国道355で白帆の湯から霞ヶ浦大橋、富士山は見えなくとも雄大な筑波山、霞ヶ浦の夕焼け小焼けは最高の光景、、です。

20.12/1/4 孫達を連れ、茨城県環境科学センター

展示室には、子供達には驚きの仕掛けがあり、興味深々、特に映像に自分の姿を映し、出現する動物を捕えるゲームは数人で楽しめて面白い、ここから離れませんでしたネ

大勢の家族連れの人達が集っていました、、、、。

P11603781
2012/1/4 15:42  茨城県環境科学センターの四阿から 牛久大仏

茨城県環境科学センターからの光景も見下ろすハス田、霞ヶ浦は一級品の展望です。

P11603801
2012/1/4 15:47 茨城県環境科学センターの四阿から 富士山方向

筑波山周辺から富士山展望④つくば市立茎崎第三小からカッパの碑・牛久城址経由でJR牛久駅を散策

わたしの天気予報

2011年12月30日 (金)

筑波山周辺から富士山展望④つくば市立茎崎第三小からカッパの碑・牛久城址経由でJR牛久駅を散策

撮影:2011/12/29

P11600331
森の里のつくば市立茎崎第三小へ下る道辺り 
夕日に輝く富士山の頭が良く見えます!

P11600671
新地町  ○○○家の私道から  ネットの右に美しい富士山が見えると
ご主人が自慢の笑顔だ!

P11601281
牛久城址   竹林の向こうに、富士山が朝・夕方見えるそうです

つくば市城山9:15をスタート、田んぼを横切って稲荷川を渡って、つくば市ホールくきざきへ、楠瀬病院・コンビニの交差点から つくば市立茎崎第三小への道を下ります、この辺りで富士山が晴れた夕日に輝く富士山の姿が見えるポイントがある。

下り切って関東鉄道バスターミナルまで進み、つくば市立茎崎第三小、校舎の裏側の高台に登れば富士山が見えるかも、しかし、ここから登る道は無い、六斗側から入れるかも?

茎崎児童センターと森の里の民家の間の細い散歩道に入ると田んぼ道になり、田んぼの右奥くの農道に向かう。

P11600351
9:50 左森の里民家

田んぼ道を歩き、右の農道に移る、農家のおじさんの小形トラックに出合う。

P11600381
9:56  この道を直進すると谷田川河岸に出る

良く日が当り、ポカポカ、十字路、左は森の里、右は六斗、直進し谷田川河岸に出る。

※牛久沼に流れ込む川:稲荷川、谷田川、西谷田川
茨城県では霞ヶ浦、涸沼に次ぐ湖、流れ込む川が小貝川の堆積作用により堰き止められ牛久沼が生まれた、釣り、憩いの場、散歩コースと親しまれている、周辺で富士山が見らる。   

P11600441
10:05 谷田川、対岸にキャノン工場が見える

キャノン工場の向こうには西谷田川が流れ、筑波CC・取手国際GCのある つくばみらい市です。

P11600471
10:18  静かな谷田川河岸  お孫さんと散歩中のおじいさんと数えるほどの水鳥

森の里、静かです、河岸には釣り人の姿が見えないし、水鳥も何時ものように多くは無い。

P11600491
10:22  高崎橋  釣り人、今何が釣れるのか?
釣りの好きな人に聞くとこの時期はワカサギが釣れるとのこと。

まもなく、高崎橋、牛久市・つくばみらい市・取手市を結ぶ道路、森の里バス停・吉乃屋を左折し、直ぐに右折し、民家の裏の道に入る。

P11600521
10:27 吉乃屋前の舟着場  この先が牛久沼

10:35 天神下の渡し場「この辺り砂地で子供達の遊泳場であったそうです、、、舟は若い男女の楽しい交歓の場、、、」と説明坂 10:35 。

P11600611
釣り人の跡   10:44

この先で、道路は左折、河岸に続く道に入って見ましたが、田んぼは・釣り人の跡が最後で先に進む道は有りません。

P11600641
10:55 馬頭観音?を見付ける

道路に引返し、坂道を登り、ゴルフ練習場(ヒルストンゴルフプラザ)の網が見えたので道を探して近づいて見ました「平地林・里山林の保全標識」(つくば市)が立ち、荒れた道に入るとゴルフの網元に馬頭観音?の碑、何方がお参りしている跡がある、足元にはゴルフボールが沢山落ちている!

再び農道から車道に出て、牛久沼へ。塚本造園の看板ある辺りで、民家の私道で富士山の良く見えるポイントを発見、たまたま、ご主人にお会いする、富士山の見える方向を教えて頂き風景を確認する、自慢の広い敷地、富士山展望も素晴らしいだろう、無断で入ることは控えたいものです。

P11600711
11:26 右林の奥に祠が祭られていた

道路をひたすら進む、Y字路の手前の森の中に小さな祠、この奥は開けているが、林で富士山を見るには適さない。

KDDIの鉄塔を見てY字路を右に、林の中を進み、右折で谷田川に向かうので入って見るが、庭木の剪定中の人に聞くと私有地で奥に入れないという、道路に戻ると、直ぐ先の杉林の床が綺麗に刈られており入って見ました。

P11600751
11:36 私有地入口に並んでいる杉林

奥まで入るが、雑木林に先を阻まれ谷田川方面の展望は良くない。

P11600761
11:43 東林寺入口

続いて右に入る道、入って見ることにする、直ぐにJPT牛久新地局の鉄塔を見て「恵林寺?」、「東林寺ならこの道を行くと、、、」と教えてくれる、雑木林に入ると小さな祠が祭られている。

P11600781_2
11:49 小さな祠が大きなモミの木に囲まれ祀られている

P11600791
11:50 振り向くと大きな森が祠を包んでいる

広く明るい畑が広がって、左は東林寺正門に下っている、右は東林寺裏に向かう道、ここは右を選択する、畑の中央を進むと右に墓地(この奥も林で展望は無い)、竹林に入ると東林寺の墓地の上に出る、再び広い畑が明るく広がる、その奥に竹林があり、牛久沼が広がる展望(ヤブが刈られた小さい広場)、富士山は充分見える所だ。

P11600881
12:08竹林の展望地を振り向く

牛久沼に向かって下る道があるが、民家の敷地を横切るので、大声を出さず、民家の人に出合ったらお礼をするマナーは必須ですネ!

牛久沼湖畔へ、

P11600911
12:17 牛久沼

牛久沼湖岸に沿って、稲荷川を渡り、牛久アヤメ園を経て、カッパの碑へ向かうと牛久沼から離れ、T字路で左折。

P11600951
12:35 散策路  以後頻繁に現れる

カッパさんの散策路指示はカッパの碑とは反対を示すが、ここは従うことにする。左折して直ぐに、このヤブ道を登れば得月院とカッパが指示、急坂を数分かからず墓地に着く。

P11600991
12:39  得月院五輪塔

P11601001
12:40 樹齢500年のカヤ

得月院境内の五輪塔、カヤなど珍しい!

問を出て、左へ、牛久城表門跡、さて城は?カッパの指示に従って、牛久に向かって左の坂を下る、先ほど登ったヤブ道案内に戻ることになる、今度はT字路を直進し、カッパの碑へ向かって登ると稲荷神社。

ここは指示に従って進むと、カッパの碑に到着。

P11601081
12:54 カッパの碑

P11601091
12:55 小川芋銭記念館

小川芋銭記念館の庭先に狭いけど一か所富士山の姿を写せるポイントが有る。続いて抱僕舎等見て牛久城跡の道標を探しながら進む、

P11601161
13:13  大事なコースの分かれ目で、こんな足元に道標が置かれている!

P11601171
13:16  牛久城跡、今度は枯木の大木に置かれている
手作りの案内はどこか遠慮がちに置かれている、

P11601181
13:16  牛久城址

ようやく牛久城址にたどり着く、 城跡は広場の右奥に散策路が続いている、入って見ることにする。

P11601201
13:20 イヌイワガネソウ
P11601231
イワガネソウ?

イヌイワガネソウ、イワガネソウと手作りの名札が立てられていす、調べてみるとイワガネゼンマイとイワガネソウが比較されています、シダの仲間だそうで、葉の裏を見れば良く解るような事が説明されていますが、、、。

「平地林・里山林の保全標識」(牛久市)が立ち、散策路を進んで行くと、細い道に引き込まれ、竹林に囲まれた広場に連れ込まれる。

P11601271
13:27  竹林に囲まれた広場

P11601311
牛久沼が広がって、富士山方向が開いている

竹林の中から富士山の姿が期待できる、今日は数日晴れが続き見えない!

牛久沼方向に下ると、道路に出て、神社が祭られている、牛久城の関連だろうかは解らない。地図で調べると根古屋不動尊。

P11601411
13:45 牛久城の、、神社?   根古屋不動尊

この道を右に行くと牛久沼湖畔で国道6号に出てしまうので左折、民家の間を通過すると牛久城址を巻くように道路は登っている、登り始めると右に下る散歩道が現れ、入って見る。

P11601441
13:50  足もとにツバキの花が散っている
P11601451
沢山咲いている

左は椿林、綺麗な川に沿いに出る、川の向こうには国道6、JR常磐線が走る。

P11601501
13:54 JR常磐線車窓からは見えない川

電車通勤では見えない川、牛久駅・藤代駅間は台風水害時にはJR常磐線が一早く徐行する危険個所で、牛久沼・谷田川・小貝川が線路を不安定にしている。平常時はビンビン電車は走るのだが。

車が一台充分走れる道で、左に分岐、ここにも「平地林・里山林の保全標識」(牛久市)が立ち整備されている、左に入って見たが沼地であり、またの機会に歩くことにし、引返し、JR牛久駅を目指すことにする。

※2012/1/5 この左の道に孫達と入って見ました:三人の孫とそのお母さんを連れ、この三差路を通過、一番下のちびさんがすいすい入って行くので、皆で入って見ました。車の後が続き、田んぼに出ます、田んぼを横切ると道が有りそう、あぜ道を使って田んぼを横切ると左の方から道が下っているT字路、右折すれば、再び河岸に出るかと期待してみました、周囲の森が冷たい風を防ぎ、ポカポカ陽気のヤブ道になり、冒険心の強い一年生の孫が先頭を行く、一面ヤブの原に出て彼と抜け道を探したが無理、引返す、T字路まで戻って、今度は反対方向へ、右の林の木々に青・黄色等のリボンが結ばれている、、この目的は不明(これらの木を切って散策路が開かれれば楽しみだ)、ゆるやかに登ると民家、前方に車が入っており得月院辺りに出そうです、民家の先に右に入る道を探検したが、良い感じで川の方に下るのだが、下り切った所でヤブに阻まれる。
T字路まで戻って、河岸に戻り、後は以下の通りの道です。

P11603991
2012/1/5 孫達と歩いたヤブ道方向を河岸から  12:19
子供達はJR常磐線のスーパーひたち、フレッシュひたちが大好き、車両の色もカラフル
写真を写すなら河岸でも牛久駅よりがベスト、国道6の先の高台を走るので面白い!

釣り人が使った腰掛が置かれているが、現在は使われていないようです、牛久中心から流れ出す沢の水量がどんどん減っているからだろう。

P11601561
14:03  JR常磐線の反対側から流れ込む 意外と綺麗な水

この川は意外と水が綺麗で、小魚が沢山泳いでおり、水遊びが出来そうですが、大きな牛久みどり野団地方向が源の様です。※孫と見たときは一匹も泳いでいませんでした?

P11601591
14:05  こちら側は入れません

国道6号から入ってくる道(旧国道6)に出て、パルシステム茨城うしくセンターの横を通過し、牛久小学校入口14:10、続いて明治天皇牛久行在所を通り、 シュクラメンやパンジーを並べる、おおの生花店を過ぎるとニッポンレンタカーの有るY字路交差点で国道6に出る 14:24 十字路交差点牛久駅西口入口でエスカード牛久・JR牛久駅に到着。

自宅のつくば市城山へは国道6の田宮町交差点まで、左折しR143に入らずR46を進み、R143に有るスパーマスダ方向に入り、R143に合流する、ここで左の土道に入ると交通量が少なくのんびり歩いて、天宝喜へと向かうことが出来る、一部交通量の多い道に出合うが直ぐに農道に入る道があるので、農道を行くと天宝喜(R46からR143を結ぶ道路が建設中)です、つくば市城山はここまで来れば直ぐです。

歩行距離:21.0㌔ 35,037歩

筑波山周辺から富士山展望③

わたしの天気予報

2011年12月26日 (月)

筑波山周辺から富士山展望③つくば市役所から千葉・茨城県境:関宿城を周遊

撮影:2011/12/26

P11509691
千葉県:関宿城博物館から富士山

つくば市役所を11:50、正門を出て筑波山方向へ、松並木!その向こうに筑波山、今日はいきなり素晴らしい風景を見て感激!

P11508791
市役所からR24に出る途中で!この松並木人気が高まりそうです。

交通量の多い道路に出て、左折、この道路標識に境、R24であり、道なりに走れば千葉・茨城県境の境大橋に到着する。

小貝川を渡り、十字路石下高校東で国道294を横切ると常総市地域交流センター豊田城が見えてくる、筑波山と豊田城の一枚を期待し立ち寄って見る。

※十字路石下高校東で右折し国道294に入り、豊田城入口から入った方が便利でした。

P11508811
真っ青な空に、美しい豊田城

P11508821
筑波山&豊田城   ちっと無理が有りますが、一枚です!

続いて鬼怒川、ちょっと堤防の道に入って見ます。

P11508831
鬼怒川:石下大橋の上流から豊田城

狭い道ですが、愛車は楽々、石下大橋の上流(さらに上流に石下橋も有る)で、豊田城を撮影、R24に出るのに苦労しました、この後は川沿いの桜並木、紅葉橋手前のT字路で左折し境へ、直ぐにT字路でR20に移ります、T字路沓掛南で右折し、再びR24に戻ります。この先は変則T字路で国道354に出合うまで道なりに走ることになる。染谷信号機を過ぎると道の駅さかえ1.5㌔の道標。

T字路下小橋で国道354は分離、道の駅さかえ方向は左折を促している、直ぐに境大橋に入る指示が出て、R17に交差、この交差点でR17を横切った所が道の駅さかえの駐車場です、静かな第二駐車場に車を停める。

P11508851
常夜燈、駐車場から境大橋に登る  13:05

境大橋を渡らず、橋の下を潜り、堤防に上がり境河岸方向に歩き出す、草が伸び放題だが車の走った跡がありなんとか歩けます。


P11508911
海から120.5㌔  13:12

河岸から登って来る道が堤防の上を走るようになって舗装になる、太平洋から120.5㌔地点、右に筑波山、左に関宿城が望め、富士山も大きく見えてくる。

P11508901
富士山が良く見える 13:12

富士山はまだ、関宿城とは一枚の写真には納まらない。

P11508921
筑波山 13:12

富士山を眺め振り向くと筑波山も良く見えます。

P11508941
関宿城 13:15

対岸は千葉県、関宿城博物館が見えている、「ぶらり散歩コース」が紹介され、関宿城博物館周辺―光岳寺―水塚―首塚―境大橋―道の駅さかい―境河岸を巡っている。

北関宿 水位流量測量所を通過すると、富士山が関宿城に接近してくる。

P11508951
水位流量測量所  13:17

そして、関東の富士見100選の碑が建っている所が一番接近している。

P11508971
関東の富士見100選 13:19

関東の富士見100選の碑を見て、さらに上流へ向かうと「境の渡し」の碑が建っている、利根・渡良瀬サイクリングコースの案内坂:古河総合公園―東北本線―利根橋―東北新幹線―新利根川橋―境大橋―下総利根大橋―芽吹橋のコースが案内されている、サイクリングを楽しむ人数人に出合う。

そして堤防に、今はお休みの「さかい丸」

P11509051
さいかい丸 13:24

境河岸乗船場、高瀬舟  欠航中と案内されている、この辺り国道354と堤防は接近する。

P11509061
境河岸乗船場 13:24

さらに進と「皇太子殿下ご成婚記念 境の水辺の整備」、「境河岸の復元」、「川の一里塚 茨城百景記念公園」の立派な説明坂が建てられている。

P11509091
記念公園、ここには立派な常夜灯 13:28

記念公園から河岸に降り、境大橋へ戻ることにする。

P11509111
対岸の関宿城に最接近   13:44

P11509121
河岸からの富士山 13:46

P11509151
河岸の道を探して散策 13:55

P11509231
聞くとフナが釣れるとか 14:08

P11509261
境河岸乗船場まで続く河岸公園 14:16

P11509311
高瀬舟さかい丸ご案内  乗舟したい!14:25

P11509361
関東の富士見100選の碑から 14:34

河岸を歩いて見たが、関東の富士見100選の碑からの風景が一番である。

P11509391
長い長い境大橋、歩道橋が付いている  前方に富士山 14:54

利根川、冷たい風が強烈に吹き付ける。

P11509421
境大橋千葉県側から筑波山を望む 15:03

冷たさで手が動かない、道路は渡れず、境大橋を潜り、関宿城側の堤防を歩く、海から121.0㌔地点で関宿城博物館、記念樹の桜が沢山植林「贈孫希愛誕生 平成19年9月27日相羽勝幸 文子」と記述、この後夕方に眺める夕焼けの富士山と関宿城の写真はこの記念樹辺りからが一番良さそうです、希愛さん、今年14歳、ここから家族で富士山展望を楽しんでいると嬉しいな!

P11509501
ここから富士山&関宿城の夕焼けを撮影したい 15:20
日の入りは1時間後16:20頃だろう

この後、夕焼け小焼けが始まるまで、関宿城から中ノ島公園を散歩する、但し事前調べが足らず、コブシの木、利根川治水の碑等見落としました!

P11509531
筑波山にこだわって、関宿城と筑波山 15:27

関宿城と筑波山の一枚、、なかなかワンシャッターには納まらない!

P11509551
中ノ島公園に渡る橋の上から  強風の寒波  15:33

P11509561 
ちょっと離れているが、、、15:35

中ノ島公園から筑波山と関宿城が、、良い感じでした。

P11509571
橋から中ノ島公園、これってコブシの木? 15:37

16:00を回った、説明文は書けません、手がかじかんで動きません。

P11509631 
関宿城が神秘!16:02

P11509651 
「贈孫希愛誕生 平成19年9月27日相羽勝幸 文子」から16:11

P11509711
16:21

P11509741
16:23

P11509791
16:26

P11509981
寒い!!!ポケットに両手を突っ込んだが動かない! 16:47

関宿城を16:47後にするが、関宿城の周辺でのカメラマンは私一人だったようです。

境大橋を潜り、歩道橋の橋に行くのは大変、車の橋を潜り、歩道橋との間の草むら斜面を登るから、楽に渡るなら、遠回りになる、、、。

P11600041
境大橋から 大型トラックを避ける 16:55

境大橋を歩道橋で渡る、大型トラックが次ぐ次ぐと走り、富士山を隠す、よやく一枚!二枚目は大型トラックの前面に富士山が見えて良い感じだがちょっとボケテしまった、自転車の少年が数台通り過ぎる。

この頃、関宿城はライトアップ、、、急いで境河岸へ、、。10人ほどのカメラマンが静かに撮影中だ!後から来た私は、関東の富士見100選の碑の数十㍍手前の堤防の芝生に横たわりそっと邪魔にならないように撮影、、。

P11600161
17:11 関東の富士見100選の碑から

17:00過ぎ関宿城のライトアップは消える、同時にカメラマンの姿は一瞬に消えている、急に体も冷え、指先は麻痺状態!

とぼとぼ、いや!ニコニコ!しながら草の堤防道を道の駅さかいへ、境大橋を潜る時は足元は真っ暗である。

P11600211
17:11 最後の一枚

エンジンをかける指とシャッターを押す指は同じ、なかなかキーが回らない!!
帰路は、R24+R20+R24、、途中で谷田部へ曲がって、国道354に入り、つくば市城山へ戻ります。

今日の歩行距離:11.3㌔ 18,958歩

筑波山周辺から富士山展望①利根川沿い

筑波山周辺から富士山展望②JR佐貫駅から小貝川、利根川を巡ってJR取手駅

わたしの天気予報

2011年12月25日 (日)

筑波山周辺から富士山展望②JR佐貫駅から小貝川、利根川を巡ってJR取手駅

撮影:2011/12/24

昨日はドライブで利根川沿いを巡った、今日(24日)こそは富士山の写真を写そうと、自宅のつくば市から車で、牛久で国道6に出て、牛久沼を右に見て、藤代バイパスに入らず手前で、左折し、佐貫駅西口交差点を直進し、谷田川を渡って、小貝川の文巻橋の手前の道((二本有るが二本手前)を左折、道なりに走るとJR常磐線踏切、踏切を渡ってすぐ右が牛久沼排水機場の大きな駐車場です。

電車ですと(取手駅からの帰りはこのコース)

JR常磐線佐貫駅東口から取手方向に向かう、JR常磐線と関東竜ケ崎線の間の駐輪場から駐車場の中を進む、関東竜ケ崎線は早々左に曲がって行ってしまう!進む道路はJR常磐線(線路に沿って行く道は無い)から左に離れるがそのまま車道を真っ直ぐ進むと、五差路佐貫駅入口に出合い、ここは直進で横切って、50㍍ほど先の交差点を右折、後は道なりに進むと、谷田川と小貝川の合流地点に飛び出る、右にはJR常磐線の踏切、往還橋で谷田川を渡って、お花畑とJR常磐線の踏切を見送ると国土交通省利根川下流工事 牛久沼排水機場の大きな駐車場に着きます。

P11507821
普通電車が取手・藤代方面からやってきた

駐車場からJR常磐線踏切からお花畑を見て、往還橋を渡り、谷田川の堤防に入ります、牛久沼排水機場の規模の大きさに驚く。

P11507841
小貝川と谷田川の合流点辺りから往還橋を望む 12:16

JR常磐線は普通・特急、上下合わせ頻繁に走る、電車の好きな男の子なら飽きない所です、まもなく小貝川と谷田川が合流。

P11507851
牛久沼排水機場 12:25

牛久沼排水機場からどんどん離れ、利根川へと向かう。

しらさぎの里説明坂:コイサギ、アマサギ(夏)、コサギ、チュウサギ、ダイサギ(夏)、アサギが示されているが、コースを通し数匹見かけただけでした。

P11507871
赤いパイプ橋 12:37

赤いパイプライン、利根川まで5.0㌔地点です、振向くと筑波山は小貝川の右からだいぶ離れて見えます、この筑波山は小貝川の大きな曲がりによってこの後見える位置がどんどん変わる。

P11507901
高須橋が見えてきます 12:47 

右に決壊口の跡の碑が置かれ、1986年(昭和56年)8月24日と記録されている、この辺りが曲がりの頂点だろう。

P11507931
決壊口の跡の碑 12:59

この辺りから小貝川は大きく右に曲がるので、だんだん筑波山が小貝川を渡って、左側に見えるように位置を変えます、筑波山方向が牛久・つくば市方面です。

数台の駐車場が有って、高須橋です、小貝川の反対に渡って藤代へ向かうのも面白いです、この辺りから富士山が良く見える所だが、真冬の西高東低の快晴でも見えません、強気寒気が入り込んでいる為か?

P11507971
高須橋と筑波山 13:12

筑波山は高須橋を渡って、小貝川の対岸方向に見えるようになる、小貝川がこの曲がりで決壊したのでしょう。取手方向を眺めると取手ガス(丸タンクが二個)が見え、進行方向にケムリを上げる煙突も見える、取手はまだまだ先です。

P11507991
長沖:新利根川  13:18

堤防に左に川が見える、どこから流れ、どこに流れだすのか良く解らない!調べてみると、小貝川から流れだし、新利根川となって霞ヶ浦へ流れている。

P11508051
豊田樋管 13:32

豊田樋管を見る、直ぐ先に国土交通省 豊田堰管理所があり、手前に水神宮が祀られている。

P11508061
水神宮 13:34

P11508071
国土交通省 豊田堰管理所 13:38

ここまで来ると利根川まで1.0㌔です。

P11508091
豊田堰 13:44

豊田堰の下流ではJR常磐線藤代駅・取手駅間から流れる川が合流する。

P11508101
戸田井橋 13:52

戸田井橋、まだ利根川と小貝川が合流していません、サイクリングの人にお聞きすると、取手方面に行く方法はこの橋を渡るしか無いとのこと、合流点は見ずに取手へと橋を渡ることになる。

R11は幹線道路らしく交通量が多い。昨日もそうでしたが利根川が近いのか冷たい風が吹き付ける。

※戸田井橋バス停10:14発が一本だけ記されている、何処行?

P11508111
藤代と取手の分岐 13:56

戸田井橋を渡ると、藤代と取手の分岐で、左折し取手方向に曲がる、小貝川沿いの道に入ります、この道はサイクリングと遊歩道、車は走れそうですが一台も入ってはきません。

P11508141
利根川はこの奥です 14:01

小貝川が利根川に流れ出す合流点はこの道からは見れない。

P11508151
小貝川岸に入れる道  通り抜けはできません、戸田井橋が見える 14:05

右に県立取手松陽高校、道沿いに観客?その先で小貝川の川岸に入れるが、このまま川岸には歩道は無い。

小貝川と利根川の合流点は戸田井橋を渡らず、上曽根運動公園方向に行かないとダメでした。

P11508171
振り返り豊田堰&戸田井橋を見る 14:09

地図のように、歩道と利根川間には分離帯(雑木林)が有って展望は県南クリーンセンターの所まで期待できません。

時々利根川の川岸に出れるようにカヤが刈り取られている場所は有るけど、一か所だけ入って見ましたが、展望は期待しない方が良い、右に広がる雑木林は変化があって面白い。

海まで79㌔地点の標識、取手に行くに従って増加する値です。

P11508201
時々見れる利根川  14:12

P11508211
大木も有る 14:15

P11508221
長い長い歩道  14:16

14:18 土の道が右にある、東京芸大取手キャンパスへの道だろうか?
その後、舗装の道があり、東京芸大取手キャンパス方向へ、続いて、「小文間小PTAマムシ注意」坂のある入口、舗装の道で地図で見ると丸山稲荷神社・市立小文間小学校に向かっている、きっと子供達が遊びにくる道だろうか?

P11508251
東京芸大取手キャンパス  林に囲まれ近寄れない 14:23

興味を示す何か無いかと探しながら、、、途中に沼が現れる小さなもので見逃すところ。

高須橋辺りからずっと見えて気になっていた、ケムリを上げる煙突は利根川対岸の我孫子市終末処理センターの物と散歩中のご夫婦にお聞きし確認する、このように目立ってケムリを出す煙突は他に見えず佐貫方向からハッキリ見えます。

P11508281
我孫子市終末処理センターの煙突  14:35

右に細い竹の林が続き、今度は土の道で綺麗に掃除されている、東谷寺に通じるようです、きっと寺の方が清掃しているのだろう。

P11508301
利根川側に立派な木  14:43

戸田井橋から散歩のご夫婦がここで引返す、この先で取手緑地を歩く道から離れ展望の良い堤防コースを選択、大きな施設の県南クリーンセンター、相野谷川排水機場、茨城県企業局利根川浄水場が続く。

P11508341
県南クリーンセンター 14:54

日の入りは16:20頃、まだまだ時間はある。取手緑地で時間をつぶしながら歩くが寒く堤防に腰を降ろすが長くは続かない。

若いご夫婦に聞くと、東京スカイツリーは鉛筆の様に見え、富士山はJR天王台駅のNEC工場の方向に見えるそうです「今日はダメのよう、、、」、ただ見えたとしても同時に一枚の写真に収めるのは無理な位置に見えるらしい。

P11508391
広い駐車場があり、展望台  15:09

P11508411
広い取手緑地は運動公園になっている 15:20

大勢の人達が散歩、ランニング、サイクリング、、、そして野球、サッカー、、。そして意外と多い駐車場スペース。

P11508431
家族で凧揚げ    15:38

P11508451
JR常磐線 利根川に新しい鉄橋生まれる 15:50

そして水郷大橋辺りから走っているR11はJR取手駅辺りで終わっている。

P11508471
新しい鉄橋に替わる予定、夕日を浴びる 15:54

P11508521
夕日が、利根川を照らす  16:16

P11508571
結局、富士山の姿は無い  16:24

P11508601
太陽は沈む  16:29

今日は富士山の姿は見れませんでしたが、富士山の見えるポイントはほぼ確認、夕日を見た大利根橋から上流に位置する江戸川学園からのダイヤモンド富士は11月25日頃である、リベンジしましょう。

愛宕神社に立寄って、JR取手駅西口へ、佐貫駅まで電車で戻って、牛久沼排水機場の駐車場へ、真っ暗、寒いクリスマスイブ!

歩いた距離は:16㌔ 27,385歩

わたしの天気予報

2011年12月23日 (金)

筑波山周辺から富士山展望①利根川沿い

撮影:2011/12/23天皇誕生日

昨日22日は冬至、今日は大きな寒波で関東地方は快晴と言う、千葉・東京・横浜・甲府・静岡とも降水確率0%の予報、つくば市 3:00にスタート、牛久から国道408に入り、T字路松山で右折(左折は稲敷ICへ)、霞ヶ浦に流れ込む小野川を渡り、十字路角崎を左折しR5に入るとすぐ、潮来バイパスの道標があり左折する、このバイパスは未完?市役所新利根庁舎・新利根総合運動公園を見て道標が出るまで走る、右折潮来の道標、これでR5に再び入り、T字路幸田で国道125に入ります。

しばらくして新利根川沿いに走るようになって、新利根川を渡りますが、橋の手前で左に入れば霞ヶ浦沿いに稲敷大橋を渡って国道51へ。

セブンイレブンによって、十字路北田で国道51に合流し左折、見えませんが横利根川が県境に流れています。次の十字路で左折は稲敷大橋・浮島経由で江戸埼・土浦方面です。

この先で国道51は常陸利根川を北利根橋で渡ります、渡って直ぐに国道355の立体交差点永山に入るので、中央をしっかり走ることのなる、国道51は大きく右曲がりになり公民館入口、ここを右折する、権現山公園の道標(小さい)が現れ、右の坂道を指している、登り切ると権現山公園の駐車場に着く、展望台側とトイレ側にスペースがあり、便利です。

4時半、真っ暗だが外に出る、月が顏をみせておらず、満天の星空、、展望を期待し仮眠。。

P11507301
6:00 北浦方向に三日月が昇る

5:30目覚ましで目を覚まし公園を散策し、太陽の昇方向、富士山の方向、筑波山の方向を調べるが解らない、そんなとき、マラソンの男性に出合い富士山の見える方向をお聞きする「あっち。。」と指さし、走り去る。

P11507391
詩人月村は「右は富士、左は筑波、ここは花。。。」と詩を詠んでいる、、。

富士山の方向は判明、でも「左は筑波」とある??

P11507321
水郷:アヤメ園方向

日ノ出は6:45頃、犬と散歩中のご夫婦に富士山の良く見えるポイントを教えてもらう、「今日は無理かな?。。」と言いながら、水郷大橋方向に並ぶ送電線鉄塔の方向を指す、また「太陽が昇れば、、見えるかも?」と公園の自慢を!

P11507401
6:38 富士山はこの方向に見える、戻った6:55頃には肉眼で富士山が小さく見えました。

日ノ出には時間がまだある、北斎公園へと下ってみる。

P11507411
遊歩道の案内

案内に従って下る、R5に出ると、東屋が見え、常陸利根川の川岸に降ると広々、このままアヤメ園に行けそうです。

P11507421
常陸利根川が太平洋へと流れている

東屋に戻って、民家の間を行くが、7時になろうとしているが、人の気配は有りません。

P11507441
マンホール、富士山が掘られている

マンホールから牛堀の自慢は遠望の富士山、大きく見える筑波山の姿はここには無い、しばらくすると「夕日がきれいな、常陸利根川コース」が紹介され、景色観賞ポイント・バードウォッチングポイントが示されている。

権現山公園に戻ると、鳥居を潜り、三熊野神社、境内に入り、左の階段を登ると、権現山公園に戻れる。

P11507501
6:58 筑波山が見事です

6:45の日ノ出の時間は過ぎたが、太陽と太平洋間の雲が影響で10分ほど遅れて真っ赤な太陽が桜の間から昇る。

「今日は富士山は無理だね、、、」と声を掛けられる、この男性は毎日のように権現山に登って景色を楽しんでいるとのこと、お話を聞くと、北斎公園に下った所で理容店を経営しおり、息子さんに引き継ぎ、自分はママチャリンで霞ヶ浦を一周(東日本大震災の影響で道が荒れているとのこと)などして遊んでいるらしい。

早速彼に聞いてみた「右は富士、左は筑波、、、」と説明坂に有るけど?
彼曰く「詩人月村は北浦・太平洋方向を向いて詠んだ。。」とのことで疑問は解けた!

初日の出についても聞くと、近くに銚子:犬吠埼があり、ここ権現山に来る人は少ないとのこと、また水郷の先に日の出と言う地名があるらしい。さらにお勧めは「潮来大橋から日の出を眺めると常陸利根川に架かるJR鹿島線陸橋が有って素晴らしい眺めになるという、また北利根橋の上からも良いよ!、、、初日の出に潮来も面白いですね。

P11507511
霞ヶ浦、右奥に筑波山

次は、上の写真:左から突き出す岬に建つ、割亭旅館銚子屋へ行って見た。

P11507541
霞ヶ浦&筑波山

割亭旅館銚子屋と霞ヶ浦間の堤防から眺める、筑波山、加波山が確認できます。

P11507591
中央のポールの右奥に富士山が見えるのですが!解りますか?

冬型気圧配置でも、箱根や丹沢連峰に雪雲が流れ込めばクッキリと富士山を捕えられないが、しっかり見えることを確認、ただ、広角レンズでも富士山は左、筑波山は右の証拠写真は無理だろう。

P11507631
筑波山をズームアップ

潮来から見える筑波山は見事な双耳、、

帰路は利根川に沿って茨城県側を走るR11、国道51に戻って、国道125を見送り、十字路水郷大橋北を右折(水郷大橋の手前)、最初の橋は神崎大橋、右折すれば十字路幸田経由で帰宅できる。

次の橋は常総大橋ですが、手前でR11から離れ利根川堤防に沿って走り、十字路常総大橋を過ぎた所の空地に車を停める。

P11507651
富士山は見えないが逆雲を撮影

常総大橋の上流は大きく曲がるので、利根川に沿って見える所です。

次は国道408が利根川を渡る、長豊橋、この橋の上流の利根川が曲がる所が富士山の撮影ポイント。

P11507661
牛乳さんのお帰り  9:30  散歩の帰り?
P11507681
牛舎にゆっくり入って行く!

牛さんが道を横断、通過してから停車して撮影、堤防に登って見ると、牧場?目の有った牛さんが驚いて逃げるので、こちらが先に失礼した、富士山どころの話ではない。

次は、キャデイーさんがバングを運んで横断、堤防に登って、ニッソGCを見る。

P11507691
大木のユーカリ   雲が切れない!!!

ユーカリは防虫作用もあるので、近くの利根川から流れ込む沼からの蚊の発生するを防いでいるのかな?富士山を眺めるには都合の良いゴルフ場だが、プレイ中の人が大勢見えますが、空には遠望を諦めさせる雲が広がる。

続いて有料の若草大橋、竜ヶ崎と栄町を結ぶ、牛久・つくばに帰るには近い。

P11507751
ほぼ中央に千葉県・茨城県境の標識、筑波山を望む

若草大橋有料道路の中央まで歩く、晴れていれば富士山が利根川の上に見えるかも知れない、日の入りを見に来るには、牛久沼・佐貫・竜ヶ崎から近い、リベンジしてみよう!

とたんに、冷たい風が襲う、そんなところに竜ケ崎方向から若者がマラソンで千葉県に向けて走り去る、橋の長さは1.5㌔ほど。

P11507781
利根浄化センター前   今日は富士山展望は無理?

利根浄化センター前で堤防に上がって見る、犬を連れた人が、上流に向かってのんびり散策中、リックサックを背負っており、どこからとこへ歩かれているのだろうか?

次の栄橋を渡れば手賀沼へ、ここはR11を走り、利根町役場を右に見送り、右に運動公園を見る、上曽根運動公園です、この辺りから大きく筑波山が見えてくる。

上曽根運動公園に戻って見る、富士山を眺めるには栄橋方向にへ行かないと無理、ここは小貝川が利根川に流れ込む所、合流点の岬には林が残って、県立取手松陽高校、東京芸大取手キャンパス、丸山稲荷神社等があり、利根川の堤防を進めば運動公園を経てJR常磐線の陸橋、取手駅は近い。

JR成田線で安食駅まで乗って、若草大橋有料道路を渡って、利根川堤防を歩いて、取手駅までは面白いコースだ!もしかして利根浄化センター前で見かけた男性はこのコースを歩かれていたのかも知れない

戸田井橋、R11はこの橋を渡ります、橋の上からも筑波山は良く見えますが、撮影なら上曽根運動公園辺りの方が雄大です。

戸田井橋を渡ってすぐの空地に車を停めて風景を!強風が襲ってきます。

P11507801
戸田井橋から豊田堰方面を望む

戸田井橋から小貝川上流はこちらをご覧ください!

P11507811
戸田井橋から筑波山

戸田井橋を渡って直ぐ右折し藤代へ、藤代駅南口の通り、小島工芸の踏切を渡り、十字路片町で国道6を横切って、国道6号バイパスを潜って、小貝橋で小貝川を渡って市立久賀小学校手前の十字路を左折すると、川原に運動場(野球場)が見える、ここからの富士山はとても印象的です。

ここまで来て、県立藤代紫水高校の十字路で右折しR210を走れば、細見橋で牛久沼に流れ込む西谷田川を渡ると谷田川、稲荷川が流れる、つくば市茎崎地区です。

筑波山周辺から富士山展望②JR佐貫駅から小貝川、利根川を巡ってJR取手駅

わたしの天気予報

その他のカテゴリー

最近の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ